ヒト免疫系と微生物との接点を科学する

はじめに

病原微生物による感染症は、いまも世界における代表的な死因の一つです。私たちの身体は常に微生物侵入の脅威に晒されていますが、身体の中にはリンパ球やサイトカインなどが織りなす精巧な免疫システムが存在し、侵入しようとする病原微生物を排除する役割を担っています。しかし病原微生物も私たちの免疫システムをくぐり抜ける様々な手段を進化させているため、免疫システムが突破されて発症することは少なくありません。さらには免疫システムの力だけでは治癒に至らないこともあります。そこでワクチンや抗ウイルス薬・抗菌薬が人類にとって大きな武器になっているわけですが、これらはすべての感染症をカバーできているわけではありません。また、病原微生物側の耐性獲得や、新興感染症の問題もあり、病原微生物との攻防は常に油断ならない状況が続いています。

 

病原微生物との果てなき攻防の一方で、私たちの身体は腸管や皮膚などにおいて微生物との共生関係を築いており、それらは私たちの生存にとって非常に重要な意味を持っています。排除か、共生か。微生物と私たちとの間における複雑な関係性を、免疫システムはどのようにコントロールしているのでしょうか。

 

当研究室ではこのような微生物と免疫システムとのかかわりについて分子レベルで探求し、感染制御・免疫制御を可能にする新たな創薬シーズの発見を目指しています。

ページトップへ

ページトップへ