修士課程

Master薬科学専攻/修士課程

担当教員との深いディスカッションを通した研究活動

薬学研究科・薬科学専攻では、2年間で講義と研究を並行して進めていきます。講義はごく少人数で行われ、担当教員との深いディスカッションを通して知識を身につけるとともに、研究活動を行います。修士課程では、所定の単位を修得した上で、修士論文の審査を受け、最終試験に合格すれば、修士(薬科学)の学位が授与されます。薬科学専攻では、他大学の学部卒業者、社会人など幅広く人材を受け入れており、6年制薬学部卒業生の進学も歓迎します。

3つの方針

アドミッションポリシー

入学者受入れの方針

本学の理念「薬を通して人類に貢献」に基づき、大学院薬学研究科薬科学専攻修士課程は、薬科学の高度な専門知識と技術を身に付け、それらを自ら運用することによって問題を解決し、科学の発展に国際的なレベルで貢献できる人材の養成を教育目標としている。薬学のみならず広く科学を学んだ学生、社会人並びに留学生を主な対象とし、国内外から幅広く人材を募集する。

  1. 薬科学分野において真理探究の情熱と忍耐力を有する者
  2. 知的好奇心に富み、幅広いの知識の習得に積極的に取り組む姿勢を有する者
  3. 国際的な視野に立って自ら学び続ける熱意を有する者
  4. 高い倫理観を有する者
  5. 研究能力を高めるために自己研磨鑽を継続する意志を有する者
  6. 社会に貢献しようとする意志を持つ者

カリキュラムポリシー

教育課程編成・実施の方針

学生が、薬科学領域の研究遂行に必要な基礎知識・理解力・問題解決能力・情報発信力を身に付け、自立的に研究立案し遂行できる薬学研究者になれるように、以下の教育課程を編成する。

  1. 基盤薬科学及び創薬科学領域の基礎知識を修得させる。
  2. 先端薬科学研究及び医療の進歩に対応できる能力を培わせる。
  3. 国内外の研究者との交流の機会を設け、国際的な視野に立つ薬科学者を養成する。
  4. 情報発信能力を修得させる。
  5. 豊かな人間性と倫理観を醸成させる。

ディプロマポリシー

学位授与の方針

所定の単位を修得し、学位論文審査に合格することが条件で、以下を満たしていること。

  1. 薬科学領域の研究遂行に必要な基礎知識・理解力・問題解決能力・情報発信能力を修得し、独自の考察が展開できる資質を有すること。
  2. 国際的な視点から創薬を含める薬科学の諸問題に対応できる資質を有していること。
  3. 豊かな人間性と高い倫理観を修得していること。

大学院薬学研究科薬学専攻修士 
分野と担当研究室

分野 担当研究室
基盤薬科学 物理化学 薬品物理化学
反応有機化学 薬化学
感染免疫学 微生物学
分子薬理学 薬理学
薬品作用学 応用薬物治療部門
環境毒性学 衛生化学
分子細胞生物学 生化学
創薬科学 分析化学 薬品分析化学
薬用植物資源学 薬用植物資源
天然物化学 天然物化学
医薬分子設計学 医薬分子化学
医薬品合成化学 薬品化学
薬物動態学 薬物動態学
創剤学 薬剤学
薬効解析学 薬物治療学
医薬品安全性学 実践薬学部門
社会薬学 社会薬学

薬科学専攻(修士課程) 修了後の進路

  • 製薬企業の研究職
  • 化学・食品企業等の研究職
  • 博士課程への進学

より高度で専門的な研究者を育成

2015年春、定員を上回る6名が本学の大学院博士課程へ進学しました。その顔ぶれも、6年制の学部卒業生に加え、現役の病院薬剤師や病院薬剤師として働いたキャリアをもち、学び直す人など、バラエティに富んでいます。

博士課程の学生は、自分の研究や論文発表の傍ら、ティーチング・アシスタントとしても活躍しています。研究室に所属する4〜6年生の卒業研究をサポートし、学部教育の充実にも寄与しているのです。なかには、日本学術振興会が全国の優れた若手研究員を助成する「特別研究員」に選ばれた優秀な人材もいます。

2016年3月、4年制博士課程の最初の修了者を送り出しました。学術研究や企業の研究職など、より高度で専門的な薬学研究の領域に進むことができるよう最終仕上げを行い、これからの医療の発展に貢献できる人材に育つことを願っています。