3つの方針

アドミッションポリシー

入学者受入れの方針

本学は「薬を通して人類に貢献」を理念とし、学則第1条に「広く知識を授け、人格の陶冶に努め、深く薬学に関する学理と技術を教授研究して、社会有為の人材を育成する」ことを掲げています。「学位授与の方針」に挙げた人材を社会に送り出すため、入学者の選抜にあたっては、広報活動を通じて広く受験生を募り、優れた学生の確保に努めています。また、薬学の幅広い分野で活躍する様々な人材を輩出してきた本学の伝統に基づき、全国から受け入れることに留意しています。「教育課程編成・実施の方針」に示されている様に薬学の学修には高い理想とたゆまぬ自己研鑽(けんさん)が不可欠です。本学が望む学生像は、以下のような資質と意欲を有する人です。

  1. 6年制薬学教育に対応できる基礎学力を有し、薬学を学ぶ強い意志がある人
  2. 将来薬剤師として医療を始め幅広い分野で社会に貢献する情熱を有する人
  3. 薬剤師として活躍するためにコミュニケーション能力(対患者、対医療従事者など医療現場で必要な情報のやり取り、意思確認、意見や考えの表現能力のこと)の資質と豊かな人間性を有する人
  4. 新しい薬を創製する(創薬)分野(研究機関、製薬企業など)で活躍する意欲と創造力、向上心を有する人
  5. 人の健康や薬の適正使用に関心を持ち、その関連分野での活躍を望む人

カリキュラムポリシー

教育課程編成・実施の方針

本学では、薬学教育モデル・コアカリキュラムを基本としつつ、本学の理念「薬を通して人類に貢献」を具現化した人材を社会に送り出すために、以下の方針でカリキュラムを策定し、学修を求めます。

  1. 薬学で学ぶべき専門的学習に向けた基礎的知識の修得に加え、学びの意義について考え、人間として偏らない知識を持ち、真理探究のための学びの構えを修得します。
  2. バランスのとれた英語教育カリキュラムを通して、グローバル化に対応できるように実用的な英語力を強化します。
  3. 薬学を構成する様々な分野における専門的知識を身につけ、それらを活用できるような実力を養います。
  4. 医療を担う薬の専門家としての高い実践能力を育成し、薬剤師として必要な倫理観や使命感を醸成し、真の医療人として行動できるよう、知識、技能、態度を修得します。
  5. 科学的な根拠に基づく問題発見能力ならびに問題解決能力を修得します。
  6. 生涯自己研鑽を行い、次世代を育成する態度を醸成します。

ディプロマポリシー

学位授与の方針

以下に挙げたものは、本学の理念である「薬を通して人類に貢献」を具体化した人物像です。この様な人材育成のために編成されている本学の教育課程を修めた人に学士(薬学)の学位を授与します。

  1. 医療人として、豊かな人間性と高い倫理観及び強い使命感を有し、責任を持って行動する人
  2. 社会の様々な場面で応用可能な、コミュニケーション及びプレゼンテーションの能力を有した人
  3. 医療を始め幅広い分野における専門的知識を有し、社会でその知識を活かせる人
  4. 科学的根拠に基づく問題発見、問題提起及び問題解決の能力を有し、問題解決によって得られた成果を社会に還元できる人
  5. 生涯にわたり使命感を持って継続的な成長を自らに課し、次世代を育て、指導的な立場で社会に貢献する人
  6. チーム医療に積極的に参画し、薬剤師に求められる知識・行動能力を有した人