実践薬学部門

研究室のサイトへ

求められる薬剤師になるために

ご挨拶

近年医療の高度化・多様化によって薬剤師は今、患者さんに対する適正かつ安全な薬物治療の支援など医療チームの一員として活動することが社会から求められています。当部門では、患者さんの価値観に配慮した「患者中心の医療」を実現できる薬剤師、医療の質を高めるために「エビデンスに基づいた医療 EBM (Evidence-Based-Medicine)」を実践できる薬剤師、そして全人的医療を行うために「チーム医療」の一員として認められる薬剤師になるためには、なにが必要でどうしたらよいかを、学生が自ら考え解決できることを目標に教育・研究を実践していきます。今後、薬剤師の職域は益々多岐に渡っていくことになるでしょう。学生さんが目指す薬剤師像を一緒に見つけていきましょう。

研究概要

臨床現場において、自ら臨床研究を立案し、実践できる人材が求められています。当部門では、臨床現場の様々な問題(クリニカルクエスチョン:CQ)に対して臨床研究を実践し、その成果が患者さんや社会に還元できることを目標にしています。また、臨床研究に関する教育プログラムの開発や人材養成を目的とした臨床研究フェローシップ構築を目指しています。

教員紹介

廣原 正宜 教授 / 学位:博士(薬学)

  • 研究分野: 
  • 担当科目:6年次 在宅医療と薬局
    5年次 薬物治療特論Ⅱ
    4年次 実務実習事前学習
    3年次 薬学と社会
    3年次 医療薬学概論

 

詳細を見る

渡部 一宏 教授 / 学位:博士(薬学)

  • 研究分野:医療薬学(院内製剤の市販化に関する研究) 臨床疫学(特に、がん領域の疫学研究) 薬学教育評価
  • 担当科目:臨床試験の評価(6年次)
    専門薬剤師を目指して(6年次)
    医薬開発特論Ⅰ(5年次)
    医薬品情報学(4年次)
    実務実習事前学習(4年次)
    ヒューマニズムA2(4年次)
    医薬品の安全性(3年次)
    臨床薬学Ⅱ(3年次)
    臨床薬学Ⅰ(2年次)

臨床薬学は、医学、看護学と同様に臨床、つまり患者さんのケアに直結している学問です。臨床薬学の面白さは、ヒトの生命現象である生と死に直接関わることを学修(学習)することですが、それだけに大変な責任を伴うこともあります。優れた薬剤師とは、何よりも患者さんのことを第一に考えられる医療者です。人間って、自分には甘いものです。でもその甘さを捨てないかぎり、真の医療者・薬剤師とは言えません。患者さんに慕われ、社会から求められる薬剤師を目指してほしいと思っています。

詳細を見る

廣澤 伊織 助教 / 学位:博士(薬学)

  • 研究分野: 
  • 担当科目:3年 実務実習事前実習Ⅰ
    4年前期 実務実習事前実習Ⅰ
    4年後期 実務実習事前実習Ⅱ

 

詳細を見る

山本 健 助教 / 学位:博士(薬学)

  • 研究分野:臨床薬学
  • 担当科目:臨床薬学Ⅰ(2年後期)
    臨床薬学Ⅱ(3年後期)
    実務実習事前実習Ⅰ (3年後期)
    実務実習事前実習Ⅰ (4年前期)
    実務実習事前実習Ⅱ (4年後期)

薬剤師になる上で必要な【知識・技能・態度】を、事前実習を通して習得できるようサポートします。

詳細を見る

森元 能仁 助教 / 学位:修士(臨床薬学)

  • 研究分野:臨床薬学、抗悪性腫瘍薬の基礎的検討
  • 担当科目:実務実習事前実習Ⅰ (3年後期)
    実務実習事前実習Ⅰ (4年前期)
    実務実習事前実習Ⅱ (4年後期) 

 

詳細を見る

もっと詳しく

研究室のサイトへ