CRO|小島 真悟

新薬を待ち望む
患者さんのために
役立つことが実感できる

医薬品の開発段階で、前臨床(動物実験)を経て、いよいよ人を対象に有効性・安全性を確認する臨床試験を行うのが「治験」です。私は、この治験に関わる業務を製薬会社から受託する専門企業(=CRO)に、CRA(臨床開発モニター)として勤務しています。

仕事内容は、医療機関で実施されている治験が、法律やルールを守って行われているかどうかを確認(モニタリング)すると同時に、依頼者である製薬会社と医療機関の関係者との橋渡し役となり、薬の効能や安全性に関する各種データを収集することです。

決められた期間内に業務を遂行しなければならないため、全体の進捗管理など大変な面もありますが、良好なデータが得られ、自分が担当した新薬が世に出るうれしさは格別です。自分の日々の仕事が、新薬を待ち望む患者さんに貢献していることを実感することができます。

昭薬大の研究室で卒業研究に取り組んでいる頃から研究・開発に興味をもっていましたが、治験は製薬会社や医療機関など様々な人たちと関わりをもちながら仕事できることが魅力だと思います。実務実習での体験、研究室(薬物動態学)で学んだ知識が、いまの仕事にも役立っています。

近年、新薬の早期の承認申請を目指し、日本と海外で同時に臨床開発を行う手段として、国際共同治験が増加しています。グローバルな業務に関わるとともに、数年後にはプロジェクトの責任者になりたいと夢を広げています。

小島 真悟 Shingo Kojima (6年制第2期卒業生)
東京都立南多摩高等学校出身
(総合薬学コース)
CAREER イーピーエス株式会社
臨床開発事業部 CRA
2013年 入社