保険調剤薬局|三﨑 小百合

外来患者さんの調剤や
在宅医療を通して
地域医療に貢献する

近くにある大学病院の外来患者さんの調剤や、個人宅やグループホームなどで療養する患者さんの訪問薬剤管理指導(在宅医療)を担当しています。

在宅医療の患者さんは、寝たきりや、加齢や合併症などで複数の薬剤を併用するケースが多く、薬を適切に飲み切れているか、飲み合わせによる副作用は出ていないか、様々な観察とケアが必要になります。そのため、患者さん本人はもちろん、ご家族やケアマネジャー、ヘルパーの方たちと緊密にコミュニケーションをとり、患者さんの状態を常に把握するよう心がけています。

また、薬によっては効き始めるまでに時間がかかるものもあります。そのことに不安を抱く患者さんやご家族に対し、データに基づいた説明をきちんと行い、安心していただくことも薬剤師の大きな役割の一つです。

医師や看護師の訪問診療(往診)に同行する際は、患者さんに最適な薬物治療のために、各種の検査データをもとに、科学的な根拠に基づいた分析、薬の提案を行います。

大学時代の長期実習の経験が役立ち、在宅医療にも抵抗なく取り組むことができました。一方、薬剤師にはより高いレベルの素養が求められており、卒業後も勉強が欠かせません。また、同じ職場のスタッフが結婚・出産後も復帰し、生きいきと働いている姿を見ると、女性としてやりがいがあり、継続できる職業だと感じています。

三﨑 小百合 Sayuri Misaki (6年制第1期卒業生)
さいたま市立浦和高等学校出身
(総合薬学コース)
CAREER トライアドジャパン株式会社
かもめ薬局 北里健康館
2012年 入社