博士課程

Doctor薬学専攻/博士課程

生命科学と疾患に関わる先進的な課題に取組む

薬学研究科・薬学専攻では、医療薬学を中心とする臨床研究から、創薬を視野に入れた基礎研究までを包括した高度な研究を行い、生命科学と疾患に関わる先進的な課題に取り組みます。

博士課程では、学位論文の審査を受け、最終試験に合格すれば、博士(薬学)の学位が授与されます。薬学専攻では、6年制薬学部の卒業生はもちろん、医療関連分野や企業等で働く社会人、他大学の修士課程修了者にも広く門戸を開放します。

2年
Suguru Tohyama遠山 卓薬物治療学研究室/博士課程

想像力のある薬剤師を目指して

  • 昭和薬科大学に入学して私の大きな財産になったのが、尊敬すべき先生との出会いです。現在の主任教授との出会いがきっかけとなり、薬物治療学研究室に入りました。薬,ホルモンといった物質が刺激となり、細胞内の分子間相互作用に “繫ぎ替え” が生じるプロセスを対象にしていて、テーマにも強い関心をもちました。

    これからは研究力を備えた薬剤師が求められると感じていましたし、この研究室で研究を続けたいという希望もあり、博士課程への進学は私にとって自然な流れでしたね。

    博士課程進学後は、記憶と恐怖との関連、特に強迫性障害やPTSDなど恐怖関連疾患に焦点を定め、その分子メカニズムを明らかにすべく研究しています。恐怖関連の記憶にはマウスの個体ごとに差があり、年齢,性別などによっても反応パターンに特徴がみられるなど予想以上に奥深く、一筋縄ではいきません。これを解きほぐすべく、目に見えない分子からマウスまでを扱って実験するのですが、研究において何よりも重要なのは「想像力」だと、最近つくづく感じています。この「想像力」は、医療の現場でも当然重要です。

    今は研究に集中して「想像力」を培い、これからを担う薬剤師になりたいと考えています。

  • 薬学専攻(博士課程)
    修了後の進路

    • 医療職(博士号をもつ薬剤師)
    • 製薬企業(研究部門、臨床開発部門)
    • 各種研究機関
    • 医薬品医療機器総合機構
      (PMDA)等
    • 大学教員・公務員

薬学専攻博士課程開講科目

本学の薬学専攻博士課程は、特色ある老化に関する先端の講義を行う総合必修科目と、各研究室が主体となる専門性の高い専門選択科目からなります。

総合必修科目

  • 「先端薬学(生命科学と疾患)特論」

  • イントロダクション
    基礎薬科学
    • 老化に対する生体防御
    • 老化の化学
    • 老化に関与する生体分子
    • 老化の分析化学
    • 血管の老化とその分子機構
    • 老化制御薬
    臨床医学
    • 高齢者の内科疾患
    • 高齢者のメンタルヘルスケア
    • 高齢者の運動器疾患
    • 老化としての癌
    医療・応用薬学
    • 高齢者における薬物動態
    • 高齢者に対する製剤
    • 高齢者に対する漢方
    • 高齢者に対するファーマシューティカルケア高齢者を対象とした臨床研究デザインの立て方

専門選択科目

シラバスの教育課程表を参照

大学院シラバス

修了生からのメッセージ