教員

渡部 一宏教授 / 博士(薬学)last update : 2017.12.04

English

プロフィール

研究者名
渡部 一宏(ワタナベ カズヒロ)
所属
臨床薬学分野 実践薬学部門
担当科目
臨床試験の評価(6年次)
専門薬剤師を目指して(6年次)
医薬開発特論Ⅰ(5年次)
医薬品情報学(4年次)
実務実習事前学習(4年次)
ヒューマニズムA2(4年次)
医薬品の安全性(3年次)
臨床薬学Ⅱ(3年次)
臨床薬学Ⅰ(2年次)
職位
教授
学位
博士(薬学)

学歴

1995年3月 昭和薬科大学 薬学部 薬学科卒業
1997年3月 昭和薬科大学大学院薬学研究科修士課程修了(薬学修士)
2008年3月 共立薬科大学大学院   薬学研究科博士課程修了 博士(薬学)

経歴

1997年4月 財団法人 聖路加国際病院 薬剤部入職
2009年3月 財団法人 聖路加国際病院 薬剤部退職
2009年4月 昭和薬科大学 医療薬学教育研究センター講師
2013年4月 昭和薬科大学 医療薬学教育研究センター准教授 
2016年4月 昭和薬科大学 臨床薬学教育研究センター 臨床薬学分野 実践薬学部門 准教授 (組織改編) 
2017年4月 昭和薬科大学 臨床薬学教育研究センター 臨床薬学分野 実践薬学部門 教授  現在に至る

免許・資格

  • 薬剤師免許
  • 日本医療薬学会 認定 指導薬剤師
  • 日本臨床疫学会 認定 臨床疫学 認定専門家

受賞歴

所属学協会

【会員】
日本薬学会
日本病院薬剤師会
日本医療学会
日本乳癌学会
日本薬剤学会
日本プライマリ・ケア連合学会
日本緩和医療薬学会
日本医薬品情報学会

【学会役員・委員会委員等】
日本乳癌学会(代議員)
日本医療薬学会(代議員)
日本病院薬剤師会(臨床研究推進委員会委員 インタビューフォーム検討委員会委員)
日本薬剤学会(薬剤学編集委員会)
日本医療薬学会(出版委員会)

研究分野

臨床薬学、臨床疫学、製剤学

  • 医薬品情報科学の実践 -患者本位の薬物治療実践にむけた科学的アプローチ- 山本美智子 渡部一宏 土肥弘久   京都廣川書店 2017年4月 978-4-909197-01-6
  • 薬剤師のための薬物療法に活かす 検査値の読み方教えます! 野口善令 第3章:さらなるステップアップを目指して チームの一員として必要なコミュニケーション 240-245 羊土社 2016/8 97-4-7581-0933-8
  • がん性皮膚潰瘍とそのケア対策―がん性皮膚潰瘍臭対策を中心に 中村清吾/渡部一宏 編集、総論、各論  医薬ジャーナル社 2016/06 978-4753228065
  • そこが知りたい達人が伝授する日常皮膚診療の極意と裏ワザ 宮地良樹 がん性皮膚潰瘍治療薬 373-375 全日本病院出版会 2016/05 
  • 違いがわかる同種・同効薬改訂第2版 黒山政一、大谷道輝 喘息治療薬 212-230 南江堂 2015 
  • レジデントのための感染症診療マニュアル 青木眞 薬剤情報全般 1-1448 医学書院 2015 
  • 原著論文 Joint symptoms associated with anastrozole and letrozole in patients with breast cancer: a retrospective comparative study Y. Morimoto, S. Sarumaru, Y. Oshima, C. Tsuruta, K. Watanabe Journal of Pharmaceutical Health Care and Sciences 2017 3:25 3 25 2017 
  • 原著論文 Adaptation of the European-Commission-recommended user testing method to patient medication information leaflets in Japan Michiko Yamamoto, Hirohisa Doi, Ken Yamamoto, Kazuhiro Watanabe, Tsugumichi Sato, Suka Machi, Takeo Nakayama, Hiroki Sugimori Journal of Drug, Healthcare and Patient Safety 9 39-63 2017 
  • 原著論文 How hospitals collaborate in cancer care with community pharmacies in the prescription of oral chemotherapy drugs Watanabe K, Doi H, Chisima M, Hirako Y, Yoshikawa K, Agata K, Oishi M, Hirohara M, Yamamoto M, Koinuma M Journal of Drug Interaction Research 41(1) 17-25 2017 
  • 総説 がん性皮膚潰瘍臭改善治療薬メトロニダゾール(ロゼックス®)ゲル0.75%の薬事承認までのアプローチを薬剤師が実践して 渡部一宏 アプライドセラピューティックス 8 11-15 2016 
  • 総説 目から鱗のがん薬物療法 薬学的視点からみたケーススタディ 第3回がん性皮膚潰瘍臭に対するケアの実践 渡部一宏 Cancer Board Square 2 387-391 2016 
  • 原著論文 Safe and Effective Deodorization of Malodorous Fungating Tumors Using Topical Metronidazole 0.75% Gel (GK567): A Multicenter, Open-Label, Phase III Study (RDT.07.SRE.27013) Watanabe K, Shimo A, Tsugawa K, Tokuda Y, Yamauchi H, Miyai E, Takemura K, Ikoma A, Nakamura S Supportive Care in Cancer 24 2583-2590 2016 
  • 総説 がん性皮膚潰瘍のケアに立ち向かう1人の薬剤師のものがたり 渡部一宏 ファルマシア 51 934‐936 2015 
  • 原著論文 Validity of Recommended Dosage Reduction Criteria for Rivaroxaban in Patients with Renal Impairment Watanabe K, Terashi Y, Ishida K, Uematsu K, Endo I, Suzuki K, Suzuki I, Taguchi K Showa Pharmaceutical University. Bulletin of Showa Pharmaceutical University 49 1‐8 2015 
  • 原著論文 Hands-on Experiential Training of Self-Monitoring of Blood Glucose And Self-Injection of Insulin, And Its Learning Effects in 4th year Pharmacy Students Watanabe K, Doi H, Hirohara M, Ota A, Nakamura M, Kushida K, Takada K, Masuda Y, Kitajima, J, Takano A, Chiba R, Toda J, Hagiwara Y, Hamashima H, Hamamoto T, Fukumori R, Horiguchi Y, Yamamoto M, Taguchi K Journal of Drug Interaction Research 39 17-23 2015 
  • 総説 6年制薬学教育課程の卒業生を送って-患者・社会が求める臨床教育の実践とは- 渡部一宏、戸田潤 薬剤学 74 172‐175 2014 
  • 原著論文 臨床薬剤師を対象とした臨床研究への関心度とその教育学的解析 渡部一宏、横山葉子、佐藤恵子、竹上未紗、関根祐子、網岡克雄、大西良浩、福原俊一 医療薬学 36 277-283 2014 
  • 原著論文 昭和薬科大学におけるバイタルサインチェック・フィジカルアセスメント実習- 4年次実務実習事前学習と6年次アドバンスト実習における評価-  廣原正宜、濵本知之、寺田綾子、千葉良子、澁谷文則、中村美樹、渡部一宏、大澤友二、戸田潤、串田一樹、高野昭人、北島潤一、萩原幸彦、福森隆次、堀口よし江、濱島肇、田口恭治 医療薬学 40 567-585 2014 
  • 原著論文 A case of Eyelash Abnormality after Switching from Latanoprost Ophthalmic Solution To Bimatoprost Ophthalmic Solution Watanabe K, Okuno Y, Hikita S Showa Pharmaceutical University. Bulletin of Showa Pharmaceutical University 48 41-45 2014 
  • 原著論文 A novel internet-based blended learning program providing core competency in clinical research Tsugihashi Y, Kakudate N, Yokoyama Y, Yamamoto Y, Mishina H, Fukumori N, Nakamura F, Takegami M, Ohno S, Wakita T, Watanabe K, Yamaguchi T, Fukuhara S J Eval Clin Pract 19 250-255 2013 
  • 原著論文 Current Status of Awareness and Implementation of the “Yakuzai-Kanri Summary” in Community Pharmacies Prescribing Drugs under the Health Insurance System in Japan Watanabe K, Chisima M, Agata K, Hamamoto T Japanese Journal of Pharmaceutical Health Care and Sciences 39 366‐374 2013 
  • 原著論文 臨床研究に関するブレンデッド型遠隔学習プログラムの教育効果の試み 角舘直樹、次橋幸男、横山葉子、山本洋介、三品浩基、中村文明、福森則男、竹上未紗、大野慎也、佐藤恵子、脇田貴文、渡部一宏、山口拓洋、福原俊一 医学教育 43 205-210 2012 
  • 原著論文 Report of the Advanced Practical Training Program of Showa Pharmaceutical University: Questionnaire Survey on Students on Six-Year Courses and Pharmacist Watanabe K, Terata A, Hirohara M, Kushida K, Shibuya F, Horiguchi Y, Taguchi K, Hamamoto T Showa Pharmaceutical University. Bulletin of Showa Pharmaceutical University 46 1‐12 2012 
  • 原著論文 Effects and Problems of Education from First Clinical Pharmacy Training at Hospital in the Six-Year System of Pharmaceutical Education: Questionnaire on Students and Instructing Pharmacists Watanabe K, Hirohara M, Terata A, Nakamura M, Kushida, K Takano A, Chiba R, Osawa T, Kitajima J, Shibuya F, Toda J, Hagiwara Y, Hamashima H, Hamamoto T, Fukumori R, Horiguchi Y, Taguchi K, Iga T Journal of Drug Interaction Research 35 31-40 2012 
  • 原著論文  Status of provision of drug information to hypertensive patients at community-based pharmacies Watanabe K, Nakamura F, Matsumura S, Fukuhara S General Medicine, 12, 75-81, (2011). 12 75-81  2011 
  • 原著論文 薬剤師のニーズに合致した臨床研究 教育ワークショップの立案・実施 評価  渡部一宏、横山葉子、大野慎也、川井朋子、倉田洋子、網岡克雄、関根祐子、井関健、福原俊一 薬局薬学 2 44-52 2010 
  • 原著論文 Efforts of Showa Pharmaceutical University toward Pre-training for Clinical Pharmacy Practice and Its Assessment  Watanabe K, Hirohara M, Terata A, Kushida, K Takano A, Chiba R, Osawa T, Kitajima J, Shibuya F, Toda J, Hagiwara Y, Hamashima H, Hamamoto T, Fukumori R, Horiguchi Y, Taguchi K, Iga T Journal of Drug Interaction Research 34 85-91  2010 
  • 原著論文 Preparation and Evaluation of Stability and Drug Release of Lidocaine containing Metronidazole Ointments Prepared in a Hospital for Cancerous Malodor Watanabe K, Shimamoto T, Uramatsu S, Uemura T, Nakamura S Journal of Drug Interaction Research 34 93-98  2010 
  • 原著論文 疎水化ヒドロプロピルメチルセルロースを用いたがん性悪臭に対するメトロニダゾールゲル製剤の製剤学的評価 渡部一宏、島本敏夫、中村清吾、浦松俊治、岸広三、植松俊信、新池仁志 日本緩和医療薬学雑誌 2 39-43 2009 

研究業績(学会発表等)

タブ区切りテキスト形式でダウンロード

  • 招聘講演 がん性皮膚潰瘍臭改善薬メトロニダゾールゲルの薬事承認に至るまでのエビデンス構築 渡部一宏 日本薬剤学会第42年会製剤・創剤セミナ- 兵庫 2017年8月
  • シンポジウム がん性皮膚潰瘍臭改善治療薬の承認までのアプローチを薬剤師が実践して,  渡部一宏 日本病院薬剤師会東北ブロック第7回学術大会 シンポジウム5 青森 2017年6月
  • シンポジウム がん性皮膚潰瘍臭改善薬メトロニダゾールゲルの薬事承認に至るまでのエビデンス構築 渡部一宏 第11回日本緩和医療薬学会 シンポジウム25  札幌 2017年6月
  • 招聘講演 がん性皮膚潰瘍臭改善薬メトロニダゾールゲルの薬事承認に至るまでのエビデンス構築 渡部一宏 2017年度 日本薬剤学会旭化成創剤研究奨励賞受賞講演 さいたま 2017年5月
  • 招聘講演・シンポジウム がん性皮膚潰瘍臭改善治療薬の承認までのアプローチを薬剤師が実践して 渡部一宏 第7回日本アプライドセラピューティック学会学術大会 京都 2016/09
  • 招聘講演・シンポジウム 薬剤師視線での臨床研究の必要性とその成果がん性皮膚潰瘍臭改善治療薬メトロニダゾールゲル承認までのアプローチを実践して 渡部一宏 日本病院薬剤師会 薬剤師のための臨床研究セミナー2016 東京 2016/07
  • 招聘講演・シンポジウム がん性皮膚潰瘍臭治療の変遷 渡部一宏 第40回日本頭頸部癌学会 大宮 2016/06
  • 招聘講演・シンポジウム がん性皮膚潰瘍臭治療の変遷−がん性皮膚潰瘍臭改善治療薬メトロニダゾールゲルの承認までのアプローチを実践して− 渡部一宏 第19回日本医薬品情報学会 東京 2016/06/05
  • 招聘講演・シンポジウム 薬剤師視線での臨床研究の必要性とその成果−がん性皮膚潰瘍臭改善治療薬メトロニダゾールゲルの承認までのアプローチを経験して 渡部一宏 日本臨床腫瘍薬学会2016 鹿児島 2016/03
  • 招聘講演・シンポジウム がん性皮膚潰瘍臭治療の変遷 渡部一宏 第23回日本乳癌学会学術総会 東京 2015/07
  • 口頭発表 Topical metronidazole 0.75% gel for the safe and effective deodorization of malodorous fungating tumours: A multicentre, open-label, phase III study Delphine Kerob, Seigo Nakamura, Arata Shimo, Kouichiro Tsugawa, Yutaka Tokuda, Hideko Yamauchi, Kazuhiro Watanabe, Eriko Miyai, Kimitoshi Takemura, Akihiko Ikoma. The 2015 International MASCC/ISOO Symposium Copenhagen, Denmark 2015/06
  • 招聘講演 がん性皮膚潰瘍臭改善薬メトロニダゾールゲルの有用性 渡部一宏 第20回日本緩和医療学会 横浜 2015/06

競争的資金等

  • 平成25年度 昭和薬科大学若手研究者助成研究「内服抗がん剤を含む処方せんに対する保険薬局薬剤師の意識調査」 研究代表者:渡部一宏 (2013年)
  • 平成23年度 昭和薬科大学若手研究者助成研究「保険薬局における「薬剤管理サマリー」の受け取りの実態と今後の病薬連携のあり方に関する検討」 研究代表者:渡部一宏 (2011年)
  • 厚生労働科学研究 厚生科学基盤研究分野 臨床研究基盤整備推進研究「実現・持続可能性ある臨床研究フェローシップ構築に関する研究」(2009-2011年)研究代表者:福原俊一、研究分担者:山口拓洋、渡部一宏、草場鉄周
  • 厚生労働科学研究 厚生科学基盤研究分野 臨床研究基盤整備推進研究「臨床研究フェローシップ構築に関する研究」(2006-2009年)研究代表者:福原俊一、研究分担者:郡義明、松村理司、名郷直樹、渡部一宏
  • 厚生労働科学研究 行政政策研究分野 政策科学推進研究「地域のプライマリ・ケア医機能評価に関する実証研究」(2005-2008年) 主任研究者:福原俊一、研究分担者:尾藤誠司、渡部一宏、松村真司
  • 厚生労働科学研究 二十一世紀型医療開拓推進研究事業「根拠に基づく医療 (Evidence-Based Medicine)の手法を用いた医療技術の体系化に関する調査研究」(2000-2003年) 主任研究者 福井次矢、研究協力者:渡部一宏
  • 第17回 聖路加国際病院健康科学研究「エビデンスに基づいた薬剤経済分析のモデル化とその応用」 研究代表者:渡部一宏 (2004年) 

知的財産権

  • 特許:皮膚潰瘍処置用外用剤のゲル状基剤、発明者:渡部一宏、島本敏夫ほか、特許第5954928号(平成28年6月24日)

社会における活動

ページトップへ

ページトップへ