3つの方針

薬科学専攻修士課程

アドミッションポリシー

入学者受入れの方針

本学の理念「薬を通して人類に貢献」に基づき、大学院薬学研究科薬科学専攻修士課程は、薬科学の高度な専門知識と技術を身に付け、それらを自ら運用することによって問題を解決し、科学の発展に国際的なレベルで貢献できる人材の養成を教育目標としている。薬学のみならず広く科学を学んだ学生、社会人並びに留学生を主な対象とし、国内外から幅広く人材を募集する。

  1. 薬科学分野において真理探究の情熱と忍耐力を有する者
  2. 知的好奇心に富み、幅広いの知識の習得に積極的に取り組む姿勢を有する者
  3. 国際的な視野に立って自ら学び続ける熱意を有する者
  4. 高い倫理観を有する者
  5. 研究能力を高めるために自己研磨鑽を継続する意志を有する者
  6. 社会に貢献しようとする意志を持つ者

カリキュラムポリシー

教育課程編成・実施の方針

学生が、薬科学領域の研究遂行に必要な基礎知識・理解力・問題解決能力・情報発信力を身に付け、自立的に研究立案し遂行できる薬学研究者になれるように、以下の教育課程を編成する。

  1. 基盤薬科学及び創薬科学領域の基礎知識を修得させる。
  2. 先端薬科学研究及び医療の進歩に対応できる能力を培わせる。
  3. 国内外の研究者との交流の機会を設け、国際的な視野に立つ薬科学者を養成する。
  4. 情報発信能力を修得させる。
  5. 豊かな人間性と倫理観を醸成させる。

ディプロマポリシー

学位授与の方針

所定の単位を修得し、学位論文審査に合格することが条件で、以下を満たしていること。

  1. 薬科学領域の研究遂行に必要な基礎知識・理解力・問題解決能力・情報発信能力を修得し、独自の考察が展開できる資質を有すること。
  2. 国際的な視点から創薬を含める薬科学の諸問題に対応できる資質を有していること。
  3. 豊かな人間性と高い倫理観を修得していること。

薬学専攻博士課程

アドミッションポリシー

入学者受入れの方針

本学の理念「薬を通して人類に貢献」に基づき、大学院薬学研究科薬学専攻博士課程は、高度な総合的薬学専門知識を身に付け、先端薬学の基礎及び応用研究を通して、自らが意欲的かつ創造性豊かに研究を遂行し、国際的なレベルで医療薬学の発展に寄与できる人材の育成を教育目標としている。薬学のみならず広く科学を学んだ学生、社会人並びに留学生を主な対象とし、国内外から幅広く以下の人材を募集する。

  1. 基礎薬学並びに臨床薬学領域において真理探究への情熱と忍耐力を有する者
  2. 知的好奇心に富み、幅広い知識の習得に積極的に取り組む柔軟な姿勢を有する者
  3. 国際的な視野に立ち、自ら学び、研究能力を高める熱意を有する者
  4. 高い倫理観を有し、研究能力を高めるための自己研鑽を継続する意志を有する者
  5. 社会に貢献しようとする意志を持つ者

カリキュラムポリシー

教育課程編成・実施の方針

学生が、医療薬学を専門とした分野で高度な知識と技能を修得し、国際的に活躍できる独立した研究者として研究を立案・遂行し、次世代を育て、指導できるようになるために、以下の教育課程を編成する。

  1. 基礎及び臨床にわたる薬学を体系的に学習させ、先端医療薬学及び医療の進歩に対応できる能力を培わせる。
  2. 国内外の研究者との交流の機会を設け、国際的な視野に立つ薬学研究者を養成する。
  3. 研究成果を国際社会に発信する能力を修得させる。
  4. 豊かな人間性と倫理観を修得させる。
  5. 基礎薬科学、医療・応用薬学及び臨床医学のカリキュラムを統合的に学修させ、薬学研究者に必要な先端の薬学専門知識を修得させる。

ディプロマポリシー

学位授与の方針

所定の単位を修得し、学位論文審査に合格することが条件で、以下を満たしていること。

  1. 薬学を専門とする分野で高度な専門知識と技能を修得し、国際的に活躍できる独立した研究者として研究を立案・遂行し、次世代の研究者を指導できる能力を有している。
  2. 科学と医療の諸問題に国際的な視点から対応できる能力を有していること。
  3. 研究成果を国際社会に発信する能力を修得している。
  4. 豊かな人間性と高い論理観を修得している。
  5. 学位論文の基となる研究について、第一著者として審査制度のある英文原著論文が公表又は受理されている。