Staff

Tomoyuki HamamotoProfessor / Ph. D.last update : 2022.11.15

Japanese

Profile

Name
Tomoyuki Hamamoto
Affiliation
Laboratory of Applied Therapeutics, Center for Education & Research on Clinical Pharmacy
Subjects
 
Official title
Professor
Degree
Ph. D.
  • 薬剤師がはじめるフィジカルアセスメント 改訂第2版 濵本知之 3 抗血小板薬を含む処方例、4 喘息治療薬を含む処方例 148-152 南江堂 2020 
  • 衛生薬学 基礎・予防・臨床 改訂第3版 濵本知之 薬物代謝酵素の遺伝子多型と副作用、重金属・金属を用いた医薬品、麻薬取締官、放射線を利用した医薬品、医薬品による光線過敏症・紫外線防止用化粧品について、抗がん薬曝露防止、医薬品に使用される水、原因アレルゲンの診断と治療に用いられるアレルゲンエキス製剤、薬剤師と医療廃棄物のかかわり 400-401、414-417、439-440、496-497、499、541、556-557、615-616、624 南江堂 2020 
  • 衛生薬学 基礎・予防・臨床 濵本知之 薬物代謝酵素の遺伝子多型と副作用、重金属・金属を用いた医薬品、麻薬取締官、放射線を利用した医薬品、医薬品による光線過敏症、抗がん薬曝露防止、医薬品に使用される水、原因アレルゲンの診断と治療に用いられるアレルゲンエキス製剤、薬剤師と医療廃棄物のかかわり 400-401、414-417、439-440、496-497、499、541、556-557、615-616、624 南江堂 2016 
  • 認定指導薬剤師のための「教えにくいLS課題集」改訂第3版 取り組みにくいSBOsをしっかり教えよう 課題と解答例集 濵本知之 P513 生活環境における消毒の概念について説明できる. 62-64 東京都薬剤師会 2016 
  • 薬剤師がはじめるフィジカルアセスメント 濵本知之 3 抗血小板薬を含む処方例、4 喘息治療薬を含む処方例. 148-152 南江堂 2014 
  • 臨床調剤学 濵本知之 Ⅲ 注射剤の調剤. 212-239 南山堂 2011 
  • スタンダード薬学シリーズ10 実務実習事前学習-病院・薬局実習に行く前に 濵本知之、佐々木均 SBO49 無菌操作の原理を説明し、基本的な無菌操作を実施できる. 225-231 東京化学同人 2006 
  • スタンダード薬学シリーズ10 実務実習事前学習-病院・薬局実習に行く前に 濵本知之、佐々木均 SBO48 代表的な院内製剤を調製できる. 220-224 東京化学同人 2006 
  • スタンダード薬学シリーズ10 実務実習事前学習-病院・薬局実習に行く前に 濵本知之、佐々木均 SBO46 院内製剤の意義、調製上の手続き、品質管理などについて説明できる 215-217 東京化学同人 2006 
  • 五島の生物(壱岐・対馬との対比) 島本勤、江島正郎、緒方一夫、田川康治、吉田喜美明、中山博彦、浜本知之、古賀直行、中島正直、井手弘、相川明、藤田慶幸、山下秀喜、森健太郎、深堀修平 25.五島列島学術調査報告-蝶類の部- 375-389 長崎県生物学会 1981 
  • [Original paper] 副作用・アレルギー情報の一元管理体制に基づく薬物治療の安全管理体制の評価 荒木良介、加藤加奈恵、村上春奈、濵本知之、田中恒明、山田英紀 医療薬学 48(5) 203-211 2022 
  • [Original paper]  薬剤師国家試験問題における「実務」領域の解析 西沢名菜、高木彰紀、増田豊、濵本知之 昭和薬科大学紀要(BULLETIN of Showa Pharmaceutical University) 56 1-22 2022 
  • [Original paper] 組織プラスミノーゲンアクチベータ静注療法後に口舌血管性浮腫を来したオルメサルタン内服中の心原性脳塞栓症患者の 1 例 南知沙、荒木良介、濵本知之、山田英紀 YAKUGAKU ZASSHI 142(1) 85-89 2022 
  • [Original paper] 副作用・アレルギー情報の一元管理体制を活用した病棟薬剤師による術前外来の有用性の評価 荒木良介、三田恭平、長谷康史、宇野崇之、加藤加奈恵、濵本知之、田中恒明、山田英紀 医薬品安全性学 7(1) 27-36 2021 
  • [Original paper] Bcl‑2/Bcl‑xL inhibitor navitoclax increases the antitumor effect of Chk1 inhibitor prexasertib by inducing apoptosis in pancreatic cancer cells via inhibition of Bcl‑xL but not Bcl‑2. Morimoto Y, Takada K, Takeuchi O, Watanabe K, Hirohara M, Hamamoto T, Masuda Y Mol Cell Biochem 472 187-198 2020 
  • [Original paper] 薬剤師と医師による協働評価を基盤とした副作用・アレルギー情報の一元管理体制の構築と評価 荒木良介、加藤加奈恵、木幡華子、濵本知之、山田英紀、田中恒明 日本病院薬剤師会雑誌 56(5 578-584 2020 
  • [Original paper] Prexasertib increases the sensitivity of pancreatic cancer cells to gemcitabine and S-1. Morimoto Y, Takada K, Takeuchi O, Takagi A, Watanabe K, Hirohara M, Hamamoto T, Masuda Y Oncol Rep 43 689-699 2020 
  • [Original paper] Effects of proton pump inhibitors on severe hematotoxicity induced after first course of pemetrexed/carboplatin combination chemotherapy Araki R, Keira T, Masuda Y, Tanaka T, Yamada H, Hamamoto T J Clin Pharm Ther 44 276-284 2019 
  • [Original paper]  Anticholinergic load negatively correlates with recovery of cognitive activities of daily living for geriatric patients after stroke in the convalescent stage Kose E, Hirai T, Seki T, Hidaka S, Hamamoto T J Clin Pharm Ther 43 799-806 2018 
  • [Original paper] 基質特異性拡張型β-ラクタマーゼ産生Escherichia coliを原因菌とする尿路感染症リスク因子の探索 橋本麻衣子、瀬角りほ、三村享、春日恵理子、松本剛、本田孝行、濱本知之、山折大、大森栄 日化療会誌 66 (6) 749-757 2018 
  • [Original paper] デノスマブによる低カルシウム血症の発現に対するプロトンポンプ阻害薬の影響の検討 荒木良介、計良貴之、加藤加奈恵、菱沼隆一、増田豊、濵本知之、田中恒明、山田英紀 医療薬学 43(7) 381-387 2017 
  • [Original paper] Hands-on experiential training of self-monitoring of blood glucose and self-injection of insulin, and its learning effects in 4th year pharmacy students. Watanabe K, Doi H, Hirohara M, Ota A, Nakamura M, Kushida K, Takada K, Masuda Y, Kitajima J, Takano A, Ciba R, Toda J, Hagiwara Y, hamasima H, Hamamoto T, Fukumori R, Horiguchi Y, Yamamoto M, Taguchi K Journal of Drug Interaction Research  39(1) 17-23 2015 
  • [Original paper] 昭和薬科大学におけるバイタルサインチェック・フィジカルアセスメント実習- 4年次実務実習事前学習と6年次アドバンスト実習における評価 - 廣原正宜、濵本知之、寺田綾子、千葉良子、澁谷文則、中村美樹、渡部一宏、大澤友二、戸田潤、串田一樹、高野昭人、北島潤一、萩原幸彦、福森隆次、堀口よし江、濱島肇、田口恭治 医療薬学 40(10) 567-585 2014 
  • [Original paper] がん分子標的薬副作用の自己組織化マップ(SOM)を用いたビジュアル化と解析 濵本知之、芹澤彩香、大槻佳織、 川上準子、佐藤憲一 YAKUGAKU ZASSHI 134(10) 1069-1080 2014 
  • [Original paper] 病院実務実習における薬学生の自己評価と指導薬剤師の学生評価の比較による到達度不十分な実習項目の分析 中村美樹、寺田綾子、渡部一宏、廣原正宜、高野昭人、澁谷文則、田口恭治、濵本知之、堀口よし江、戸田潤 昭和薬科大学紀要 48 29-40 2014 
  • [Original paper] 薬局実務実習における薬学生の自己評価と指導薬剤師の学生評価の比較による到達度不十分な実習項目の分析 寺田綾子、中村美樹、渡部一宏、廣原正宜、高野昭人、澁谷文則、田口恭治、濵本知之、堀口よし江、戸田潤 昭和薬科大学紀要 48 17-27 2014 
  • [Original paper] 初年度薬局実務実習の教育効果と問題点の検討-学生及び指導薬剤師のアンケート調査- 寺田綾子、中村美樹、渡部一宏、串田一樹、廣原正宜、高野昭人、千葉良子、大澤友二、北島潤一、澁谷文則、戸田潤、萩原幸彦、濱島肇、濵本知之、福森隆次、堀口よし江、田口恭治 昭和薬科大学紀要 47 33-42 2013 
  • [Original paper] 指導薬剤師を対象としたフィジカルアセスメントに関する意識調査 千葉良子、廣原正宜、寺田綾子、中村美樹、澁谷文則、濵本知之、田口恭治 昭和薬科大学紀要 47 21-32 2013 
  • [Original paper] 授業改善の試み―薬物治療特論Ⅱの場合― 廣原正宜、渡部一宏、有木宏宗、小宮忠之、寺田綾子、中村美樹、濵本知之、澁谷文則、増原慶壮、大澤友二、戸田潤 昭和薬科大学紀要 47 10-20 2013 
  • [Original paper] 地域薬剤師の薬局薬剤師に対するバイタルサイン・フィジカルアセスメント講習会の評価(第1報) 中村美樹、寺田綾子、廣原正宜、千葉良子、澁谷文則、濵本知之、田口恭治 昭和薬科大学紀要 47 1-9 2013 
  • [Original paper] Current status of awareness and implementation of the “Yakuzai-Kanri Summary” in community pharmacies prescribing drugs under the health insurance system in Japan. Watanabe K, Chisima M, Agata K, Hamamoto T Jpn J Pharm Health Care Sci. 39(6) 366-374 2013 
  • [Original paper] Effects and problems of education from first clinical pharmacy training at hospital in the six-year system of pharmaceutical education: questionnaire on students and instructing pharmacists. Watanabe K, Hirohara M, Terata A, Nakamura M, Kushida K, Takano A, Ciba R, Osawa T, Kitajima J, Shibuya F, Toda J, Hagiwara Y, hamasima H, Hamamoto T, Fukumori R, Horiguchi Y, Taguchi K, Iga T Journal of Drug Interaction Research  35(3) 31-40 2012 
  • [Original paper] Report of the advanced practical training program of Showa Pharmaceutical University: questionnaire surveys on students and pharmacist instructors. Watanabe K, Terata A, Hirohara M, Horiguchi Y, Taguchi K, Hamamoto T BULLETIN of Showa Pharmaceutical University. 46 1-12 2012 
  • [Original paper] Nanoparticles electrostatically coated with folic acid for effective gene therapy.  Kurosaki T, Morishita T, Kodama Y, Sato K, Nakagawa H, Higuchi N, Nakamura T, Hamamoto T, Sasaki H, Kitahara T Mol Pharm. 8(3) 913-919 2011 
  • [Original paper] 市販ソフトを用いた制吐療法設計支援システムの開発とその評価 兒玉幸修、樋口則英、佐藤加代子、濵本知之、藤秀人、北原隆志、佐々木均 日本病院薬剤師会雑誌 46(9) 1261-1264 2010 
  • [Original paper] Effects of Showa Pharmaceutical University toward pre-training for clinical pharmacy practice and its assessment. Watanabe K, Hirohara M, Terata A, Kushida K, Takano A, Ciba R, Osawa T, Kitajima J, Shibuya F, Toda J, Hagiwara Y, hamasima H, Hamamoto T, Fukumori R, Horiguchi Y, Taguchi K, Iga T Journal of Drug Interaction Research  34(2) 27-33 2010 
  • [Original paper] gamma-Polyglutamic acid-coated vectors for effective and safe gene therapy. Kurosaki T, Kitahara T, Kawakami S, Higuchi Y, Yamaguchi A, Nakagawa H, Kodama Y, Hamamoto T, Hashida M, Sasaki H J Control Release. 142(3) 404-410 2010 
  • [Original paper] 各種処方過誤防止のための疑義照会実態調査とその解析 田中茉莉子、手嶋無限、山原梢、中島憲一郎、龍恵美、濵本知之、藤秀人、北原隆志、佐々木均 九州薬学会会報 63 59-62 2009 
  • [Original paper] Trastuzumab初回投与量の違いがinfusion reactionの発現に及ぼす影響 吉岡大樹、兒玉幸修、山口健太郎、濵本知之、藤秀人、北原隆志、佐々木均 日本病院薬剤師会雑誌 45(11) 1490-1493 2009 
  • [Original paper] タクロリムス血中濃度測定機器の比較検討 北原隆志、中川博雄、清水千恵子、浅井瑶奈、兒玉幸修、濵本知之、藤秀人、佐々木均 医療薬学 35(7) 453-457 2009 
  • [Original paper] がん化学療法による遅発性悪心・嘔吐に対する制吐療法の実態調査と評価 兒玉幸修、樋口則英、江頭かの子、山口健太郎、濵本知之、藤秀人、北原隆志、佐々木均 日本病院薬剤師会雑誌 45(6) 781-783 2009 
  • [Original paper] 高カロリー輸液(TPN)の無菌調製を目的とした無菌室の環境調査と管理条件の検討 能勢誠一、北原隆志、中川博雄、樋口則英、一川暢宏、濵本知之、佐々木均 日本病院薬剤師会雑誌 45(2) 205-208 2009 
  • [Original paper] Pulmonary gene delivery of hybrid vector, lipopolyplex containing N-lauroylsarcosine, via the systemic route. Kurosaki T, Kishikawa R, Matsumoto M, Kodama Y, Hamamoto T, To H, Niidome T, Takayama K, Kitahara T, Sasaki H J Control Release. 136(3) 213-219 2009 
  • [Original paper] 院内製剤5%ハイドロキノン軟膏の使用状況とその有用性に関する調査 濵本知之、樋口則英、三宅秀明、清水和宏、佐藤伸一、稲岡奈津子、森田光貴、西田孝洋、中村純三、藤秀人、北原隆志、佐々木均 日本病院薬剤師会雑誌 44(10) 1495-1498 2008 
  • [Original paper] 市販ソフトを用いた静脈栄養処方設計支援システムの開発と評価 森田光貴、樋口則英、濵本知之、稲岡奈津子、藤秀人、北原隆志、佐々木均 日本病院薬剤師会雑誌 44(5) 735-739 2008 
  • [Original paper] Exploitation of De Novo helper-lipids for effective gene delivery. Kurosaki T, Kitahara T, Teshima M, Nishida K, Nakamura J, Nakashima M, To H, Hukuchi H, Hamamoto T, Sasaki H J Pharm Pharm Sci.  11(4) 56-67 2008 
  • [Original paper] Hybrid vector including polyethylenimine and cationic lipid, DOTMA, for gene delivery. Matsumoto M, Kishikawa R, Kurosaki T, Nakagawa H, Ichikawa N, Hamamoto T, To H, Kitahara T, Sasaki H Int J. Pharm. 363(1-2) 58-65 2008 
  • [Original paper] p53 status-dependent sensitization of human tumour cells to hyperthermia by plant flavonol. Hamamoto T, Suzuki K, Yamauchi M, Kodama S, Sasaki H Int. J. Hyperthermia. 24(5) 415-424 2008 
  • [Original paper] 統合失調症患者における抗精神病薬処方中のパーキンソン病治療薬併用率に関する検討 樋口則英、稲岡奈津子、田原尚子、森田光貴、濵本知之、北原隆志、土井健志、塚元和弘、藤秀人、一川暢宏、佐々木均 日本病院薬剤師会雑誌 43(3) 353-356 2007 
  • [Original paper] Correlation of malignant phenotypes of human tumour cell lines with augmented expression of Hsp72 protein measured by laser scanning cytometry. Hamamoto T, Suzuki K, Kodama S, Sasaki H, Abe K, Hayashi T, Watanabe M Int. J. Hyperthermia. 23(4) 363-370 2007 
  • [Original paper] 心臓血管外科病棟におけるワルファリンとその併用薬の使用状況に関する調査 濵本知之、吉田昇平、濵田久男、能勢誠一、中嶋幹郎、一川暢宏、佐々木均 日本病院薬剤師会雑誌 42(5) 655-658 2006 
  • [Original paper] 総合ビタミン配合型高カロリー輸液キット製剤導入に伴う問題点の調査 樋口則英、濵本知之、津田佳代子、江頭かの子、中村純三、中嶋幹郎、一川暢宏、佐々木均 日本病院薬剤師会雑誌 41(10) 1245-1248 2005 
  • [Original paper] 高カロリー輸液無菌調製における異物混入の原因に関する調査解析 樋口則英、小嶺嘉男、濵本知之、北原隆志、河浪梨恵、西田孝洋、中村純三、中嶋幹郎、一川暢宏、佐々木均 医療薬学 31(3) 211-216 2005 
  • [Original paper] Differences in effects of oncogenes on sensitivity to anticancer drugs. Hamamoto T, Suzuki K, Sasaki H, Ichikawa M, Kodama S, Watanabe M J. Radiat. Res.  46 197-203 2005 
  • [Original paper] Efficacy of rebamipide enemas in active distal ulcerative colitis and proctitis: a prospective study report. Makiyama K, Takeshima F, Hamamoto T Dig. Dis. Sci. 50 2323-2329 2005 
  • [Original paper] 長崎大学医学部・歯学部附属病院における院内製剤カプサイシン軟膏の使用状況と有効性に関する調査 村上愛、中嶋幹郎、濵本知之、一川暢宏、大石和徳、永武毅、山田泰之、諸岡浩明、澄川耕二、佐々木均 日本病院薬剤師会雑誌 40(11) 1449-1452 2004 
  • [Original paper] 院内製剤レバミピド注腸剤の安定性に関する検討 濵本知之、中嶋幹郎、中坊由起子、小嶺嘉男、福地弘充、一川暢宏、牧山和也、佐々木均 日本病院薬剤師会雑誌 39(9) 1155-1159 2003 
  • [Review] 最近の文献情報より 薬物の有害作用と相互作用に関する情報(2) 中嶋幹郎、梶原彩子、樋口則英、嶺豊春、小嶺嘉男、濱本知之、一川暢宏、佐々木均 日本病院薬剤師会雑誌 39(3) 339-342 2003 
  • [Original paper] A water-soluble tetrazolium salt for colorimetric cell viability assay. Tominaga H, Ishiyama M, Ohseto F, Sasamoto K, Hamamoto T, Suzuki K, Watanabe M Anal. Commun. 36 47-50 1999 
  • [Original paper] 産婦人科病棟における癌性疼痛コントロールに対する薬剤師の役割 大宅寿実、鈴木彰人、濱本知之、市川正孝、後藤英夫、増崎英明、小柳津奈子、津田伊都子 九州薬学会会報 51 37-42 1997 
  • [Original paper] 泌尿器科、産婦人科病棟における服薬指導-患者自己管理への指導効果と現状分析- 竹内理恵、佐田まゆみ、宮島千夏子、浜本知之、池崎隆司、市川正孝 九州薬学会会報 48 49-55 1994 
  • [Original paper] Changes of essential metals in thymus and spleen of phenytoin-treated mice Hirai M, Hamamoto T, Yamagata K, Nishimura Y, Ichikawa M, Arizono K, Ariyoshi T Trace Elements in Medicine 10(1) 16-20 1993 
  • [Review] 喘息とくすり 浜本知之 薬事日報 7920 4-6 1991 
  • [Original paper] TDMにおけるコンサルテーションの業務化 稲田和代、中野弥穂子、川崎博文、浜本知之、中嶋幹郎、上島泰二、平井正巳、市川正孝 九州薬学会会報 43 65-70 1989 

Conference, etc.

Download TSV file

  • [Poster presentation] 外来患者を対象とした副作用・アレルギー情報の一元管理体制による被疑薬の投与回避に関する実効性の評価 荒木良介、村上春奈、加藤加奈恵、濵本知之、田中恒明、山田英紀 第32回日本医療薬学会年会 高崎(群馬) 2022/9/23-25
  • [Poster presentation] 薬剤師国家試験問題における「実務」領域の解析 西沢名菜、高木彰紀、増田豊、濵本知之 日本薬学会第142年会 名古屋(WEB) 2022/3/25-28
  • [Poster presentation] 医師と薬剤師による食物抗原を含む医薬品の食物経口負荷試験に基づいたリスク評価と管理 荒木良介、安藤慧、濵本知之、田中恒明、江原貴子、早野聡子、粟生耕太、山田英紀 第7回日本医薬品安全性学会学術大会 福岡(WEB) 2021/7/24-25
  • [Poster presentation] 膵臓癌細胞に対する2種類のBcl-2阻害剤を用いた新規治療法の検討 森元能仁、高田公彦、渡部一宏、廣原正宜、濵本知之、増田豊 日本薬学会第141年会 広島(WEB) 2021/3/26-29
  • [Poster presentation] 深層学習を用いた薬局実務実習満足度の早期予測に関する研究 関理紗、高木彰紀、増田豊、濵本 知之 日本薬学会第141年会 広島(WEB) 2021/3/26-29
  • [Poster presentation] がん分子標的薬副作用の自己組織化マップ(SOM)を用いたビジュアル化と網羅的解析 猪田仁美、濵本知之、高木彰紀、増田豊、佐藤憲一、川上準子 日本薬学会第141年会 広島(WEB) 2021/3/26-29
  • [Poster presentation] 膵臓癌細胞におけるChk1のノックダウンがゲムシタビンとS-1併用療法の抗腫瘍効果に与える影響 森元能仁、高田公彦、渡部一宏、廣原正宜、濵本知之、増田豊 日本薬学会第140年会 京都 2020/3/26-28
  • [Poster presentation] 医・薬・看単科大学相互協力における多職種連携教育の検討 太田有紀、渡部一宏、廣原正宜、浜本知之、宮崎美子、塚本都子、山本君子、竹元仁美、上谷いつ子、望月篤、信岡祐彦、松本直樹 第41回日本臨床薬理学会学術総会 福岡 2020/12/3-5
  • [Poster presentation] 副作用・アレルギー情報の一元管理体制が薬物療法の安全性に与える影響 荒木良介、加藤加奈恵、長谷康史、山村翔、宇野崇之、濵本知之、田中恒明、山田英紀 第30回日本医療薬学会年会 名古屋(WEB) 2020/10/24/-11/1
  • [Oral presentation] 甲状腺がん治療増強薬としてのメトホルミンの可能性 上原有貴、高木彰紀、宇陀紗奈子、小林星奈、増田豊、鈴木啓司、濵本知之 第63回日本薬学会関東支部大会 東京 2019/9/14
  • [Poster presentation] 外来患者の問診票を活用した副作用・アレルギー情報の一元管理体制 荒木良介、加藤加奈恵、濵本知之、田中恒明、山田英紀 第5回日本医薬品安全性学会学術大会 東京 2019/7/27-28
  • [Poster presentation] 聖マリアンナ医科大学・昭和薬科大学における多職種連携教育の試み 太田有紀、廣澤伊織、渡部一宏、廣原正宜、濱本知之、宮崎美子、望月篤、信岡祐彦、松本直樹 日本薬学会第139年会 千葉 2019/3/20-23
  • [Oral presentation] 外来患者を対象とした副作用・アレルギー情報の一元管理体制の構築~問診票を活用した多職種協働による情報収集と評価~ 荒木良介、加藤加奈恵、濵本知之、田中恒明、山田英紀 第29回日本医療薬学会年会 福岡 2019/11/2-4
  • [Poster presentation] 放射線による脂肪肝の誘発とカロリー制限による抑制 新福七海、高木彰紀、増田豊、濱本知之 日本薬学会第138年会 金沢 2018/3/25-28
  • [Oral presentation] 感染症の原因菌の同定と保有する耐性因子を迅速に診断するためのPCRとESI-MSを組み合わせた検出法に関する研究 濵本知之 生体分子コバレント修飾の革新的解析拠点形成シンポジウム 東京(町田) 2018/2/15-16
  • [Poster presentation] メトホルミンの甲状腺乳頭がん細胞株に対する増殖抑制機序に関する検討 浅葉みず穂、高木彰紀、宇陀紗奈子、増田豊、鈴木啓司、山下俊一、濵本知之 第61回日本薬学会関東支部大会 東京 2017/9/16
  • [Poster presentation] 経口抗がん薬副作用の自己組織化マップ(SOM)を用いたビジュアル化と網羅的解析 小林大介、宇山佳奈、濵本知之、増田 豊、川上準子、佐藤憲一 日本薬学会第137年会 仙台 2017/3/24-27
  • [Poster presentation] カルボプラチン・ペメトレキセド併用療法施行患者における重篤な血液毒性の発現に関する危険因子の検討 荒木良介、計良貴之、加藤加奈恵、菱沼隆一、高木彰紀、増田豊、濵本知之、田中恒明、山田英紀 第26回日本医療薬学会年会 千葉 2017/11/3-5
  • [Oral presentation] 実務実習事前学習における学習者の態度評価の客観性と自己評価の検討 福井楓、土肥弘久、萩原幸彦、堀口よし江、増田豊、北島潤一、高野昭人、千葉良子、濱島肇、濵本知之、福森隆次、廣原正宣、小野寺敏、渡部一宏、山本美智子 日本薬学会第136年会 横浜 2016/03/26~2016/03/29
  • [Poster presentation] キサンチンオキシダーゼ阻害作用を持つ既存薬のラットL-アルギニン急性膵炎モデルに対する効果-第2報- 綾部秀範、真板桜子、山本健、小林茂樹、福嶋敬宜、濱本知之 日本薬学会第136年会 横浜 2016/03/26~2016/03/29
  • [Oral presentation] ESBL産生E. coliを起因菌とする尿路感染症のリスク因子の探索 橋本麻衣子、瀬角りほ、三村 享、春日恵理子、松本 剛、本田孝行、濱本知之、山折 大、大森 栄 第25回日本医療薬学会年会 横浜 2015/11/21~2015/11/23
  • [Poster presentation] ビグアナイド系糖尿病治療薬メトホルミンの抗がん作用機序に関する検討 石井恵、浅葉みず穂、鈴木啓司、山下俊一、濵本知之 第59回日本薬学会関東支部大会 船橋 2015/09/12
  • [Poster presentation] キサンチンオキシダーゼ阻害作用を持つ既存薬のラットL-アルギニン急性膵炎モデルに対する効果 真板桜子、綾部秀範、小林茂樹、福嶋敬宜、濵本知之 第59回日本薬学会関東支部大会 船橋 2015/09/12
  • [Special lecture/Symposium] Contribution of Pharmacists to Infection Control in Japan Hamamoto T 2nd Symposium of SPU Innovative Project for Pharmaceutical Analysis of Covalent Modification in Biomolecules Machida, Tokyo 2015/08/31~2015/09/01
  • [Poster presentation] キサンチンオキシダーゼ阻害作用を持つ既存薬のラット急性膵炎に対する効果 山口涼、真板桜子、綾部秀範、小林茂樹、福嶋敬宜、濵本知之 第58回日本薬学会関東支部大会 東京 2014/10/04
  • [Poster presentation] 薬学部4年生を対象にしたインスリン自己注射針の穿刺及び血糖自己値測定の体験実習とその教育効果 渡部一宏、串田一樹、土肥弘久、千葉良子、廣原正宣、北島潤一、高野昭人、萩原幸彦、濱島肇、濵本知之、福森隆次、堀口よし江、山本美智子、田口恭治、戸田潤 日本薬学会第134年会 熊本 2014/03/27~2013/03/30
  • [Poster presentation] がん分子標的治療薬副作用のインフォマティクスを用いたビジュアル化と網羅的解析 芹澤彩香、濵本知之、大槻佳織、川上準子、佐藤憲一 第57回日本薬学会関東支部大会 東京 2013/10/26
  • [Poster presentation] 薬物治療実践能力の伸長 ~問題基盤型学習と実務実習の効果~ 廣原正宜、渡部一宏、寺田綾子、中村美樹、浜本知之、澁谷文則、戸田潤、大澤友二 第23回日本医療薬学会年会 仙台 2013/09/21~2013/09/22
  • [Poster presentation] 問題基盤型学習による学生の思考能力伸長の試み ~薬物治療計画の立案~ 戸田潤、廣原正宜、渡部一宏、有木宏宗、小宮忠之、寺田綾子、中村美樹、濵本知之、澁谷文則、増原慶壮、大澤友二 日本薬学会第133年会 横浜 2013/03/27~2013/03/30
  • [Poster presentation] 薬局・ドラッグストアに就職した薬学6年制1期生における事前実習及び薬局実習の教育効果 寺田綾子、中村美樹、渡部一宏、串田一樹、廣原正宣、高野昭人、千葉良子、大澤友二、北島潤一、澁谷文則、萩原幸彦、濱島肇、濵本知之、福森隆次、堀口よし江、戸田潤、田口恭治 日本薬学会第133年会 横浜 2013/03/27~2013/03/30
  • [Poster presentation] 地域医療を担う薬剤師のフィジカルアセスメント能力の習得 廣原正宣、中村美樹、 寺田綾子、 千葉良子、澁谷文則、 橋本登、 井上俊、 大島幸徳、瀬谷雅行、濵本知之 日本薬学会第133年会 横浜 2013/03/27~2013/03/30
  • [Oral presentation] 問題基盤型学習の効用 ~薬物治療特論Ⅱにおける授業改善の試み~ 戸田 潤、廣原 正宜、渡部 一宏、有木 宏宗、小宮 忠之、寺田 綾子、中村 美樹、濱本 知之、澁谷 文則 、増原 慶壮、大澤 友二 第64回聖マリアンナ医科大学医学会学術集会 川崎 2012/12/00
  • [Poster presentation] 薬局実習で到達度不十分な実習項目に関する原因の分析 寺田綾子、中村美樹、渡部一宏、高野昭人、廣原正宜、澁谷文則、田口恭治、濵本知之、堀口よし江、戸田潤 第22回日本医療薬学会年会 新潟 2012/10/27~2012/10/28
  • [Poster presentation] 病院実習で到達度不十分な実習項目に関する原因の分析 中村美樹、寺田綾子、渡部一宏、高野昭人、廣原正宜、澁谷文則、田口恭治、濵本知之、堀口よし江、戸田潤 第22回日本医療薬学会年会 新潟 2012/10/27~2012/10/28
  • [Poster presentation] 添付文書情報を用いたフィジカルアセスメント応用の可能性の検討 渋谷文則、千葉良子、中村美樹、寺田綾子、廣原正宜、田口恭治、戸田潤、濵本知之 第22回日本医療薬学会年会 新潟 2012/10/27~2012/10/28
  • [Poster presentation] 6年次学生に対するフィジカルアセスメント実習の実施とその評価(第2報)- 医療現場の症例に基づくシナリオによる実習 - 廣原正宜、濵本知之、高山和郎、寺田綾子、中村美樹、千葉良子、澁谷文則、田口恭治、戸田潤 第22回日本医療薬学会年会 新潟 2012/10/27~2012/10/28
  • [Poster presentation] 保険薬局における「薬剤管理サマリー」の受け取りの実態と今後の病薬連携のあり方に関する検討 渡部 一宏、千島 巳幸、縣 和宏、濵本 知之 第22回日本医療薬学会年会 新潟 2012/10/27~2012/10/28
  • [Poster presentation] 大学周辺コミュニティの特性を活かしたSP養成プログラムの開発と実践 吉永 真理、 堀口 よし江、 萩原 幸彦、 濵本 知之、 大澤 友二、 戸田 潤、 渋谷 文則、 北島 潤一、 福森 隆次、 濱島 肇、 千葉 良子、 高野 昭人、 串田 一樹、 廣原 正宜、 渡部 一宏、 寺田 綾子、 中村 美樹、 田口 恭治 日本薬学会第132年会 札幌 2012/03/28~2012/03/31
  • [Poster presentation] 地域の薬局薬剤師に対するフィジカルアセスメント講習会の実施 中村 美樹、 濵本 知之、 寺田 綾子、 廣原 正宜、 千葉 良子、 澁谷 文則、 田口 恭治 日本薬学会第132年会 札幌 2012/03/28~2012/03/31
  • [Poster presentation] 初年度薬局実務実習の受け入れにおける指導薬剤師の意識調査 寺田 綾子、 渡部 一宏、 廣原 正宜、 中村 美樹、 串田 一樹、 高野 昭人、 千葉 良子、 濵本 知之、 澁谷 文則、 戸田 潤、 萩原 幸彦、 濱島 肇、 北島 潤一、 福森 隆次、 堀口 よし江、 大澤 友二、 田口 恭治、 伊賀 立二 日本薬学会第132年会 札幌 2012/03/28~2012/03/31
  • [Poster presentation] 昭和薬科大学におけるアドバンスト実務実習の実施とその評価-学生と指導薬剤師のアンケート調査から- 渡部 一宏、 寺田 綾子、 廣原 正宣、 串田 一樹、 渋谷 文則、 堀口 よし江、 田口 恭治、 濵本 知之 日本薬学会第132年会 札幌 2012/03/28~2012/03/31
  • [Poster presentation] 平成22年度薬局実務実習を実施した学生の意識調査―第2報 寺田 綾子、渡部 一宏、廣原 正宜、串田 一樹、高野 昭人、千葉 良子、大澤 友二、北島 潤一、澁谷 文則、戸田 潤、萩原 幸彦、濱島 肇、濵本 知之、福森 隆次、堀口 よし江、田口 恭二、伊賀 立二 第21回日本医療薬学会年会 神戸 2011/10/01~2011/10/02
  • [Poster presentation] 6年次学生に対するフィジカルアセスメント実習実施とその評価 濵本 知之、廣原 正宜、千葉 良子、澁谷 文則、寺田 綾子、渡部 一宏、大澤 友二、戸田 潤、串田 一樹、高野 昭人、北島 潤一、萩原 幸彦、福森 隆次、堀口 よし江、濱島 肇、田口 恭治、伊賀 立二 第21回日本医療薬学会年会 神戸 2011/10/01~2011/10/02
  • [Poster presentation] 昭和薬科大学における標準患者が参加した実務実習事前学習構築の取り組み-患者情報確認および医薬品情報・服薬情報・生活情報提供実習- 萩原 幸彦、寺田 綾子、渡部 一宏、廣原 正宜、串田 一樹、高野 昭人、千葉 良子、濱本 知之、大澤 友二、濱島 肇、堀口 よし江、福森 隆次、北島 潤一、澁谷 文則、戸田 潤、田口 恭二 医療薬学フォーラム2011(第19回クリニカルファーマシーシンポジウム) 旭川 2011/07/09~2011/07/10
  • [Poster presentation] 長期実務実習を実施した学生及び指導薬剤師の意識調査(2) ―薬局実務実習― 寺田 綾子、渡部 一宏、廣原 正宜、串田 一樹、高野 昭人、千葉 良子、大澤 友二、北島 潤一、澁谷 文則、戸田 潤、萩原 幸彦、濱島 肇、濵本 知之、福森 隆次、堀口 よし江、田口 恭二、伊賀 立二 日本薬学会第131年会 静岡 2011/03/28~2011/03/31
  • [Poster presentation] 長期実務実習を実施した学生及び指導薬剤師の意識調査(1) ―病院実務実習― 渡部 一宏、寺田 綾子、廣原 正宣、串田 一樹、高野 昭人、千葉 良子、大澤 友二、北島 潤一、渋谷 文則、戸田 潤、萩原 幸彦、濱島 肇、濵本 知之、福森 隆次、堀口 よし江、田口 恭治、伊賀 立二 日本薬学会第131年会 静岡 2011/03/28~2011/03/31
  • [Poster presentation] SP参加型教育の効果:学生の1年間の変化を手がかりに 吉永 真理、堀口 よし江、萩原 幸彦、濵本 知之、大澤 友二、戸田 潤、渋谷 文則、北島 潤一、福森 隆次、濱島 肇、千葉 良子、高野 昭人、串田 一樹、廣原 正宜、渡部 一宏、寺田 綾子、田口 恭治、伊賀 立二 日本薬学会第131年会 静岡 2011/03/28~2011/03/31
  • [Poster presentation] 症例検討におけるProblem-based Learningの導入と教育効果について 廣原 正宜、渡部 一宏、寺田 綾子、濵本 知之、澁谷 文則、戸田 潤、大澤 友二 日本薬学会第131年会 静岡 2011/03/28~2011/03/31
  • [Poster presentation] 呼気一酸化炭素濃度を指標として行うvarenicline服用の禁煙指導 久米 晶子、濱本 知之、添田 聖子、久米 敏文、渋谷 文則 日本薬学会第131年会 静岡 2011/03/28~2011/03/31
  • [Poster presentation] 実務実習事前学習の薬局製剤実習の取り組み 北島潤一、高野昭人、澁谷文則、寺田綾子、渡部一宏、廣原正宜、串田一樹、千葉良子、濵本知之、大澤友二、堀口よし江、萩原幸彦、福森隆次、戸田潤、田口恭治、伊賀立二 日本薬学会第131年会 静岡 2011/03/28~2011/03/31
  • [Poster presentation] 昭和薬科大学におけるフィジカルアセスメント実習導入とその評価 濵本知之、廣原正宜、千葉良子、澁谷文則、寺田綾子、渡部一宏、大澤友二、戸田潤、串田一樹、高野昭人、北島潤一、萩原幸彦、福森隆次、堀口よし江、濱島肇、田口恭治、伊賀立二 日本薬学会第131年会 静岡 2011/03/28~2011/03/31
  • [Special lecture/Symposium] 薬剤師が関与する禁煙指導 久米晶子、久米敏文、濱本知之、渋谷文則 第65回医薬品相互作用研究会 秋田 2010/05/23
  • [Poster presentation] 長崎大学病院における腹膜透析療法の実態調査 稲岡奈津子、手嶋無現、田中茉莉子、水田夕貴、中島憲一郎、濵本知之、藤秀人、北原隆志、佐々木均 日本薬学会第130年会 岡山 2010/03/28~2010/03/30
  • [Poster presentation] 地域薬剤師・薬学部学生へのフィジカルアセスメント修得に対する取り組み 北原隆志、濵田久之、龍恵美、濵本知之、藤秀人、佐々木均、河野茂 日本薬学会第130年会 岡山 2010/03/28~2010/03/30
  • [Poster presentation] モデル・コアカリキュラムに基づいた6年制実務実習プログラムの作成および大学院生実習での試行による評価 濵本知之、中川博雄、松永典子、江頭かの子、佐藤加代子、宗像千恵、能勢誠一、嶺豊春、大脇裕一、中嶋幹郎、藤秀人、北原隆志、佐々木均 日本薬学会第130年会 岡山 2010/03/28~2010/03/30
  • [Poster presentation] 市販データベースを利用した薬剤マスタメンテナンスの検討 松永典子、中村忠博、田中茉莉子、冨松規子、樋口則英、浜本知之、藤秀人、北原隆志、佐々木均 平成21年度大学病院医療情報マネジメント連絡部門会議 岡山 2010/01/21~2010/01/22
  • [Oral presentation] 新規遺伝子ベクターの開発:カルシウムイオンを介したプラスミドDNA-アニオン性リポソーム複合体 中井將人、黑﨑友亮、児玉幸修、藤 秀人、浜本知之、北原隆志、佐々木 均 第26回日本薬学会九州支部大会 福岡 2009/12/12~2009/12/13
  • [Poster presentation] 乳がんにおけるFEC75療法の安全性の検討 山口健太郎、馬渡力、兒玉幸修、濵本知之、藤秀人、北原隆志、佐々木均 第71回九州山口薬学大会 別府 2009/11/22~2009/11/23
  • [Poster presentation] 血液製剤の適正使用ガイドラインに基づくアルブミン製剤使用実態の評価・解析 手嶋無限、原澤仁美、嶺豊春、長井一浩、上平憲、濵本知之、藤秀人、北原隆志、佐々木均 第19回日本医療薬学会年会 長崎 2009/10/24~2009/10/25
  • [Oral presentation] 質疑応答・資料文献データベースの構築と運用 樋口則英、森田光貴、田中茉莉子、冨松規子、浜本知之、藤秀人、北原隆志、佐々木均 第12回日本医薬品情報学会総会・学術大会 福岡 2009/07/18~2009/07/19
  • [Oral presentation] 適正な情報管理を実現するTDMシステムの構築 浅井瑶奈、中川博雄、浜本知之、藤秀人、北原隆志、佐々木均 第12回日本医薬品情報学会総会・学術大会 福岡 2009/07/18~2009/07/19
  • [Poster presentation] 術後感染予防の適正化を目指した経口・注射用抗菌薬の使用実態調査 今村政信、中川博雄、濵本知之、藤秀人、北原隆志、佐々木均 医療薬学フォーラム2009(第17回クリニカルファーマシーシンポジウム) 京都 2009/07/11~2009/07/12
  • [Poster presentation] 市販ソフトを用いた制吐療法設計支援システムの開発 兒玉幸修、森田光貴、樋口則英、佐藤加代子、濵本知之、藤秀人、北原隆志、佐々木均 医療薬学フォーラム2009(第17回クリニカルファーマシーシンポジウム) 京都 2009/07/11~2009/07/12
  • [Poster presentation] エリスロポエチン製剤とダルベポエチン製剤におけるヘモグロビン濃度推移およびヘモグロビン変動量の比較 江頭かの子、渡部祐子、濵本知之、藤秀人、北原隆志、佐々木均 医療薬学フォーラム2009(第17回クリニカルファーマシーシンポジウム) 京都 2009/07/11~2009/07/12
  • [Poster presentation] オピオイド使用患者の下剤使用状況に関する調査解析 樋口則英、飯尾直美、兒玉幸修、森田光貴、佐藤加代子、田中茉莉子、塚元和弘、濵本知之、藤秀人、北原隆志、佐々木均 日本薬学会第129年会 京都 2009/03/26~2009/03/28
  • [Poster presentation] 生体角膜電気抵抗値を指標とした点眼剤製剤設計の提案~点眼薬防腐剤が及ぼす影響の検討~ 手嶋無限、下田賢一郎、上松聖典、草野真央、北岡隆、濵本知之、藤秀人、北原隆志、佐々木均 日本薬学会第129年会 京都 2009/03/26~2009/03/28
  • [Poster presentation] ステロイドパルス療法中の膠原病患者におけるアムホテリシンB含嗽液の白苔予防会効果 松永典子、稲垣志保、中村忠博、樋口則英、濵本知之、藤秀人、北原隆志、佐々木均 日本薬学会第129年会 京都 2009/03/26~2009/03/28
  • [Poster presentation] Hybrid vector including polyethylenimine and cationic lipid, DOTMA, for gene delivery Sasaki H, Kurosaki T, To H, Hamamoto T AAPS 2008 Annual Meeting and Exposition Atlanta Ga. USA 2008/11/16~2008/11/20
  • [Poster presentation] 四塩化炭素誘発肝障害マウスを用いた遺伝子発現に及ぼす病期の影響 非ウイルスベクターを用いた検討 手嶋無限、吉田昇平、麓伸太郎、西田孝洋、中村純三、中嶋幹郎、浜本知之、藤秀人、北原隆志、佐々木均 日本薬物動態学会 第23回年会 熊本 2008/10/30~2008/11/01
  • [Oral presentation] CLIA法およびACMIA法を用いたタクロリムス血中濃度測定の比較検討 北原隆志、中川博雄、清水千恵子、兒玉幸修、濵本知之、藤秀人、佐々木均 第18回日本医療薬学会年会 札幌 2008/09/20~2008/09/21
  • [Poster presentation] がん化学療法の遅発性悪心・嘔吐の予防に対する制吐療法の実態調査と評価 兒玉幸修、樋口則英、江頭かの子、山口健太郎、濵本知之、藤秀人、北原隆志、佐々木均 第18回日本医療薬学会年会 札幌 2008/09/20~2008/09/21
  • [Poster presentation] イマニチブの服用時刻が悪心発現に与える影響 江頭かの子、樋口則英、兒玉幸修、山口健太郎、濵本知之、藤秀人、北原隆志、佐々木均 第18回日本医療薬学会年会 札幌 2008/09/20~2008/09/21
  • [Poster presentation] 化学発行免疫測定法(CLIA法)を用いたタクロリムス血中濃度測定法の評価 中川博雄、北原隆志、清水千恵子、兒玉幸修、濱本知之、藤秀人、佐々木均 第25回日本TDM学会・学術大会 東京 2008/06/21~2008/06/22
  • [Oral presentation] docetaxel先行投薬によるadriamycin誘発心毒性軽減の機序解明 友成真理、藤秀人、牛島健太郎、荒木良介、濵本知之、北原隆志、佐々木均 日本薬剤学会23年会 札幌 2008/05/20~2008/05/22
  • [Poster presentation] 悪性リンパ腫化学療法後のG-CSFの投与開始時期が白血球推移に及ぼす影響 稲岡奈津子、大山要、樋口則英、富永圭、山口健太郎、浜本知之、藤秀人、北原隆志、佐々木均 第17回日本医療薬学会年会 群馬 2007/09/29~2007/09/30
  • [Poster presentation] 抗癌剤docetaxelによるadriamycin誘発心毒性の軽減 友成真理、坂口裕美、児玉亜由美、荒木良介、藤秀人、濵本知之、佐々木均、大戸茂弘、樋口駿 日本薬学会第127年会 富山 2007/03/28~2007/03/30
  • [Poster presentation] 院内製剤5%ハイドロキノン軟膏の使用状況とその有用性に関する検討-長期使用例を含む- 濵本知之、三宅秀明、樋口則英、森田光貴、稲岡奈津子、西田孝洋、中村純三、藤秀人、一川暢宏、佐々木均 第39回日本薬剤師会学術大会 福井 2006/10/08~2006/10/09
  • [Poster presentation] 統合失調症患者における抗精神病薬処方中のパーキンソン病治療薬併用率に関する検討 樋口則英、稲岡奈津子、田原尚子、森田光貴、濱本知之、北原隆志、土井健志、塚元和弘、藤秀人、一川暢宏、佐々木均 第16回日本医療薬学会年会 金沢 2006/09/30~2006/10/01
  • [Poster presentation] Microsoft Access®を用いた静脈栄養処方設計支援システム(PNPas)の開発と評価 森田光貴、樋口則英、北原隆志、濱本知之、稲岡奈津子、藤秀人、一川暢宏、佐々木均 医療薬学フォーラム2006(第14回クリニカルファーマシーシンポジウム) 大阪 2006/07/15~2006/07/16
  • [Poster presentation] 院内製剤5%ハイドロキノン軟膏の使用状況とその有用性に関する検討 濵本知之、土持真由美、樋口則英、森田光貴、西田孝洋、中村純三、中嶋幹郎、一川暢宏、佐々木均 第38回日本薬剤師会学術大会 広島 2005/10/09~2005/10/10
  • [Poster presentation] 心臓リハビリテーションチームへの薬剤師の参画 濵田久男、濵本知之、中嶋幹郎、一川暢宏、佐々木均 医療薬学フォーラム2005(第13回クリニカルファーマシーシンポジウム) 鹿児島 2005/07/16~2005/07/17
  • [Poster presentation] 長崎大学病院における乳癌外来化学療法の現状調査-外来化学療法のチーム医療化へ向けて- 山口健太郎、濱本知之、中嶋幹郎、一川暢宏、佐々木均 日本薬学会第125年会 東京 2005/03/29~2005/03/31
  • [Poster presentation] 心臓血管外科病棟におけるワルファリンの使用状況とそれに及ぼす併用薬の影響 濵本知之、吉田昇平、能勢誠一、中嶋幹郎、一川暢宏、佐々木均 第14回日本医療薬学会年会 千葉 2004/10/16~2004/10/17
  • [Poster presentation] 超酸性水の使用状況および各種保存条件下における安定性 北原隆志、吉居廣朗、能勢誠一、濵本知之、大石和徳、一川暢宏、中嶋幹郎、佐々木均 第14回日本医療薬学会年会 千葉 2004/10/16~2004/10/17
  • [Oral presentation] 病院薬剤師が担うセーフティマネジメント 中嶋幹郎、北原隆志、濱本知之、一川暢宏、岩松洋之、中嶋誠一、相川康博、佐々木均 第67回九州山口薬学大会 佐賀 2004/09/18~2004/09/20
  • [Poster presentation] TPN無菌調製における無菌室清掃の必要性に関する検討 能勢誠一、久富由紀、大石和徳、永武毅、小嶺嘉男、濵本知之、北原隆志、一川暢宏、中嶋幹郎、佐々木均 医療薬学フォーラム2004(第12回クリニカルファーマシーシンポジウム) 札幌 2004/07/17~2004/07/18
  • [Poster presentation] 病院薬剤師と薬局薬剤師の連携を目指して-薬学的ケアの共有- 中坊由起子、上島泰二、濵本知之、濵田久男、鶴丸雅子、中嶋幹郎、一川暢宏、佐々木均 第36回日本薬剤師会学術大会 福岡 2003/10/12~2003/10/13
  • [Poster presentation] 高カロリー輸液調製時における異物混入の原因に関する調査 小嶺義男、濵本知之、北原隆志、河浪梨恵、西田孝洋、中村純三、一川暢宏、中嶋幹郎、佐々木均 第13回日本医療薬学会年会 神戸 2003/09/27~2003/09/28
  • [Poster presentation] 院内製剤レバミピド注腸剤の安定性 濵本知之、中坊由起子、一川暢宏、中嶋幹郎、牧山和也、佐々木均 第66回九州山口薬学会 沖縄 2002/11/22~2002/11/24
  • [Poster presentation] 免疫抑制剤の血中濃度測定値に及ぼす抗凝固剤の影響-ヘパリンとEDTAの比較- 小嶺嘉男、北原隆志、中坊由起子、濱本知之、中嶋幹郎、小笠原正良、佐々木均 第65回九州山口薬学大会 山口 2001/09/07~2001/09/09
  • [Poster presentation] 癌化学療法における遅発性嘔吐に対してペルフェナジンと塩酸ジフェンヒドラミンが奏効した症例 濵田久男、濵本知之、小笠原正良、佐々木均、中山大介、石丸忠之 第64回九州山口薬学大会 別府 2000/11/12
  • [Special lecture/Symposium] 「院外処方と保険薬局のかかわり」大学病院の立場から 濵本知之 第1回九州山口薬学会病院薬剤師学術大会研修会及びシンポジウム 長崎 1999/02/27~1999/02/28
  • [Poster presentation] 長崎大学病院における処方および注射薬オーダリングシステムの同時稼動に伴う薬剤業務の変化 鈴木彰人、上島泰二、伊東淳子、濱本知之、小笠原正良、市川正孝 日本薬学会第118年会 京都 1998/03/31~1998/04/02
  • [Special lecture/Symposium] 薬剤師が行う情報提供 永田修一、宇都宮和良、高木康、浜本知之、市川正孝 第29回日本薬剤師会学術大会 長崎 1996/11/03~1996/1104
  • [Poster presentation] 産婦人科病棟における癌性疼痛コントロールに対する薬剤師の役割 大宅寿実、鈴木彰人、濱本知之、市川正孝、後藤英夫、増崎英明、小柳津奈子、津田伊都子 第29回日本薬剤師会学術大会 長崎 1996/11/03~1996/1104
  • [Poster presentation] 末端肥大症に対するサンドスタチン持続皮下投与法の検討 伊東淳子、鈴木彰人、江藤和裕、濱田元子、浜本知之、市川正孝、矢野まゆみ、横山直方、赤澤昭一、長瀧重信 第12回日本薬学会九州支部大会 福岡 1995/12/00
  • [Poster presentation] 泌尿器科、産婦人科病棟における服薬指導 竹内理恵、佐田まゆみ、宮島千夏子、浜本知之、池崎隆司、市川正孝 第26回日本薬剤師会学術大会 北九州 1993/11/06~1993/11/07
  • [Oral presentation] ラット急性膵炎モデルに対するホスホマイシンの影響 浜本知之、平井正巳、市川正孝 日本薬学会第110年会 札幌 1990/08/21~1990/08/23
  • [Poster presentation] 慢性呼吸器疾患における繰返し感染と菌交代現象 浜本知之、石井良和、市川正孝、河野茂、重野芳輝、斉藤厚、原耕平、草野展周、山口恵三、臼井敏明 第52回九州山口薬学大会 長崎 1986/11/07~1986/11/08

Activities in society

 

 

ページトップへ

ページトップへ