教員

梶川 瑞穂講師 / 博士(理学)last update : 2018.07.26

English

プロフィール

研究者名
梶川 瑞穂(カジカワ ミズホ)
所属
微生物学研究室
担当科目
微生物学 (2年後期)
微生物免疫実習 (3年前期)
免疫学 (3年前期)
新興感染症 (6年前期)
職位
講師
学位
博士(理学)

学歴

2001年3月 静岡大学 理学部 生物地球環境科学科 卒業

2003年3月 静岡大学大学院 理工学研究科 生物地球環境科学専攻 修了

2006年9月 総合研究大学院大学 先導科学研究科 生命体科学専攻 修了

(2004年10月〜2006年9月 九州大学生体防御医学研究所 受託研究学生)

経歴

2006年10月 九州大学 生体防御医学研究所 学術研究員

2009年4月 理化学研究所 免疫・アレルギー科学総合研究センター 基礎科学特別研究員

2012年4月 理化学研究所 免疫・アレルギー科学総合研究センター 研究員

2012年10月 昭和薬科大学 薬学部 助教

2016年4月 昭和薬科大学 薬学部 講師

所属学協会

日本ウイルス学会

日本生体防御学会

日本分子生物学会

研究分野

ウイルス学

感染免疫学

構造生物学

  • 医学のあゆみ 梶川瑞穂, 笠原正典 MHCクラスIb分子の多様な機能 253-258 医歯薬出版株式会社 2018 
  • 薬系免疫学 改訂第3版 植田正, 前仲勝実(編) 梶川瑞穂 リンパ球の発生  南江堂 2018 9784524403516
  • 薬系免疫学 改訂第2版 植田正, 前仲勝実(編) 梶川瑞穂 リンパ球の発生  南江堂 2012 4524402969
  • ファルマシア Vol.47 No.11 梶川瑞穂 X線結晶構造が明らかにする全身麻酔薬の作用基盤/梶川瑞穂  日本薬学会 2011 
  • 生化学 第81巻 第3号 梶川瑞穂, 笠原正典 非古典的MHCクラスI分子の構造と機能 189-199 日本生化学会 2009 
  • 薬系免疫学 植田正, 前仲勝実(編) 梶川瑞穂, 前仲勝実 リンパ球の発生  南江堂 2007 4524402462
  • Annual Review 免疫 2006 奥村康, 平野俊夫, 佐藤昇志(編) 梶川瑞穂, 笠原正典 MHCクラスIbファミリーの多様性  中外医学社 2005 
  • 原著論文 Exploring the Impact of Food on the Gut Ecosystem Based on the Combination of Machine Learning and Network Visualization Shima H, Masuda S, Date Y, Shino A, Tsuboi Y, Kajikawa M, Inoue Y, Kanamoto T, Kikuchi J. Nutrients 9(12) E1307 2017 
  • 原著論文 NKG2D triggers cytotoxicity in murine epidermal γδ T cells via PI3K-dependent, Syk/ZAP70-independent signaling pathway. Ibusuki A, Kawai K, Yoshida S, Uchida Y, Nitahara-Takeuchi A, Kuroki K, Kajikawa M, Ose T, Maenaka K, Kasahara M, Kanekura T. J Invest Dermatol. 134(2) 396-404 2014 
  • 原著論文 Loss of MHC II ubiquitination inhibits the activation and differentiation of CD4 T cells. Ishikawa R, Kajikawa M, Ishido S. Int Immunol. 26(5) 283-289 2014 
  • 原著論文 Structural basis for simultaneous recognition of an O-glycan and its attached peptide of mucin family by immune receptor PILRα. Kuroki K, Wang J, Ose T, Yamaguchi M, Tabata S, Maita N, Nakamura S, Kajikawa M, Kogure A, Satoh T, Arase H, Maenaka K. Proc Natl Acad Sci U S A. 111(24) 8877-8882 2014 
  • 原著論文 The long-term immunosuppressive effects of disulfide-linked HLA-G dimer in mice with collagen-induced arthritis. Kuroki K, Hirose K, Okabe Y, Fukunaga Y, Takahashi A, Shiroishi M, Kajikawa M, Tabata S, Nakamura S, Takai T, Koyanagi S, Ohdo S, Maenaka K. Hum Immunol. 74(4) 433-438 2013 
  • 原著論文 The intertransmembrane region of Kaposi's sarcoma-associated herpesvirus modulator of immune recognition 2 contributes to B7-2 downregulation. Kajikawa M, Li PC, Goto E, Miyashita N, Aoki-Kawasumi M, Mito-Yoshida M, Ikegaya M, Sugita Y, Ishido S. J Virol. 86(9) 5288-5296 2012 
  • 原著論文 Involvement of an NKG2D ligand H60c in epidermal dendritic T cell-mediated wound repair. Yoshida S, Mohamed RH, Kajikawa M, Koizumi J, Tanaka M, Fugo K, Otsuka N, Maenaka K, Yagita H, Chiba H, Kasahara M. J Immunol. 188(8) 3972-3979 2012 
  • 総説 Silkworm baculovirus expression system for molecular medicine. Kajikawa M, Sasaki-Tabata K, Fukuhara H, Horiuchi M, Okabe Y, Maenaka K. J Biotechnol Biomater. S9 5 2012 
  • 原著論文 Molecular basis for herpesvirus entry mediator recognition by the human immune inhibitory receptor CD160 and its relationship to the cosignaling molecules BTLA and LIGHT. Kojima R, Kajikawa M, Shiroishi M, Kuroki K, Maenaka K. J Mol Biol. 413(4) 762-772 2011 
  • 総説 Silkworm expression system as a platform technology in life science. Kato T, Kajikawa M, Maenaka K, Park EY. Appl Microbiol Biotechnol. 85(3) 459-470 2010 
  • 総説 MARCH-I: a new regulator of dendritic cell function. Ishido S, Matsuki Y, Goto E, Kajikawa M, Ohmura-Hoshino M. Mol Cells. 29(3) 229-232 2010 
  • 原著論文 Contribution of lysine 11-linked ubiquitination to MIR2-mediated major histocompatibility complex class I internalization. Goto E, Yamanaka Y, Ishikawa A, Aoki-Kawasumi M, Mito-Yoshida M, Ohmura-Hoshino M, Matsuki Y, Kajikawa M, Hirano H, Ishido S. J Biol Chem. 285(46) 35311-35319 2010 
  • 原著論文 Efficient silkworm expression of human GPCR (nociceptin receptor) by a Bombyx mori bacmid DNA system. Kajikawa M, Sasaki K, Wakimoto Y, Toyooka M, Motohashi T, Shimojima T, Takeda S, Park EY, Maenaka K. Biochem Biophys Res Commun. 385(3) 375-379 2009 
  • 原著論文 Silkworm expression and sugar profiling of human immune cell surface receptor, KIR2DL1. Sasaki K, Kajikawa M, Kuroki K, Motohashi TSasaki K, Kajikawa M, Kuroki K, Motohashi T, Shimojima T, Park EY, Kondo S, Yagi H, Kato K, Maenaka K., Shimojima T, Park EY, Kondo S, Yagi H, Kato K, Maenaka K. Biochem Biophys Res Commun. 387(3) 575-580 2009 
  • 原著論文 Molecular basis for E-cadherin recognition by killer cell lectin-like receptor G1 (KLRG1). Nakamura S, Kuroki K, Ohki I, Sasaki K, Kajikawa M, Maruyama T, Ito M, Kameda Y, Ikura M, Yamamoto K, Matsumoto N, Maenaka K. J Biol Chem. 284(40) 27327-27335 2009 
  • 原著論文 Two novel NKG2D ligands of the mouse H60 family with differential expression patterns and binding affinities to NKG2D. Takada A, Yoshida S, Kajikawa M, Miyatake Y, Tomaru U, Sakai M, Chiba H, Maenaka K, Kohda D, Fugo K, Kasahara M. J Immunol. 180(3) 1678-1685 2008 
  • 原著論文 Biophysical characterization of O-glycosylated CD99 recognition by paired Ig-like type 2 receptors. Tabata S, Kuroki K, Wang J, Kajikawa M, Shiratori I, Kohda D, Arase H, Maenaka K. J Biol Chem. 283(14) 8893-8901 2008 
  • 原著論文 Homogeneous sugar modification improves crystallization of measles virus hemagglutinin. Hashiguchi T, Kajikawa M, Maita N, Takeda M, Kuroki K, Sasaki K, Kohda D, Yanagi Y, Maenaka K. J Virol Methods. 149(1) 171-174 2008 
  • 原著論文 Detection of weak ligand interactions of leukocyte Ig-like receptor B1 by fluorescence correlation spectroscopy. Kuroki K, Kobayashi S, Shiroishi M, Kajikawa M, Okamoto N, Kohda D, Maenaka K. J Immunol Methods. 320(1-2) 172-176 2007 
  • 原著論文 Crystal structure of measles virus hemagglutinin provides insight into effective vaccines. Hashiguchi T, Kajikawa M, Maita N, Takeda M, Kuroki K, Sasaki K, Kohda D, Yanagi Y, Maenaka K. Proc Natl Acad Sci U S A. 104(49) 19535-19540 2007 
  • 原著論文 Crystal structure of the human monocyte-activating receptor, "Group 2" leukocyte Ig-like receptor A5 (LILRA5/LIR9/ILT11). Shiroishi M, Kajikawa M, Kuroki K, Ose T, Kohda D, Maenaka K. J Biol Chem. 281(28) 19536-19544 2006 
  • 原著論文 MHC class I-like MILL molecules are beta2-microglobulin-associated, GPI-anchored glycoproteins that do not require TAP for cell surface expression. Kajikawa M, Baba T, Tomaru U, Watanabe Y, Koganei S, Tsuji-Kawahara S, Matsumoto N, Yamamoto K, Miyazawa M, Maenaka K, Ishizu A, Kasahara M. J Immunol. 177(5) 3108-3115 2006 

研究業績(学会発表等)

タブ区切りテキスト形式でダウンロード

  • 口頭発表 カポジ肉腫関連ヘルペスウイルス免疫回避膜タンパク質MIR2の細胞質尾部は機能的発現に必須である 梶川瑞穂, 高橋勇人, 楠陽輔, 加藤功也, 嶋秀明, 井上能博, 石戸聡 第28回日本生体防御学会学術総会 相模原 2017/06/29〜07/01
  • 口頭発表 和食固有素材を用いた統合代謝動態応答プロファイリング評価システムの構築 嶋秀明, 益田静香, 伊達康博, 伊達康博, 篠阿弥宇, 梶川瑞穂, 井上能博, 菊地淳 日本農芸化学会大会2017年度大会 京都 2017/03/17〜03/20
  • ポスター発表 和食固有素材摂食による生体応答プロファイリング 食材・摂食応答プロファイリング評価システムに基づく和食固有素材の代謝動態 益田静香, 嶋秀明, 伊達康博, 篠阿弥宇, 梶川瑞穂, 井上能博, 石戸聡, 菊地淳 第68回日本生物工学会大会 富山 2016/09/28〜09/30
  • ポスター発表 MHC class II 恒常的ユビキチン化モデルマウスの解析 小泉龍士, 嶋秀明, 梶川瑞穂, 井上能博, 石戸聡 第17回 Pharmaco-Hematology シンポジウム 東京 2016/09/03〜9/04
  • ポスター発表 ウイルスユビキチンリガーゼMIR2による免疫受容体膜貫通領域の新たな認識機構 梶川瑞穂, 加藤功也, 木村美奈子, 嶋秀明, 井上能博, 石戸聡 BMB2015 神戸 2015/12/01〜12/04
  • ポスター発表 KSHVユビキチンリガーゼMIRによる膜貫通ヘリックス間相互作用を介した免疫受容体認識の分子基盤 藏本彩, 梶川瑞穂, 木村美奈子, 嶋秀明, 井上能博, 石戸聡 BMB2015 神戸 2015/12/01〜12/04
  • ポスター発表 KSHV免疫回避分子MIR2の膜貫通領域間ループはCD86膜貫通領域を認識する 梶川瑞穂, 加藤功也, 木村美奈子, 嶋秀明, 井上能博, 石戸聡 第63回日本ウイルス学会学術集会 福岡 2015/11/22〜11/24
  • ポスター発表 Recognition mode of viral MIR E3 ubiquitin ligase-mediated targeting Satoshi Ishido, Mizuho Kajikawa, Pai-chi Li, Yuji Sugita 第44回日本免疫学会学術集会 札幌 2015/11/18〜11/20
  • ポスター発表 膜貫通型E3ユビキチンリガーゼMIRファミリーによる基質認識 梶川瑞穂, LI Pai‐Chi, 木村美奈子, 青木(川住)雅美, 水戸麻理, 宮下尚之, 杉田有治, 石戸聡 第37回日本分子生物学会年会 横浜 2014/11/25〜11/27
  • ポスター発表 KSHV免疫回避分子MIRによる免疫受容体の認識機構 梶川瑞穂, 青木雅美, Li Pai-Chi, 水戸麻理, 宮下尚之, 杉田有治, 石戸聡石戸聡 第60回日本ウイルス学会学術集会 大阪 2012/11/13〜11/15
  • ポスター発表 Substrate recognition by viral membrane-associated E3 ubiquitin ligases Mizuho Kajikawa 第35回内藤コンファレンス 札幌 2012/07/09〜07/12
  • ポスター発表 Molecular basis for immunoreceptor recognition by MIR2 ubiquitin ligase of KSHV Mizuho Kajikawa, Eiji Goto, Pai-Chi Li, Naoyuki Miyashita, Masami Aoki-Kawasumi, Mari Mito, Yuji Sugita, Satoshi Ishido IUMS2011:International Union of Microbiological Societies 2011 札幌 2011/09/11〜09/16
  • ポスター発表 カポジ肉腫関連ヘルペスウイルス免疫回避分子MIR2によるB7‐2認識の分子基盤 梶川瑞穂, 後藤栄治, LI Pai‐Chi, 宮下尚之, 青木(川住)雅美, 水戸麻理, 杉田有治, 石戸聡 第11回日本蛋白質科学会年会 大阪 2011/06/07〜06/09

競争的資金等

  • 日本科学協会 笹川科学研究助成 「膜型ユビキチンリガーゼによるユビキチン化反応のin vitro再構成」 代表者 2010
  • 日本学術振興会 科学研究費補助金(若手B) 「ヘルペスウイルス免疫回避分子MIRによる免疫受容体認識の分子基盤」 代表者 2010
  • 日本学術振興会 科学研究費補助金(若手B) 「KSHV免疫回避分子MIRによる新たな標的認識機構の分子基盤解明」 代表者 2013
  • 日本学術振興会 科学研究費補助金(基盤C) 「KSHV免疫回避膜タンパク質MIRによる標的認識機構の分子基盤解明」 代表者 2016

知的財産権

  • 特許 「核酸配列、ベクター、形質転換体、製造方法、及び、核酸配列プライマー」 特開2009-106163

ページトップへ

ページトップへ