教員

大和 幹枝助教 / 博士(薬学)last update : 2019.05.15

English

プロフィール

研究者名
大和 幹枝(ヤマト ミキエ)
所属
医薬品情報部門
担当科目
実務実習事前実習Ⅰ (3年後期)
実務実習事前実習Ⅰ (4年前期)
実務実習事前実習Ⅱ (4年後期)
職位
助教
学位
博士(薬学)

研究業績(学会発表等)

タブ区切りテキスト形式でダウンロード

  • 口頭発表 血清アミオダロン及び代謝物濃度と甲状腺機能異常との関連 大和幹枝,和田恭一,林友鴻,寺川伸江,川端一功,藤本麻依,細見光一,老田章,高田充隆 第65回日本心臓病学会学術集会 大阪 2017/09/30
  • 口頭発表 N−デスエチルアミオダロン/アミオダロン比とアミオダロン誘発性甲状腺機能障害との関連性 大和幹枝,和田恭一,林友鴻,粉川俊則,川端一功,藤本麻依,細見光一,老田章,高田充隆 第38回日本病院薬剤師会近畿学術大会 大阪 2017/02/25
  • ポスター発表 アミオダロン及び代謝物血中濃度変化と甲状腺機能検査値変化に関連性が認められた1症例 大和幹枝,和田恭一,粉川俊則,川端一功,安斉俊久,高田充隆,老田章 第26回日本医療薬学会年会 京都 2016/09/17
  • 口頭発表 アミオダロン誘発性甲状腺機能異常とアミオダロンおよびアミオダロン代謝物血中濃度に関する検討 大和幹枝,和田恭一,粉川俊則,早川直樹,桑原健,安斉俊久,藤本麻依,細見光一,高田充隆 第25回日本医療薬学会年会 横浜 2015/11/22
  • 口頭発表 アミオダロンの適正使用推進ための甲状腺機能異常の発症要因に関する検討 木下佐昌子,林友鴻,大和幹枝,岩澤真紀子,和田恭一,粉川俊則,中村慶,安斉俊久,桑原健 第18回日本心不全学会 大阪 2014/10/11
  • 口頭発表 統合失調症意識調査と薬学部生・他学部生および看護学生の疾患認識の違い 大和幹枝,鈴木紀子,小林三保,阪口寛子,堀野智美,北小路学,松野純男,東司,高田充隆 日本薬学会第132年会 札幌 2012/03/28〜2012/03/31
  • 口頭発表 在宅医療実施による薬剤師の意識変化  〜テキストマイニングによるあぶり出し〜 李繭香,堀野智美,大和幹枝,高橋直子,岸田充生,細見光一,藤垣哲彦,松野純男,北小路学,高田充隆 日本薬学会第132年会 札幌 2012/03/28〜2012/03/31
  • 口頭発表 統合失調症意識調査と薬学部生・他学部生間の疾患認識の違い 大和幹枝,阪口寛子,堀野智美,上垣千波,北小路学,松野純男,高田充隆 第21回日本医療薬学会年会 神戸 2011/10/01〜2011/10/02
  • ポスター発表 うつ病意識調査と薬学部生・他学部生間の疾患認識の違い 大和幹枝,阪口寛子,堀野智美,上垣千波,北小路 学,松野純男,高田充隆 日本社会薬学会第30年会 東京 2011/09/03〜2011/09/04
  • ポスター発表 ジェネリック医薬品推進に関する薬局薬剤師の意識調査に関する研究 大和幹枝,堀野智美,大野ひかる,長井紀章,北小路学,伊藤吉將,高田充隆 日本薬学会第131年会 静岡 2011/03/28〜2011/03/31

ページトップへ

ページトップへ