昭和薬科大学の研究力

医療の未来をひらく
国家プロジェクトや
薬学の先端的な研究に取り組む

国家プロジェクトや先端研究に挑む

本学は、文部科学省が国家プロジェクトとして推進する「創薬等支援技術基盤プラットフォーム事業」に、制御拠点・合成領域として参画するとともに、同省の「私立大学戦略的研究基盤形成支援事業」にも採択されるなど、薬学の先進的な研究拠点としての存在感を高めています。

専門研究室の教授による研究成果の発表

「創薬等支援技術基盤プラットフォーム事業」は、全国の大学や研究機関の高度な技術基盤を活用し、創薬研究やライフサイエンスに関わる研究者を支援し、先端的な研究の振興に寄与することを目的としています。本学は、合成領域の支援機関として東京大学をはじめとする研究機関のヒット化合物と周辺化合物の合成を支援し、サンプルを提供しています。

また、「私立大学戦略的研究基盤形成支援事業」では、生体分子のコバレント修飾をキーワードに、複数の研究室が参加し、学内共同研究や若手研究者の育成を推進しています。

米国の権威ある学術誌に掲載された医薬分子化学研究室の論文

アジアの研究者と交流する国際シンポジウムを開催

学生による研究成果のポスター発表

ー 先端研究に取り組む専門研究室 ー

独自の研究に加え、
学際的な共同研究を展開。
さらに、その成果を教育の場に還元。

本学には医療薬学、生命薬学、創薬科学、社会薬学各系統の研究室があり、
研究・教育の両面で相互に密接に連携しながら、
若手研究者の育成にも努めています。

さらに、実習科目・履修科目の充実を目的とした教育研究センター、
教育研究のための各種施設を運営・管理する教育研究支援センターを配置、
学生は4年次から研究室に所属し、卒業実習教育に取り組みます。

医療薬学系
薬物動態学研究室
薬剤学研究室
薬物治療学研究室
薬理学研究室
生命薬学系
衛生化学研究室
統合感染免疫学研究室
生化学研究室
創薬科学系
天然物化学研究室/薬品化学研究室
医薬分子化学研究室/薬化学研究室
薬品分析化学研究室/薬品物理化学研究室
社会薬学系
社会薬学研究室
臨床薬学教育研究センター
基礎薬学教育研究センター
教育研究支援センター
寄附講座・特任教授
地域連携薬局イノベーション講座
酸化ストレス研究室

山本 恵子
Keiko Yamamoto

副学長
ハイテクリサーチセンター長
教授・薬学博士

学際的な共同研究を推進

本学は、13の専門研究室が連携し、創薬から医療薬学、生命薬学まで、独自の研究に加え、学際的な共同研究を展開しています。昨年8月には、将来を担う若手研究者育成の一環として、アジア圏の優れた研究者を本学に招き、「第1回国際シンポジウム」を開催し、学内外から多くの参加者がありました。

続いて、2015年4月には「第8回ハイテクリサーチセンター報告会」が開催され、本学教授陣による生体分子コバレント修飾に関する研究発表と、若手研究者や学部生によるポスター発表が行われました。外部評価員として東京大学、千葉大学、東京医科歯科大学から3名の研究者も加わり、実りある報告会となりました。

論文発表では、炎症に深く関与しているタンパク質を、炎症が起こると生成される酸化型の脂肪酸がコバレント修飾することを見出し、米国の権威ある学術誌に掲載されました。