教員

石田 寛明助教 / 博士(薬科学)last update : 2019.03.30

English

プロフィール

研究者名
石田 寛明(イシダ ヒロアキ)
所属
医薬分子化学研究室
担当科目
メディシナルケミストリー実習 (3年後期)
医薬品化学(4年前期)
職位
助教
学位
博士(薬科学)

学歴

2010年3月 千葉大学薬学部薬科学科卒業

2012年3月 千葉大学大学院医学薬学府修士課程 総合薬品科学専攻修了

2015年3月 千葉大学大学院医学薬学府後期3年博士課程 先端創薬科学専攻修了 博士(薬科学)取得

経歴

2015年4月 昭和薬科大学 医薬分子化学研究室 特任助教

2017年4月 昭和薬科大学 医薬分子化学研究室 助教 現在に至る

 

免許・資格

  • 危険物取扱者(甲種)

所属学協会

・日本薬学会

・日本ビタミン学会

・有機合成化学協会

・日本レチノイド研究会

・ヨウ素学会

研究分野

創薬化学、メディシナルケミストリー、有機合成化学、天然物有機化学

研究業績(学会発表等)

タブ区切りテキスト形式でダウンロード

  • 口頭発表 求核付加反応によるクマリン導入法の開発とPPARγリガンドへの応用 〇吉川 智理, 石田 寛明, 伊藤 俊将 日本薬学会第140年会 京都・京都 2020.3.25-28.
  • 口頭発表 ヘテロ小員環の環ひずみを利用した共有結合型ビタミンD誘導体の創製 ○石田 寛明,山本 恵子、伊藤 俊将 日本薬学会第140年会 京都・京都 2020.3.25-28.
  • ポスター発表 A facile synthesis of coumarin conjugated PPARγ Ligand Chisato Yoshikawa, Hiroaki Ishida, Toshimasa Itoh* The 27th International Society of Heterocyclic Chemistry Congress Japan, Kyoto 2019.9.1-6
  • ポスター発表 Design and synthesis of the vitamin D receptor ligand containing three-membered heterocyclic ring Hiroaki Ishida, Keiko Yamamoto, Toshimasa Itoh* The 27th International Society of Heterocyclic Chemistry Congress Japan, Kyoto 2019.9.1-6
  • ポスター発表 ビタミン D 受容体をモデルタンパク質とした非共有結合型不可逆リガンドの開発 大橋南美、今福千晶、小島拓之、吉澤麻美、久保惇、穴見康昭、石田寛明、山本恵子、伊藤俊将 第5回 Neo Vitamin D Workshop学術集会 東京・江東区 2019.8.23-24.
  • ポスター発表 ヘテロ小員環の環ひずみを利用した共有結合型ビタミン D 誘導体の創製 石田 寛明、山本 恵子、伊藤 俊将 第5回 Neo Vitamin D Workshop学術集会 東京・江東区 2019.8.23-24.
  • ポスター発表 リゾホスファチジン酸ライブラリー構築に向けての合成研究 三浦 有里未、大橋 南美、石田 寛明、山本 善範、山本 恵子、伊藤 俊将 日本薬学会第139年会 千葉・幕張 2019.3.20-23.
  • 口頭発表 新規furooxazole合成法を適用したPPARリガンドの開発研究 石田 寛明, 春日 良太, 山本 恵子、伊藤 俊将 日本薬学会第139年会 千葉・幕張 2019.3.20-23.
  • ポスター発表 タンパク質のゆらぎに着目した共有結合型化合物のスクリーニング法の提案 小島 拓之, 柳 諒太, 下平 智之, 樋口 愛理, 吉澤 麻美, 石田 寛明, 山本 恵子, 〇伊藤 俊将 第37回メディシナルケミストリーシンポジウム 東京・八王子 2019.11.27-29
  • 口頭発表 新規フロオキサゾール合成法の適用拡大とPPAR リガンド創製への展開 石田寛明,春日良太,山本恵子,伊藤俊将 第45回反応と合成の進歩シンポジウム 岡山・倉敷 2019.10.28-29.
  • ポスター発表 長鎖アルキル基を有するリトコール酸誘導体の合成とビタミン D 受容体の共結晶構造解析 吉川 智理、石田 寛明、伊藤 俊将、山本 恵子 第62回日本薬学会関東支部大会 東京・中野 2018年9月15日
  • ポスター発表 超原子価ヨウ素試薬を用いた新規furooxazole 合成法の適用拡大およびPPAR リガンド合成への展開 石田 寛明, 春日 良太, 伊藤 俊将, 山本 恵子 第21回 ヨウ素学会シンポジム 千葉・千葉 2018年9月14日
  • ポスター発表 Study of the development of noncovalent-type irreversible ligand for vitamin D receptor as a model protein. Chiaki Imafuku, Nami Ohashi, Hiroyuki Kojima, Mami Yoshizawa, Makoto Kubo, Yasuaki Anami, Hiroaki Ishida, Toshimasa Itoh, Keiko Yamamoto. JSPS Core-to-core Program symposium 東京 2018年1月29日
  • 口頭発表 核内受容体を標的とした非共有結合型不可逆リガンドの開発 大橋 南美、今福 千晶、小島 拓之、吉澤 麻美、久保 惇、穴見 康昭、石田 寛明、山本 恵子、伊藤 俊将 レチノイド研究会 第29回学術集会 熊本・熊本 2018年10月27-28日
  • 口頭発表 学生実習メディシナルケミストリー(3年)の導入 伊藤 俊将, 石田 寛明, 大橋 南美, 山本 恵子 日本薬学会第138年会 石川・金沢 2018.3.25-28.
  • 口頭発表 ビタミンD受容体を標的とした非共有結合型不可逆リガンドの開発 今福 千晶, 大橋 南美, 小島 拓之, 吉澤 麻美, 久保 惇, 穴見 康昭, 石田 寛明, 伊藤 俊将, 山本 恵子 日本薬学会第138年会 石川・金沢 2018.3.25-28.
  • 口頭発表 新規 furooxazole 合成法の適用拡大および PPAR リガンド合成への展開 石田 寛明, 春日 良太, 大浦 有紗, 伊藤 俊将, 山本 恵子 日本薬学会第138年会 石川・金沢 2018.3.25-28.
  • ポスター発表 高いビタミン D 活性を有するリトコール酸誘導体の創製 棚谷 綾, 佐々木 晴江, 川崎 波留, 増野 弘幸, 河内 恵美子, 伊藤 暢聡, 石田 寛明, 山本 恵子, 平野 真梨子, 影近 弘之 日本ビタミン学会第69回大会 横浜 2017年6月9-10日
  • ポスター発表 Construction of tetrahydrofuro[2,3-d]oxazoles by oxidative [2+2+1] annulations and the efficient conversion to oxazoles. H. Ishida, A. Ohura, T. Itoh, A. Saito, K. Yamamoto 18th Tetrahedron Symposium ハンガリー ブダペスト 2017年6月27-30日
  • 口頭発表 リトコール酸をリード化合物とした新規非セコステロイド型ビタミンD誘導体の創製 川崎 波留, 佐々木 晴江, 増野 弘幸, 河内 恵美子, 伊藤 暢聡, 石田 寛明, 山本 恵子, 影近 弘之, 棚谷 綾 レチノイド研究会 第28回学術集会 兵庫・神戸 2017年11月18-19日
  • ポスター発表 高いビタミンD活性を有するリトコール酸誘導体の創製 川崎 波留, 佐々木 晴江, 増野 弘幸, 河内 恵美子, 石田 寛明, 山本 恵子, 影 近 弘之, 棚谷 綾 日本薬学会第137年会 宮城・仙台 2017.3.24-27.
  • 口頭発表 側鎖末端にフェノールを有する新規ビタミンD受容体アンタゴニストの創製研究 加藤 晃, 山尾 真貴子, 梁原 祐太, 石田 寛明, 伊藤 俊将, 山本 恵子 日本薬学会第137年会 宮城・仙台 2017.3.24-27.
  • ポスター発表 Design and synthesis of Vitamin D derivatives having long alkyl chain. Akihiro Matsuoka, Hiroaki Ishida, Yasuaki Anami, Keiko Yamamoto 3rd Symposium of SPU Innovative Project for Pharmaceutical Analyses of Covalent Modification in Biomolecules 東京・町田 2016年8月31日、9月1日
  • 口頭発表 Asymmetric total synthesis of (–)-Lycoposerramine-R H. Ishida 3rd Symposium of SPU Innovative Project for Pharmaceutical Analyses of Covalent Modification in Biomolecules 東京・町田 2016年8月31日、9月1日
  • ポスター発表 Synthesis of biosynthetic intermediates of -3 PUFAs. Satoshi Kanamori, Toshimasa Itoh, Takuya Sakaue, Hiroaki Ishida, Keiko Yamamoto. 17th Tetrahedron Symposium スペイン バルセロナ 2016年6月28日-7月1日
  • 口頭発表 ω3系多価不飽和脂肪酸(PUFA)の生合成中間体に対応する遊離脂肪酸の合成 金森 聡, 伊藤 俊将, 坂上 拓也, 石田 寛明, 山本 恵子 日本薬学会第136年会 横浜 2016.3.26-29.
  • 口頭発表 フロ[2,3-d]オキサゾール骨格の新規合成法 大浦 有紗, 伊藤 俊将, 石田 寛明, 齊藤 亜紀夫, 山本 恵子 日本薬学会第136年会 横浜 2016.3.26-29.
  • 口頭発表 新規骨格LycopodiumアルカロイドLycoposerramine-R の不斉全合成 石田寛明,木村真也,小暮紀行,北島満里子,高山廣光 第135年会日本薬学会 神戸 2015/03/25~2015/03/28
  • 口頭発表 新規骨格LycopodiumアルカロイドLycoposerramine-R の不斉全合成研究 石田寛明,木村真也,小暮紀行,北島満里子,高山廣光 第40回反応と合成の進歩シンポジウム 仙台 2014/11/10~2014/11/11
  • ポスター発表 新規骨格LycopodiumアルカロイドLycoposerramine-R の不斉全合成研究 石田寛明,木村真也,小暮紀行,北島満里子,高山廣光 第134年会日本薬学会 熊本 2014/03/27~2014/03/30
  • 口頭発表 Study on Asymmetric Total Synthesis of Lycoposerramine-R, A Novel Skeletal Type of Lycopodium Alkaloids 石田寛明,木村真也,小暮紀行,北島満里子,高山廣光 Workshop on Chirality in Chiba University - 2nd Symposium 千葉 2014/01/31
  • ポスター発表 新規骨格LycopodiumアルカロイドLycoposerramine-R の不斉全合成研究 石田寛明,木村真也,小暮紀行,北島満里子,高山廣光 第48回天然物化学談話会 大津 2013/07/03~2013/07/05
  • ポスター発表 新規骨格LycopodiumアルカロイドLycoposerramine-R の不斉全合成研究 石田寛明,木村真也,小暮紀行,北島満里子,高山廣光 第133年会日本薬学会 横浜 2013/03/27~2013/03/30
  • ポスター発表 新規骨格LycopodiumアルカロイドLycoposerramine-R の不斉全合成研究 石田寛明,木村真也,小暮紀行,北島満里子,高山廣光 第47回天然物化学談話会 阿蘇 2012/07/04~2012/07/06
  • ポスター発表 10-Fluorocorynantheidine類の不斉全合成研究 石田 寛明, 小暮 紀行, 北島 満里子, 高山 廣光 第132年会日本薬学会 札幌 2012/03/28~2012/03/31
  • ポスター発表 Mitragynineの不斉全合成研究 石田 寛明, 小暮 紀行, 北島 満里子, 高山 廣光 第46回天然物化学談話会 静岡・熱川 2011年7月7-9日
  • 口頭発表 Studies on Total Syntheses of Corynanthe-type Indole Alkaloids Ishida H, Kogure N, Kitajima M, Takayama H. JSPS International Training Program Thailand 2011年3月

知的財産権

  • 発明の名称:シヌクレイノパチー治療薬 出願日:平29. 3.31 出願番号:PCT/JP2017/13742、WO2017171053A1 発明者:福永浩司、宮地弘幸、石田寛明、伴慎太郎

社会における活動

次世代を担う有機化学シンポジウム 世話人

ページトップへ

ページトップへ