教員

松田 真悟助教 / 博士(医学)last update : 2017.12.04

English

プロフィール

研究者名
松田 真悟(マツダ シンゴ)
所属
薬物治療学
担当科目
病態・治療実習
職位
助教
学位
博士(医学)

学歴

2008年 昭和薬科大学薬学部 卒業

2010年 千葉大学大学院医学薬学府 修士課程 修了

2013年 千葉大学大学院医学薬学府 博士課程 早期修了

 

 

 

経歴

2012年4月 日本学術振興会DC2

2013年4月 日本学術振興会PD

2014年4月 独立研究開発機構 国立精神・神経医療研究センター 神経研究所 微細構造研究部 流動研究員

2016年4月 昭和薬科大学薬学部 特任助教

 

免許・資格

  • 2008年 薬剤師免許

受賞歴

2011年 性差医療情報ネットワーク 奨励賞

2013年 第5回日本不安障害学会 最優秀演題賞

2014年 第20回脳機能とリハビリテーション研究会 優秀発表賞

2014年 日本生物学的精神医学会 2013年度後期国際学会発表奨励賞

 

 

所属学協会

Society for Neuroscience、日本神経科学学会、日本生物学的精神医学会、日本薬理学会、日本不安障害学会

 

  • 原著論文 An isolated retrieval trial before extinction session does not prevent the return of fear Ishii D, Matsuzawa D, Matsuda S, Tomizawa H, Sutoh C, Shimizu E Behavioral Brain Research 287 139-45 2015 
  • 原著論文 Transient contribution of left posterior parietal cortex to cognitive restructuring Sutoh C, Matsuzawa D, Hirano Y, Yamada M, Nagaoka S, Chakraborty S, Ishii D, Matsuda S, Tomizawa H, Ito H, Tsuji H, Obata T, Shimizu E SCIENTIFIC REPORTS 5 9199 2015 
  • 原著論文 Methyl donor-deficiency in adulescence affects memory and epigenetic status in the mouse hippocampus Tomizawa H, Matsuzawa D, Ishii D, Matsuda S, Kawai K, Mashimo Y, Sutoh C, Shimizu E Genes Brain Behavior 14(3) 301-9 2015 
  • 原著論文 Sex differences in fear extinction and involvments of extracellular signal-regulated kinase (ERK) Matsuda S, Matsuzawa D, Ishii D, Tomizawa H, Sutoh C, Shimizu E Neurobiology of Learning and Memory 123 117-124 2015 
  • 原著論文 ビスフェノールA曝露マウスの不安様行動ならびに脳内モノアミン濃度について-実験結果からみた精神障害のリスクとしてのビスフェノールA- 松田真悟, 佐二木順子 調査研究ジャーナル 3(1) 11-22 2014 
  • 原著論文 Methyl donor-deficient diet during development can affect fear and anxiety in adulthood in C57BL/6J mice Ishii D, Matsuzawa D, Matsuda S, Tomizawa H, Sutoh C, Shimizu E PLOS ONE 9(8) e105750 2014 
  • 原著論文 Effects of memory age and interval of fear extinction sessions on contextual fear extinction Matsuda S, Matsuzawa D, Ishii D, Tomizawa H, Shimizu E Neuroscience Letters 578 139-42 2014 
  • 原著論文 Perinatal exposure to bisphenol A enhances contextual fear memory and affects the serotoninergic system in juvenile female mice Matsuda S, Matsuzawa D, Ishii D, Tomizawa H, Sajiki J, Shimizu E Hormones and Behavior 63(5) 709-16 2013 
  • 総説 恐怖記憶の獲得から再発阻害まで: 時間, 回数, 時期 松田真悟 脳科学とリハビリテーション 13 41-47 2013 
  • 原著論文  A Transient Fear Reduction by Pair-Exposure with a Non-Fearful Partener during Fear Extinction Independent from Corticosterone Level in Mice Tomizawa H, Matsuzawa D, Matsuda S, Ishii D, Sutoh C, Shimizu E Journal of Behavioral and Brain Science 3 415-21 2013 
  • 総説 ビスフェノールAの周産期暴露動物は発達障害および精神疾患のモデルとなりうるか?---行動ならびに脳内モノアミン代謝からみた考察---. 佐二木順子, 松田真悟, 松澤大輔, 清水栄司 子どものこころと脳の発達 4(1) 42-52 2013 
  • 総説 恐怖の性差:疫学・画像・動物研究から 松田真悟, 松澤大輔, 清水栄司 不安障害研究 5(1) 22-30 2013 
  • 原著論文 No erasure effect of retrieval-extinction trial on fear memory in the hippocampus-independent and dependent paradigms Ishii D, Matsuzawa D, Matsuda S, Tomizawa H, Sutoh C, Shimizu E Neuroscience Letters 523(1) 76-81 2012 
  • 原著論文 Effects of perinatal exposure to low dose of bisphenol A on anxiety like behavior and dopamine metabolites in brain Matsuda S, Matsuzawa D, Ishii D, Tomizawa H, Sutoh C, Nakazawa K, Amano K, Sajiki J, Shimizu E Progress in Neuro-Psychopharmacology and Biological Psychiatry 39(2) 273-79 2012 
  • 原著論文 Enhancement of acoustic prepulse inhibition by contextual fear conditioning in mice is maintained even after contextual fear extinction Ishii D, Matsuzawa D, Fujita Y, Sutoh C, Ohtsuka H, Matsuda S, Kanahara N, Hashimoto K, Iyo M, Shimizu E Progress in Neuro-Psychopharmacology and Biological Psychiatry 34(1) 183-88 2010 
  • 原著論文 Changes in brain monoamine levels in neonatal rats exposed to bisphenol A at low doses Matsuda S, Saika S, Amano K, Shimizu E, Sajiki J Chemosphere 78(7) 894-906 2010 
  • 原著論文 d-serine enhances extinction of auditory cued fear conditioning via ERK1/2 phosphorylation in mice Matsuda S, Matsuzawa D, Nakazawa K, Sutoh C, Ohtsuka H, Ishii D, Tomizawa H, Iyo M, Shimizu E Progress in Neuro-Psychopharmacology and Biological Psychiatry 34(6) 895-902 2010 

研究業績(学会発表等)

タブ区切りテキスト形式でダウンロード

  • ポスター発表 雌マウスにおける恐怖記憶と恐怖消去の週齢差 松田真悟, 松澤大輔, 石井大典, 富澤はるな, 一戸紀孝, 須藤文和, 清水栄司 第38回日本生物学的精神医学会 福岡 2016/9/8~2016/9/10
  • ポスター発表 Sex differences in dynamics of neural activation in fear extinction 松田真悟, 一戸紀孝, 須藤文和 第39回神経科学大会 横浜 2016/7/20~2016/7/22
  • 招待講演 なぜ恐怖関連疾患の有病率は女性の方が高いのか? 松田真悟 薬物・精神・行動の会 東京 2016/6/24
  • 口頭発表 恐怖消去トレーニングに伴う神経活性変動の性差 松田真悟, 一戸紀孝, 清水栄司, 須藤文和 第37回国立精神・神経医療研究センター神経研究所発表会 東京 2016/03/15~2016/03/16
  • ポスター発表 Transgenerational effects of methyl donors deficient diets in mice: paternal methyl donors deficient diets during development can affect fear susceptibility in male offspring mice 佐原佑治, 松澤大輔, 渡邊統, 石井大典, 松田真悟, 須藤千尋, 清水栄司 第38回日本神経科学大会 神戸 2015/07/28~2015/07/31
  • ポスター発表 恐怖消去の性差に関与する遺伝子と環境因子 松田真悟, 松澤大輔, 富澤はるな,清水栄司, 一戸紀考, 須藤文和 第36回国立精神・神経医療研究センター神経研究所発表会 東京 2015/03/05~2015/03/06
  • ポスター発表 連日の恐怖消去トレーニングが恐怖の再発に与える影響の性差 松田真悟, 松澤大輔, 石井大典, 富澤はるな, 須藤千尋, 清水栄司 第36回日本生物学的精神医学会 奈良 2014/09/29~2014/10/01
  • ポスター発表 Methyl donors deficient during developmental period affected memory and AMPA receptor gene expression 富澤はるな, 松澤大輔, 石井大典, 松田真悟, 河合琴美, 須藤千尋, 清水栄司 第37回日本神経科学大会 横浜 2014/09/11~2014/09/13
  • ポスター発表 Sex differences in an activation of extracellular signal-regulated kinase (ERK) following contextual fear extinction 松田真悟, 松澤大輔, 石井大典, 富澤はるな, 清水栄司 第37回日本神経科学大会 横浜 2014/09/11~2014/09/13
  • ポスター発表 恐怖消去学習におけるN-メチル-D-アスパラギン酸(NMDA)受容体のメス特異的な役割 松田真悟, 松澤大輔, 石井大典, 富澤はるな, 清水栄司 第21回脳機能とリハビリテーション研究会学術大会 千葉 2014/04/20
  • ポスター発表 Functional and structural representation of cognitive restructuring  Sutoh C, Matsuzawa D, Hirano Y, Yamada M, Nagaoka S, Ishii D, Matsuda S, Tomizawa H, Ito H, Tsuji H, Obata T, Shimizu E Society for Neuroscience Annual Meeting 2013 San Diego 2013/09/09~2013/09/13
  • ポスター発表 Sex differences in effect of consecutive fear extinction on spontaneous recovery  Matsuda S, Matsuzawa D, Ishii D,Tomizawa H, Sutoh C, Shimizu E Society for Neuroscience Annual Meeting 2013 San Diego 2013/09/09~2013/09/13
  • ポスター発表 Long-term methyl donors deficit impairs long-term memory 富澤はるな, 松澤大輔, 石井大典, 松田真悟, 須藤千尋, 清水栄司 第36回日本神経科学大会 京都 2013/06/20~2013/06/23
  • ポスター発表 Effect of brain development during adolescence on spontaneous recovery of contextual fear memory 石井大典, 松澤大輔, 松田真悟, 富澤はるな, 須藤千尋, 清水栄司 第36回日本神経科学大会 京都 2013/06/20~2013/06/23
  • ポスター発表 Effects of adult ovariectomy on fear extinction and recovery 松田真悟, 松澤大輔, 石井大典, 富澤はるな, 清水栄司 第36回日本神経科学大会 京都 2013/06/20~2013/06/23
  • 口頭発表 D-セリン投与時期による恐怖消去トレーニング増強効果の差異 松田真悟, 松澤大輔, 石井大典, 富澤はるな, 清水栄司 第20回脳機能とリハビリテーション研究会学術大会 千葉 2013/04/21
  • ポスター発表 恐怖記憶の性差 松田真悟, 松澤大輔, 石井大典, 富澤はるな, 清水栄司 第5回日本不安障害学会 札幌 2013/02/02~2013/02/03
  • ポスター発表 A dynamic fMRI study of restructuring cognitive schema for dirtiness  Sutoh C, Matsuzawa D, Hirano Y, Shakraborty S, Ishii D, Matsuda S, Tomizawa H, Obata T, Shimizu E Society for Neuroscience Annual Meeting 2012 New Orleans 2012/10/13~2012/10/17
  • ポスター発表 Effects of methyl donors deficient diet on cognitive functions  Tomizawa H, Matsuzawa D, Ishii D, Matsuda S, Sutoh C, Shimizu E Society for Neuroscience Annual Meeting 2012 New Orleans 2012/10/13~2012/10/17
  • ポスター発表 Effect of brain development during adolescence on recovery of fear  Ishii D, Matsuzawa D, Matsuda S, Tomizawa H, Sutoh C, Shimizu E Society for Neuroscience Annual Meeting 2012 New Orleans 2012/10/13~2012/10/17
  • ポスター発表 Sex differences in fear extinction under isolation stress.  Matsuda S, Matsuzawa D, Ishii D,Tomizawa H, Sutoh C, Shimizu E Society for Neuroscience Annual Meeting 2012 New Orleans 2012/10/13~2012/10/17
  • ポスター発表 Effects of non-fearful partner on fear extinction memory and corticosterone level 富澤はるな, 松澤大輔, 松田真悟, 石井大典, 須藤千尋, 清水栄司 第35回日本神経科学大会 名古屋 2012/09/18~2012/09/21
  • ポスター発表 No erasure effect of retrieval-extinction trial on fear memory 石井大典, 松澤大輔, 松田真悟, 富澤はるな, 須藤千尋, 清水栄司 第35回日本神経科学大会 名古屋 2012/09/18~2012/09/21
  • ポスター発表 Sex differences in effect of repeated fear extinction 松田真悟, 松澤大輔, 石井大典, 富澤はるな, 須藤千尋, 清水栄司 第35回日本神経科学大会 名古屋 2012/09/18~2012/09/21
  • ポスター発表 周産期でのビスフェノールA暴露が雌特異的に恐怖記憶を促進する 松田真悟, 佐二木順子, 石井大典, 富澤はるな, 松澤大輔, 天野恵子, 清水栄司 第5回性差医学・医療学会学術集会 東京 2012/02/04~2012/02/05
  • ポスター発表 Persistent fear relief effect of social buffering in fear conditioned mice  Tomizawa H, Matsuzawa D, Ishii D, Matsuda S, Shimizu E Society for Neuroscience Annual Meeting 2011  Washington, DC 2011/11/12~2011/11/16
  • ポスター発表 The sex differences in spontaneous recovery of fear memory  Matsuda S, Matsuzawa D, Ishii D,Tomizawa H, Shimizu E Society for Neuroscience Annual Meeting 2011  Washington, DC 2011/11/12~2011/11/16
  • ポスター発表 Erasure effects of an isolated retrieval trial on fear memory in hippocampus-dependent fear renewal paradigm.  Ishii D, Matsuzawa D, Matsuda S, Tomizawa H, Sutoh C, Nakazawa K, Shimizu E Society for Neuroscience Annual Meeting 2011  Washington, DC 2011/11/12~2011/11/16
  • ポスター発表 The sex differences in recovery of fear memory 松田真悟, 松澤大輔, 石井大典, 富澤はるな, 須藤千尋, 中澤 健, 清水栄司 第34回日本神経科学大会 横浜 2011/09/14~2011/09/17
  • ポスター発表 Methyl donor deficient diet during the developmental period changes gene expressions patterns of NMDA receptor subtypes in adults 石井大典, 松澤大輔, 松田真悟, 富澤はるな, 須藤千尋, 清水栄司 第34回日本神経科学大会 横浜 2011/09/14~2011/09/17
  • ポスター発表 恐怖条件づけマウスにおける社会的緩衝効果の持続  富澤はるな, 松澤大輔, 須藤千尋, 石井大典, 松田真悟, 佐藤裕貴, 清水栄司 第33回日本生物学的精神医学会 東京 2011/05/21~2011/05/22
  • ポスター発表 発達期メチルドナー欠乏食による情動発現への影響  石井大典, 松澤大輔, 松田真悟, 富澤はるな, 佐藤裕貴, 須藤千尋, 清水栄司 第33回日本生物学的精神医学会 東京 2011/05/21~2011/05/22
  • 口頭発表 雌マウスの恐怖記憶は消去しにくい 松田真悟, 松澤大輔, 須藤千尋, 石井大典, 富澤はるな, 佐藤裕貴, 中澤健, 清水栄司 第33回日本生物学的精神医学会 東京 2011/05/21~2011/05/22
  • ポスター発表 Effects of perinatal exposure to low dose of bisphenol A on the male mice 松田真悟, 佐二木順子, 松澤大輔, 中澤健, 天野恵子, 清水栄司 第84回日本薬理学会年会 横浜 2011/03/22~2011/03/24
  • ポスター発表 周産期の低濃度BPA暴露が仔の脳内ドパミン代謝に与える影響について 松田真悟, 佐二木順子, 天野恵子, 清水栄司 第4回性差医学・医療学会学術集会 東京 2011/02/05~2011/02/06

競争的資金等

  • 日本学術振興会 特別研究員奨励費 「性差を考慮した外傷後ストレス障害の治療法の確立」 代表者 2012年
  • 公益財団法人浦上食品・食文化振興財団 研究助成 「メチルドナー補給による恐怖消去促進効果の検討」 分担者 2013年
  • 日本学術振興会 若手研究(B) 「恐怖消去の脆弱性と脳の性別を結ぶ分子機構の解明とその応用」 代表者 2014年
  • 日本学術振興会 若手研究(B) 「恐怖記憶の再燃予防に関わる神経回路の解明」 代表者 2016年
  • 文部科学省 コバレント修飾リサーチ若手助成 「恐怖消去抵抗性を担うExtracellular signal-regulated kinase (ERK)シグナル調節機構の解明」 代表者 2016年

ページトップへ

ページトップへ