教員

山崎 浩史教授 / 博士(薬学)last update : 2018.05.15

English

プロフィール

研究者名
山崎 浩史(ヤマザキ ヒロシ)
所属
薬物動態学研究室
担当科目
薬物動態、個別化治療、医薬品相互作用
職位
教授
学位
博士(薬学)

学歴

1985年3月 薬学修士(岐阜薬科大学)、1992年2月 博士(薬学)(大阪大学)環境発癌性物質の代謝的活性化におけるチトクロームP-450酵素の役割に関する研究

経歴

1986年4月岐阜薬科大学助手,1987年11月大阪府立公衆衛生研究所研究員,1997年4月同主任研究員、1998年7月金沢大学薬学部助教授、2001年7月北海道大学大学院薬学研究科助教授、2005年4月より現職、2015年4月ー2017年3月本学大学院薬学研究科研究科長

受賞歴

平成12年度 日本薬学会奨励賞、平成17年度 日本薬物動態学会奨励賞、平成20年度 日本薬物動態学会JSSX Felllow、平成26年度 日本薬物動態学会学会賞

所属学協会

日本薬学会,日本癌学会,日本薬物動態学会,日本臨床薬理学会、日本毒性学会、国際薬物動態学会,米国薬理実験治療学会、米国化学会、トキシコロジー学会、米国臨床薬理学会など。

日本薬物動態学会代議員(評議員)(2000年~)、Felllow (2008~)、理事(2010~2017)、DMPK編集委員長(2014-2017)、副会長(2016~2017)、会長(2017~2019)、日本薬学会代議員(2008~)、日本臨床薬理学会社員(評議員)(2008~)、International Society of Study of Xenobiotics, Membership Committee member (2008-2010), Nomination Committee member (2010, 2016-2019), Council member (2011-2014).

研究分野

薬物代謝学、薬物動態学

  • 製剤学 改訂第7版 山崎浩史 6-3 薬物の代謝 309-324 南江堂 2017 
  • 医療薬学 V.薬物治療に役立つ情報、第III部 個別化医療 山崎浩史 第10章 遺伝的素因 213-223 東京化学同人 2017 
  • Comprehensive Medicinal Chemistry III: ADME and Toxicology Yamazaki, H. Drug Metabolizing Enzyme Systems I 45-50 Elsevier 2017 9780128032008
  • 演習と解説 薬物動態学 山崎浩史、夏目秀視、橋爪孝典 編著 山崎浩史 第6章 TDM (Therapeutic Drug Monitoring)と投与設計  廣川書店 2016 
  • 月刊薬事2016年1月臨時増刊号「臨床の疑問に答える がん薬物療法アップデート」 清水万紀子、山崎浩史 抗がん薬と薬物代謝酵素 398-407 じほう 2016 
  • Advances in Medicine and Biology, Vol. 93 Yamazaki, H., Chowdhury, G. and Guengerich, F.P. Activation of Thalidomide to Reactive Metabolites by Autoinduced Human Cytochrome P450 3A Enzymes, with Substrate Cooperativity, and Implications for Development of Analogs. 23-30 Nova Science Publishers, Inc,  2016 
  • 「第5版 衛生化学 -環境と健康-」 山崎浩史 9.1.4.異物代謝の機構 355-362 丸善 2015 
  • 「生物薬剤学 改訂第3版」  山崎浩史 薬物代謝反応の過程、薬物代謝反応部位と薬物代謝酵素 95-106 南江堂 2015 
  • Fifty Years of Cytochrome P450 Research, ed.  Hiroshi Yamazaki Chapter 17 Species,Ethnic,and Individual Differences in Human Drug-Metabolizing Cytochrome P450 Enzymes 293-305 Springer 2014 
  • 「薬物動態学第二版」 山崎浩史  第4章「代謝」 81-105 廣川書店 2014 

研究業績(学会発表等)

タブ区切りテキスト形式でダウンロード

  • 特別講演・シンポジウム Representative phthalate pharmacokinetics in chimeric mice with humanized liver Hiroshi Yamazaki Green Plasticizer Development Forum 2016 Shanghai 2016/04/23~2016/04/25
  • ポスター発表 抗てんかん薬オクスカルバゼピンの代謝酵素誘導能に関する研究 黒木彩加、村山典恵、杉山育男、岩野俊介、山崎浩史、廣田孝司 日本薬学会第136年会 横浜 2016/03/26~2016/03/29
  • ポスター発表 向精神病薬カルバマゼピンがもたらすヒトP4503A酵素との薬物相互作用 村山典恵、倉林優貴、日川美紀子、大久保真穂、山崎浩史 日本薬学会第136年会 横浜 2016/03/26~2016/03/29
  • ポスター発表 日本人におけるトリメチルアミン尿症の一因となる新規フラビン含有モノオキシゲナーゼ3ハプロタイプの解析 牧野美紀、清水万紀子、徳山瑛美、梶谷綾、渡邊碧、山崎浩史 日本薬学会第136年会 横浜 2016/03/26~2016/03/29
  • ポスター発表 日本人におけるトリメチルアミン尿症の原因となる新規フラビン含有モノオキシゲナーゼ3遺伝子変異の解析 徳山瑛美、清水万紀子、牧野美紀、梶谷綾、渡邊碧、山崎浩史 日本薬学会第136年会 横浜 2016/03/26~2016/03/29
  • ポスター発表 ヒト肝細胞移植マウスおよびマーモセット生理学的薬物動態モデルを活用したチトクロムP450カクテル基質のヒト血中濃度推移予測 清水万紀子、三井満里奈、河野未来、上原正太郎、宇野泰広、鵜藤雅裕、井上貴史、佐々木えりか、末水洋志、山崎浩史 日本薬学会第136年会 横浜 2016/03/26~2016/03/29
  • ポスター発表 新規マーモセットP450 2J酵素の同定および機能解析 上原正太郎、岡本絵里子、宇野泰広、井上貴史、佐々木えりか、山崎浩史 日本薬学会第136年会 横浜 2016/03/26~2016/03/29
  • 口頭発表 マーモセット肝のワルファリン酸化的代謝の立体選択性 河野未来、上原正太郎、石井さくら、宇野泰広、井上貴史、鵜藤雅裕、佐々木えりか、山崎浩史 日本薬学会第136年会 横浜 2016/03/26~2016/03/29
  • ポスター発表 マーモセットあるいはカニクイザル肝細胞を用いた薬物暴露によるチトクロムP450誘導の評価 鈴木貴子、上原正太郎、村山典恵、宇野泰広、矢島加奈子、鵜藤雅裕、井上貴史、佐々木えりか、山崎浩史 日本薬学会第136年会 横浜 2016/03/26~2016/03/29
  • ポスター発表 マーモセットおよびカニクイザル小腸P450酵素によるエバスチン酸化的代謝 上原正太郎、結城友香子、宇野泰広、井上貴史、佐々木えりか、山崎浩史 日本薬学会第136年会 横浜 2016/03/26~2016/03/29
  • ポスター発表 An Association between Plasma and Urinary Levels of Trimethylamine-N-oxide(TMAO) and Metabolic Factors in a Population of Community-dwelling Japanese. Ako Fukami, Hisashi Adachi, Mika Enomoto, Eita Kumagai, Sachiko Nakamura, Yume Nohara, Erika Nakao, Nagisa Morikawa, Tomoko Tsuru, Hiroshi Yamazaki, Kei Fukami, and Yoshihiro Fukumoto 第80回日本循環器学会学術集会 仙台 2016/03/18~2016/03/20
  • 特別講演・シンポジウム ヒト放射線内部被曝線量評価の実際およびAPDDの提案 池田敏彦、村山典恵、山崎浩史 北里-APDD合同シンポジウム -ヒトRI試験の実施指針- 東京 2016/03/14
  • 特別講演・シンポジウム 薬物代謝酵素の多型と代謝物に民族差を生ずる可能性-日本人におけるヒトRI試験の重要性-  山崎浩史 北里-APDD合同シンポジウム -ヒトRI試験の実施指針- 東京 2016/03/14
  • ポスター発表 In Vivo Model for Predicting Organophosphate Toxicity using Humanized-Liver TK-NOG Mouse Hiroshi Suemizu, Miyuki Kuronuma, Kenji Kawai, Norie Murayama, Masato Nakamura and Hiroshi Yamazaki The Society of Toxicology 55th Annual Meeting New Orleans, USA 2016/03/13~2016/03/17
  • 口頭発表 ニコチン代謝酵素チトクロム P450 2A6 野生型および全欠損型遺伝子判定法の比較 岸本いずみ、清水万紀子、梶谷綾、山崎浩史 第70回聖マリアンナ医科大学医学会学術集会 川崎 2016/03/12
  • 特別講演・シンポジウム Metabolic Activation of Xenobiotics by Polymorphic Drug-metabolizing Enzymes Hiroshi Yamazaki The 13th Asia Pacific Federation of Pharmacologist Meeting (APFP) Thailand 2016/02/01~2016/02/03
  • 特別講演・シンポジウム ヒト薬物動態予測を目指したサル、マーモセットとヒト肝細胞移植マウスの活用研究 山崎浩史 第38 回 薬物動態談話会年会 浜松 2015/11/30~2015/12/01
  • ポスター発表 腎機能障害時における薬物間相互作用の予測:DPP-4阻害薬 テネリアを例として 清水秀俊、仲丸善喜、山崎浩史、久米俊行 第25回日本医療薬学会年会 横浜 2015/11/21~2015/11/23
  • 特別講演・シンポジウム Comparison of drug oxidations in humans, primates, and rodents Hiroshi Yamazaki 30th JSSX Annual Meeting 東京 2015/11/12~2015/11/14
  • 特別講演・シンポジウム Flavin-containing monooxygenase 3: Individual differences and drug interactions Makiko Shimizu and Hiroshi Yamazaki 30th JSSX Annual Meeting 東京 2015/11/12~2015/11/14
  • ポスター発表 Functional polymer-dependent 3D culture accelerates the differentiation of HepaRG cells into mature hepatocytes Yuichiro Higuchi, Kenji Kawai, Tatsuro Kanaki, Hiroshi Yamazaki, Chesne Cristophe, Guguen-Guillouzo Christiane, Hiroshi Suemizu 30th JSSX Annual Meeting 東京 2015/11/12~2015/11/14
  • ポスター発表 Pharmacokinetics of efavirenz after oral and intravenous administration of efavirenz to genotypedcynomolgus monkeys Yusuke Kitsugi, Kanami Ikeda, Atsushi Matsuoka, Takaaki Tokunaga, Natsumi Tomida, Haruka Shirosawa, Takahiro Yoshikawa, Yasuhiro Uno, Kazuhide Iwasaki, Masahiro Utoh, Hiroshi Yamazaki, Shinya Hosaka 30th JSSX Annual Meeting 東京 2015/11/12~2015/11/14
  • ポスター発表 Comparison of catalytic properties in cytochrome P450 3A4 and 3A5 for various compounds including endogenous steroid hormones by molecular docking simulation Toshiro Niwa, Norie Murayama, Yurie Imagawa, Hiroshi Yamazaki 30th JSSX Annual Meeting 東京 2015/11/12~2015/11/14
  • ポスター発表 Time-dependent inhibition of OATP-mediated transport by cyclosporine A is reproduced in cynomolgus monkeys Tsuyoshi Takahashi, Tatsuyuki Ohtsuka, Yasuhiro Uno, Hiroshi Yamazaki, Toshiyuki Kume 30th JSSX Annual Meeting 東京 2015/11/12~2015/11/14
  • ポスター発表 Induction of drug metabolizing enzymes by thalidomide dependent on pregnane X receptor (PXR) in human livers as evident using PXR-knockout HepaRG cells Norie Murayama, Kanako Yajima, and Hiroshi Yamazaki 30th JSSX Annual Meeting 東京 2015/11/12~2015/11/14
  • ポスター発表 Analysis of cytochrome P450 regulators in cynomolgus macaque Yasuhiro Uno and Hiroshi Yamazaki 30th JSSX Annual Meeting 東京 2015/11/12~2015/11/14
  • ポスター発表 Cytochrome P450-dependent warfarin and caffeine metabolism in marmosets, monkeys, and humans Hiroshi Yamazaki, Shotaro Uehara, Yasuhiro Uno, and Erika Sasaki 20th North American ISSX Meeting Orlando, USA 2015/10/18~2015/10/22
  • ポスター発表 マーモセット肝のワルファリン代謝の解析 河野未来、上原正太郎、宇野泰広、鵜藤雅裕、佐々木えりか、山崎浩史 第59回日本薬学会関東支部大会 東京 2015/09/12
  • ポスター発表 マーモセット肝のカフェイン代謝経路の解析 鈴木貴子、上原正太郎、宇野泰広、鵜藤雅裕、佐々木えりか、山崎浩史 第59回日本薬学会関東支部大会 東京 2015/09/12
  • 特別講演・シンポジウム Human Drug Metabolism by Cytochrome P450 Enzymes Hiroshi Yamazaki 2nd Symposium of SPU Innovative Project for Pharmaceutical Analyses of Covalent Modification in Biomolecules 東京 2015/09/01
  • 特別講演・シンポジウム カニクイザルにおけるチトクロムP450とグルクロン酸転移酵素の解析 宇野泰広、山崎浩史 第42回日本毒性学会学術集会 金沢 2015/06/29~2015/07/01
  • 特別講演・シンポジウム 実験動物およびヒトの薬物酸化酵素活性の比較 山崎浩史、宇野泰広 第42回日本毒性学会学術集会 金沢 2015/06/29~2015/07/01
  • 口頭発表 日本人のトリメチルアミン尿症に関する大規模調査 千葉布季子、清水万紀子、牧野美紀、三觜菜々子、友田沙也加、山崎浩史 第69回聖マリアンナ医科大学医学会学術集会 川崎 2015/06/27
  • 口頭発表 血液透析患者におけるFMD値とtrimethylamine-N-oxide、心血管病変との検討 西谷光広、上出亜希子、後藤厚子、武田麻有里、寺中久代、森内則子、山森満寿美、保志場紀子、澤﨑真由美、上田律子、大門正一郎、清水万紀子、山崎浩史 第60回日本透析医学会学術集会 横浜 2015/06/26~2016/06/28
  • ポスター発表 当クリニックにおける魚臭症候群の一例を経験して 森内則子、西谷光広、澤﨑真由美、保志場紀子、山森満寿美、寺中久代、武田麻有里、後藤厚子、上出亜希子、上田律子、大門正一郎、清水万紀、山崎浩史 第60回日本透析医学会学術集会 横浜 2015/06/26~2016/06/28
  • ポスター発表 Comprehensive evaluation for substrate selectivity of cynomolgus monkey cytochrome P450 2C enzymes Shinya Hosaka, Norie Murayama, Masahiro Satsukawa, Shotaro Uehara, Makiko Shimizu, Kazuhide Iwasaki, Shunsuke Iwano, Yasuhiro Uno, Hiroshi Yamazaki 19th International Conference on Cytochrome P450 東京 2015/06/12~2015/06/15
  • ポスター発表 Human cytochromes P450-mediated regioselective hydroxylation of steroid hormones Toshiro Niwa, Norie Murayama, Yurie Imagawa, and Hiroshi Yamazaki 19th International Conference on Cytochrome P450 東京 2015/06/12~2015/06/15
  • ポスター発表 Identification and analysis of CYP2B6 variants in cynomolgus and rhesus macaques Yasuhiro Uno, Shotaro Uehara, and Hiroshi Yamazaki 19th International Conference on Cytochrome P450 東京 2015/06/12~2015/06/15
  • ポスター発表 Molecular cloning, expression and functional characterization of marmoset cytochrome P450 2A6  Shotaro Uehara, Yasuhiro Uno, Norie Murayama, Makiko Shimizu, Hiroshi Yamazaki 19th International Conference on Cytochrome P450 東京 2015/06/12~2015/06/15
  • ポスター発表 Mutations of flavin-containing monooxygenase 3 (FMO3) gene responsible for trimethylaminuria Makiko Shimizu and Hiroshi Yamazaki 19th International Conference on Cytochrome P450 東京 2015/06/12~2015/06/15
  • ポスター発表 The modulation of physiological condition for expression of P450s in differential cryopreserved HepaRG cells Norie Murayama, Kanako Yajima, Hiroshi Yamazaki 19th International Conference on Cytochrome P450 東京 2015/06/12~2015/06/15
  • ポスター発表 In Vivo R/S-Warfarin Metabolism Mediated by Polymorphic P450 2C19 in Cynomolgus Monkeys Masahiro Utoh, Takahiro Yoshikawa, Makiko Shimizu, Kazuhide Iwasaki, Yasuhiro Uno, Hiroshi Yamazaki 19th International Conference on Cytochrome P450 東京 2015/06/12~2015/06/15
  • 特別講演・シンポジウム 多型と麻酔薬の体内動態 山崎浩史 日本麻酔科学会 第62 回学術集会 神戸 2015/05/28~2015/05/30
  • ポスター発表 薬物代謝型cytochrome P450及びステロイド代謝酵素によるステロイド代謝 丹羽俊朗、村山典恵、今川友里恵、山崎浩史 日本薬剤学会第30年会 長崎 2015/05/21~2015/05/23
  • ポスター発表 Cytochrome P450 (CYP、P450) 3A4及びCYP3A5を含むヒト代謝型P450に対する各種抗真菌薬の相互作用 今川友里恵、村山典恵、山崎浩史、丹羽俊朗 日本薬学会第135年会 神戸 2015/03/25~2015/03/28
  • ポスター発表 Cytochrome P450 (CYP、P450) 3A4及びCYP3A5を含む各種ヒトP450によるステロイド代謝 丹羽俊朗、村山典恵、今川友里恵、山崎浩史 日本薬学会第135年会 神戸 2015/03/25~2015/03/28
  • ポスター発表 カニクイザル生理学的薬物動態モデルを活用したチトクロム P450 カクテル基質のヒト血中濃度推移予測 志田聡美、村山典恵、清水万紀子、鵜藤雅裕、宇野泰広、山崎浩史 日本薬学会第135年会 神戸 2015/03/25~2015/03/28
  • 口頭発表 サリドマイド 1 次および 2 次酸化的代謝に関与するチトクロム P450 の種差 西山咲弥子、清水万紀子、上原正太郎、宇野泰広、山崎浩史 日本薬学会第135年会 神戸 2015/03/25~2015/03/28
  • ポスター発表 日本人トリメチルアミン尿症の大規模詳細調査 千葉布季子、清水万紀子、徳山瑛美、牧野美紀、山崎浩史 日本薬学会第135年会 神戸 2015/03/25~2015/03/28
  • 口頭発表 サリドマイドによるヒトP450酵素自己誘導機構に及ぼす要因 村山典恵、矢島加奈子、柴田哲男、鵜藤雅裕、山崎浩史 日本薬学会第135年会 神戸 2015/03/25~2015/03/28
  • 口頭発表 カニクイザルシトクロムP450 2C9の 基質特異性に関する検討 保坂信哉、村山典恵、薩川正広、上原正太郎、清水万紀子、岩﨑一秀、岩野俊介、宇野泰広、山崎浩史 日本薬学会第135年会 神戸 2015/03/25~2015/03/28
  • 口頭発表 チトクロム P450 2A6 野生型と全欠損型遺伝子の迅速判定法 清水万紀子、岸本いずみ、小山智生、澤谷怜、山崎浩史 日本薬学会第135年会 神戸 2015/03/25~2015/03/28
  • ポスター発表 抗精神病薬オランザピン投与日本人患者における血漿中薬物濃度の個人差 大久保真穂、成田桃子、村山典恵、森田翔子、中村浩也 、清水万紀子、秋元洋一、後藤晶子、○山崎浩史 日本薬学会第135年会 神戸 2015/03/25~2015/03/28
  • 口頭発表 抗精神病薬リスペリドン投与日本人患者における血漿中薬物濃度の個人差 大久保真穂、村山典恵、森田翔子、森亜沙美、倉林優貴、秋元洋一、後藤晶子、山崎浩史 日本薬学会第135年会 神戸 2015/03/25~2015/03/28
  • 特別講演・シンポジウム マーモセット、カニクイザルおよびヒトの薬物酸化酵素活性の比較 山崎浩史、上原正太郎、宇野泰広 第4回日本マーモセット研究会大会 犬山 2015/01/22~2015/01/23
  • 口頭発表 日本人のトリメチルアミン尿症の一因となるフラビン含有モノオキシゲナーゼ3遺伝子変異の解析 伊熊鞠佳、清水万紀子、三觜菜々子、友田沙也加、山崎浩史 第68回聖マリアンナ医科大学医学会学術集会 川崎 2014/12/11~2014/12/12
  • 口頭発表 レボカルニチン製剤を使用した透析患者の血中トリメチルアミン濃度 山崎 浩史、清水万紀子、小篠 榮 第35回日本臨床薬理学会年会 松山 2014/12/04~2014/12/06
  • 口頭発表 日本人集団から見出されたトリメチルアミン尿症の原因となるフラビン含有酸素添加酵素3遺伝子多型 清水万紀子、折口裕美、伊熊鞠佳、三觜菜々子、友田沙也加、山崎浩史 第35回日本臨床薬理学会年会 松山 2014/12/04~2014/12/06
  • ポスター発表 Comparison of pharmacokinetics parameters of cytochrome P450 probe substrates in humans, mice, rats, dogs, monkeys, and microminipigs Chizuka Sakai, Shunsuke Iwano, Yuri Yamazaki, Akihiro Ando, Hiroshi Yamazaki, Yohei Miyamoto 19th North American ISSX/ 29th JSSX Annual Meeting San Francisco 2014/10/19~2015/10/23
  • ポスター発表 Warfarin metabolism mediated by polymorphic P450 2C19 in cynomolgus monkeys Hiroshi Yamazaki, Yasuhiro Uno, Mitsunori Shukuya, Takahiro Yoshikawa, Yasuka Matsumoto, Akinori Matsushita, Norie Murayama, Koichiro Fukuzaki, Masahiro Utoh 19th North American ISSX/ 29th JSSX Annual Meeting San Francisco 2014/10/19~2015/10/23
  • ポスター発表 Genetic polymorphisms in flavin-containing monooxygenase 3 (FMO3) gene responsible for trimethylaminuria in a Japanese population Makiko Shimizu, Hiroshi Yamazaki 19th North American ISSX/ 29th JSSX Annual Meeting San Francisco 2014/10/19~2015/10/23
  • ポスター発表 Roles of auto-induction of human P450 3A enzymes involved in the teratogenicity of thalidomide Norie Murayama, Christophe Chesné, F. Peter Guengerich, Hiroshi Yamazaki 19th North American ISSX/ 29th JSSX Annual Meeting San Francisco 2014/10/19~2015/10/23
  • ポスター発表 Oxidative metabolism of 1-methyl-4-phenyl-1,2,3,6-tetrahydropyridine (MPTP) by liver and brain microsomes from common marmosets Shotaro Uehara, Norie Murayama, Makiko Shimizu, Takashi Inoue, Erika Sasaki, Hiroshi Yamazaki 19th North American ISSX/ 29th JSSX Annual Meeting San Francisco 2014/10/19~2015/10/23
  • ポスター発表 Effects of CYP2D6 and CYP3A5 genotypes and co-administrated drugs on the metabolic clearance of antidepressant mirtazapine Maho Okubo, Norie Murayama, Jun Miura, Yasuji Chiba, Hiroshi Yamazaki 19th North American ISSX/ 29th JSSX Annual Meeting San Francisco 2014/10/19~2015/10/23
  • 特別講演・シンポジウム Metabolic activation and fate of xenobiotics determined by polymorphic drug-metabolizing enzymes. Hiroshi Yamazaki 19th North American ISSX/ 29th JSSX Annual Meeting San Francisco 2014/10/19~2015/10/23
  • 特別講演・シンポジウム Reactive metabolite formation of drugs by human P450s in chimeric mice with humanized liver. Hiroshi Yamazaki 19th North American ISSX/ 29th JSSX Annual Meeting San Francisco 2014/10/19~2015/10/23
  • ポスター発表 レボカルニチン投与時の透析患者におけるトリメチルアミンおよび N -酸化体の体内運命の検討 小泉綾乃、若林あかり、清水万紀子、小篠榮、山崎浩史 第58回日本薬学会関東支部大会 東京 2014/10/04
  • ポスター発表 抗うつ薬ミルタザピンの代謝消失に関わる薬物代謝酵素 森亜沙美、大久保真穂、成田桃子、森田翔子、村山典恵、三浦淳、千葉泰二、山崎浩史 第58回日本薬学会関東支部大会 東京 2014/10/04
  • 口頭発表 サリドマイド代謝的活性化における霊長類チトクロム P450 の役割 西山咲弥子、清水万紀子、上原正太郎、宇野泰広、山崎浩史 第58回日本薬学会関東支部大会 東京 2014/10/04
  • ポスター発表 ヒト肝移植マウスを活用した生理学的薬物動態モデルによるフタル酸ビス2エチルヘキシルのヒト体内動態予測 安達昂一郎、宮口貴守、村山典恵、末水洋志、山崎浩史 第58回日本薬学会関東支部大会 東京 2014/10/04
  • ポスター発表 薬局の大規模データを用いたジクロフェナク局所皮膚適用製剤の副作用発現とリスク因子に関する検討 大山勝宏、高橋真二、福岡勝志、清水万紀子、山崎浩史 第24回日本医療薬学会年会 名古屋 2014/09/27~2014/09/28
  • ポスター発表 Drug interaction of antifungal agents against cytochrome P450s Toshiro Niwa, Yurie Imagawa, Motohiro Yasumura, Norie Murayama, Hiroshi Yamazaki 12th International Symposium on Cytochrome P450 Biodiversity & Biotechnology 京都 2014/09/24~2014/09/28
  • 口頭発表 ヒト肝細胞HepaRGにおける環境化学物質の細胞毒性と薬物代謝酵素誘導能について 曽根秀子、村山典恵、王文龍、曾洋、南齋ひろ子、曾勤、山崎浩史 フォーラム2014 衛生薬学・環境トキシコロジー つくば 2014/09/19~2014/09/20
  • 口頭発表 カニクイザル硫酸転移酵素の同定・解析 宇野泰広、村山典恵、山崎浩史 第157回日本獣医学会学術集会 札幌 2014/09/09~2014/09/12
  • 口頭発表 代謝酵素遺伝子多型および併用薬が抗うつ薬ミルタザピンの代謝消失に及ぼす影響 森田翔子、大久保真穂、森亜沙美、村山典恵、三浦淳、千葉泰二、山崎浩史 第67回聖マリアンナ医科大学医学会学術集会 川崎 2014/07/10~2014/07/11
  • 特別講演・シンポジウム 安全性評価を支える薬物動態試験のあり方 山崎浩史 第41回日本毒性学会学術集会 神戸 2014/07/02~2014/07/04
  • ポスター発表 カニクイザルの小腸におけるUDP-グルクロン酸転移酵素活性の性差、産地差および部位差 中西康晴、中村稚加、岩崎一秀、鵜藤雅裕、山崎浩史、宇野泰広 第41回日本毒性学会学術集会 神戸 2014/07/02~2014/07/04
  • 特別講演・シンポジウム レボカルニチンを使う透析患者さんの体臭を科学する-個の医療- 山崎浩史 医療薬学フォーラム2014/第22回クリニカルファーマシーシンポジウム 東京 2014/06/28~2014/06/29
  • ポスター発表 透析患者のレボカルニチン(LC)投与時における内服薬と注射薬の血中トリメチルアミン(TMA)及びN-酸化体(TMAO)値への影響 小篠榮、前田弘美、井戸田昭子、久保和雄、鈴木敦、鈴木利昭、小泉綾乃、若林あかり、清水万紀子、山崎浩史 第59回日本透析医学会学術集会・総会 神戸 2014/06/13~2014/06/15
  • ポスター発表 各種cytochrome P450に対する抗真菌薬の相互作用 丹羽俊朗、今川友里恵、山崎浩史 日本薬剤学会第29年会 さいたま 2014/05/20~2014/05/22

社会における活動

社)医薬品開発支援機構(APDD) 理事(2008年~)、総務担当理事(2010年~)、内閣府食品安全委員会専門委員(2006年~2016年)

ページトップへ

ページトップへ