実習棟・研究棟

緊密に連携した実験・研究の拠点

第1教室

実習、研究に最高の環境で取り組むことができるよう、キャンパスの中心部から離れた静かな場所に設けられています。2棟の各フロアは渡り廊下で緊密に結ばれ、最新の実験・研究設備が導入されています。

実習棟

長時間の実習をスムーズに行う

実習風景

実習風景

実習棟の2~5階に実習室とコンピューター演習室を配置。安全面の配慮はもちろん、モニター画面で実験方法などを間近に理解できる実習室もあります。1階には、高度な薬学研究を支える機器分析研究施設やRI(ラジオアイソトープ)研究施設が設けられています。

研究棟

薬学の先端的研究に取り組む

実習・研究棟外観

実習・研究棟外観

研究棟は、薬学の先端的研究に取り組む13の専門研究室が中心的な存在です。また、実験・研究施設として、実験動物研究施設、電子顕微鏡室、DNA実験室、組織培養室、低温室などが設けられ、実習棟の施設とともに、学生や教員に活発に利用されています。

  • RI研究施設

    RI を利用して
    物質の挙動を探る

    放射線は高感度で検出できることから、RI(ラジオアイソトープ/放射性同位元素)を利用することで、微量の生体分子や薬の細胞内や生体内における挙動を知ることが可能となります。そのため、RI を用いた実験は、薬学の研究には必要不可欠なものとなっています。RI 研究施設は、様々な管理と監視のもとで、安全に RI 実験を行っている施設です。

    RI の管理と監視

    コンピューターを用いた管理と監視

    施設内の管理区域(RI を使用することができるエリア)には、化学実験室、組織培養実験室、測定室など、作業の目的別に 10 室以上の部屋が設けられています。この管理区域内での RI の使用や入退室の管理、そして、室内の空気や排気、排水などの監視は、コンピューターを用いて絶え間なく行われています。

    RI を用いた薬学研究

    疾患のメカニズムの解明と診断薬の開発

    施設内には共用機器として、バイオイメージングアナライザーBAS5000、液体シンチレーション計数装置、RIA 用ガンマカウンターなどが設置されています。これらの機器を用いて、タンパク質の修飾解析などの疾患メカニズムの解明に関する研究や診断薬の開発に関する研究などが行われています。

  • 機器分析研究施設

    分子レベルの解析で薬学研究に
    貢献する最先端の分析機器

    薬学の先端的研究において、分子レベルでの検討は不可欠になっています。機器分析研究施設では、磁気を使って化合物の分子構造を分析する核磁気共鳴装置をはじめ、各種の分析機器を駆使してミクロの世界を解明し、薬学研究をバックアップします。

    合成研究

    化合物の分子構造の情報を得て、次のステップへ

    本研究施設では、各種分析機器を用いて測定および解析を行います。たとえば、有機化合物の合成研究では、合成した化合物の分子構造を知る必要があるため、各種分析機器から得られる情報を基に化合物の構造を決定し、さらに具体的な実験の方針を検討します。

    分析機器

    最新の分析機器を導入

    本研究施設には、以下の最新の高性能な分析機器が複数導入され、高精度な分析手法を糸口に科学や生命現象の理解と解明、さらには創薬に役立つことを願っています。

    • 核磁気共鳴装置(NMR)
    • 質量分析装置(MS)
    • X線回折装置(XRD)
    • 円二色性分散計(ORD-CD)
  • 実験動物研究施設

    薬学の進歩、発展のために

    本学の実験動物舎(延床面積約350坪)では、マウス、ラット、ウサギ、モルモットなどの実験用動物を飼育しています。舎内は、動物飼育スペース、研究施設、その他の3つのスペースに分かれ、 厳密な管理体制のもと、薬学の研究、教育に寄与しています。

    飼育環境

    厳しい条件を満たした飼育環境を整備

    動物たちの健康を守るため、飼育室の温度は常に適温・適湿に保たれ、感染源が室内に侵入しにくいよう構造的に工夫されています。
    動物飼育スペースには11の飼育室と、クリーン度の極めて高い動物を飼育するために特別に設計された3つの部屋(SPF: Specific Pathogen Free)が設けられています。研究施設は、行動観察室をはじめ、9つの実験室を備えています。

    実験動物研究施設SPF室微生物モニタリング

    昭和薬科大学実験動物研究施設SPF室では、マウスを対象とする年4回の定期微生物モニタリングを 実施しています。このモニタリングは、(財)実験動物中央研究所が行う微生物検査の項目(培養I、血清反応I、 鏡検I)を行っているものです。(検査項目は下記参照)

    微生物
    Corynebacterium kutscheri 培養
    Mycoplasma pulmonis
    Clostridium piliforme(Tyzzer菌) 血清反応
    Ectromeria virus
    LCM virus
    Mouse hepatitis virus
    Mycoplasma pulmonis
    Sendai virus
    消化管内原虫 鏡検
    外部寄生虫
    蟯虫

    ルール

    適切な教育訓練を実施し施設利用のルールを徹底

    本学では、実験動物研究施設を適切に管理し、良質の実験動物管理を行うことにより、生命科学の教育及び研究の推進に寄与するため、実験動物研究施設管理運用規定を定め、実験動物研究施設運営委員会による利用者への教育訓練を毎年実施しています。

    規程関係

    実験動物研究施設管理運営規程

    昭和薬科大学動物実験指針

    昭和薬科大学動物実験倫理委員会規程

    教育訓練受講人数

    25年度 26年度 27年度 28年度 29年度
    開催日 5/1 5/22 4/8 5/7 4/7 4/22 4/5 4/22 4/6 4/21 4/27
    受講者数 108 23 116 8 131 8 103 34 149 9 10
    合計 131 124 139 137 168

    実績

    動物実験計画書の承認件数

    24年度 25年度 26年度 27年度 28年度
    動物実験計画書 11 12 3 11 12
    遺伝子組換え動物実験計画書 1 2 0 1 4

    施設利用回数

    24年度 25年度 26年度 27年度 28年度
    4月 165 458 452 384 278
    5月 194 411 403 356 336
    6月 189 238 316 483 468
    7月 225 252 329 298 352
    8月 324 222 242 280 404
    9月 221 168 252 293 431
    10月 167 163 262 216 517
    11月 99 287 261 218 480
    12月 113 252 299 235 558
    1月 76 235 226 192 320
    2月 156 385 278 287 412
    3月 266 343 282 258 528
    合計 2,195 3,414 3,602 3,500 5,084
    平成25年3月末 平成26年3月末 平成27年3月末 平成28年3月末 平成29年3月末

    実験動物使用数

    24年度 25年度 26年度 27年度 28年度
    マウス 2,850 3,959 4,823 5,158 6,914
    ラット 507 642 595 465 206
    ハムスター 30 0 0 0 0
    モルモット 4 4 4 4 4
    ウサギ 0 2 5 5 4
    合計 3,391 4,607 5,427 5,632 7,128
    平成25年3月末 平成26年3月末 平成27年3月末 平成28年3月末 平成29年3月末

    自己点検評価

    平成28年度 自己点検評価

  • モデル薬局・モデル病室

    「実務実習」に備えた
    本格的な実習施設

    6年制教育では、5年次の「実務実習」をスムーズに行うため、4年次に学内で1カ月の「事前実習」を行います。4年制の学生を対象にした事前実習をトライアルで開始し、ノウハウを蓄積していきます。

    モデル薬局

    現代医療の実情に即した教育

    モデル薬局は、病院薬局・保険薬局を備え、レセプトや電子カルテを見ながら、現代医療の実情に即した実習を行います。一方、モデル病室には、医薬情報を検索できるコンピュータを設置し、服薬説明をはじめ患者さんと対話するトレーニングを重視します。

    調剤実習

    豊富な経験をもつ「実務家教員」が指導

    「事前実習」では、病院・薬局の薬剤師として豊富な経験をもつ「実務家教員」が中心となって指導し、調剤業務はもちろん、病棟活動を中心に患者さんとのコミュニケーション能力を養います。