教員

田村 修教授 / 薬学博士last update : 2023.01.16

English

プロフィール

研究者名
田村 修(タムラ オサム)
所属
薬化学研究室
担当科目
有機化学概説(1年)
有機化学実習Ⅰ(2年)
有機化学Ⅰ(2年)
有機化学特論(4年)
インターンシップ(5年)
薬学研究 I(4〜5年)
薬学研究 II(4〜5年)
薬学研究 III(6年)
反応有機化学特論及び演習(修士課程)
先端薬学(博士課程)
メディシナルケミストリー・生物有機化学特論・演習(博士課程)
医療薬学ゼミナール2(博士課程)
職位
教授
学位
薬学博士

学歴

1982年 3月 明治薬科大学製薬学科卒業
1983年 4月 大阪大学大学院薬学研究科博士前期課程入学
1988年 3月 大阪大学大学院薬学研究科博士後期課程修了
薬学博士(田村恭光教授、北 泰行助教授)

経歴

1982年 4月 明治薬科大学実験助手 昭和1983年3月同退職
1988年 8月 スイス,ジュネーブ大学博士研究員(W. Oppolzer教授)
1990年 8月 (財)相模中央化学研究所研究員(寺島孜郎博士)
1992年 4月 明治薬科大学助手、1997年 同講師(坂本正徳教授)
1999年 4月 金沢大学薬学部助教授(石橋弘行教授)
2005年 4月 昭和薬科大学薬学部教授(薬化学研究室)
現在に至る

免許・資格

  • 薬剤師免許

受賞歴

1996年 2月 1995年度 有機合成化学奨励賞(有機合成化学協会)

「高立体選択的な窒素官能基の導入法の開発と有用物質合成への応用」

2022年 3月 日本薬学会 2022年度学術貢献賞

「ニトロンの新しい化学の開拓」

所属学協会

日本薬学会、日本化学会、有機合成化学協会、プロセス化学会、臨床医薬品化学研究会

研究分野

含窒素生理活性物質の合成、その方法論開発

 

  • 現場で役に立つ 臨床医薬品化学 臨床医薬品化学研究会 編 共著   化学同人 2021年 9784759820546
  • 化学系薬学Ⅰ 化学物質の性質と反応(スタンダード薬学シリーズⅡ) 田村 修 第2章 基本事項 SBO 5〜7 73〜86 東京化学同人 2015 
  • 有機合成実験法ハンドブック 第2版  田村 修 第29章へテロ環合成法 29.1 芳香族へテロ環 d. ジアゾール,オキサゾール,トリアゾール 1051〜1053 丸善 2015 
  • Methods and Applications of Cycloaddition Reactions in Organic Syntheses Osamu Tamura 第6章 Geometry-Controlled Cycloaddition of C-Alkoxycarbonyl Nitrones: Synthetic Studies on Nonproteinogenic Amino Acids 151〜174 John Wiley & Sons 2014 
  • 天然物合成で活躍した反応 田村 修、石橋弘行 38. ニトロンの付加環化 76〜77 化学同人 2011 
  • 総説 STAT3阻害活性を有するPhaeosphaeride類の全合成. 小林 健一, 古源 寛, 田村 修,  有機合成化学協会誌 80(8), 755-765, 2022 
  • 原著論文 Gold-Catalyzed Formal [3+2] Cycloaddition in Ionic Liquid: Environmentally Friendly and Stereoselective Synthesis of Polysubstituted Indanes from Benzyl Alcohols with 1-Phenylpropenes.  Nobuyoshi Morita, Hitomi Chiaki, Kanae Ikeda, Kosaku Tanaka III, Yoshimitsu Hashimoto, Osamu Tamura,  Synlett,   in press 2022 
  • 原著論文 Directing-group-free Palladium-Catalyzed C-H Arylation of Aldoxime Using Oxime’s Umpolung Properties.  Kosaku Tanaka, III, Yoshimitsu Hashimoto, Nobuyoshi Morita, Osamu Tamura, Org. Lett.  in press  2022 
  • 原著論文 Cationic palladium(II)-catalyzed synthesis of substituted pyridines from α,β-unsaturated oxime ethers.  Takahiro Yamada, Yoshimitsu Hashimoto, Kosaku Tanaka, III, Nobuyoshi Morita, Osamu Tamura,  RSC Adv.  12(33),  21548–21557 2022 
  • 総説 価数の異なる金触媒の戦略的な利用:プロパルギルアルコールをテンプレートとする合成における多様性を指向した環化反応の開発,  森田 延嘉, 田村 修,  有機合成化学協会誌 79(7),  652-663  2021 
  • 原著論文 Electrophilic epoxidation of α,β-unsaturated oximes with dioxylane and ring opening of the epoxides.  Yumi Furugoori, Kiwamu Yoshida, Yoshimitsu Hashimoto, Nobuyoshi Morita, Osamu Tamura,  Chem. Pharm. Bull.  69(10),  1010-1016 2021 
  • 原著論文 Palladium(II)-Catalyzed Substituted Pyridine Synthesis from α,β-Unsaturated Oxime Ethers via C–H Alkenylation/Aza-6π-Electrocyclization Approach.  Takahiro Yamada, Yoshimitsu Hashimoto, Kosaku Tanaka, Ⅲ, Nobuyoshi Morita, Osamu Tamura,  Org. Lett.  23(5),  1659–1663 2021 
  • 原著論文 Gold-Catalyzed Formal [3+2]Cycloaddition of p-Quinones and 1-Phenylpropenes in Ionic Liquid: Environmentally Friendly and Stereoselective Synthesis of Benzofuran Neolignans. Nobuyoshi Morita, Kanae Ikeda, Chiaki Hitomi, Ryuto Araki, Kosaku Tanaka III, Yoshimitsu Hashimoto, Osamu Tamura,  Heterocycles,  103(2),  714-722 2021 
  • 原著論文 Synthesis and Formation Mechanism of a Compound with an Unprecedented Novel Skeleton: Skeletal Dodecahydro-4,10:5,9-diepoxydipyrrolo[3,4-b:3',4'-f][1,5]diazocine Compound Formation and Formation Mechanism.  Misaki Shinoda, Nobuyoshi Morita, Kosaku Tanaka, III, Yoshimitsu Hashimoto, Shintaro Ban, Osamu Tamura,  Chem. Pharm. Bull.  68(12),  1238–1243  2020 
  • 原著論文 Thioether Ligand-Enabled Cationic Palladium(Ⅱ)-Catalyzed Electrophilic C-H Arylation of α,β-Unsaturated Oxime Ethers.  Takahiro Yamada, Yoshimitsu Hashimoto, Kosaku Tanaka, Ⅲ, Nobuyoshi Morita, Osamu Tamura,  J. Org. Chem.  85(19),  12315−12328  2020 
  • 原著論文 Intramolecular activation of imidate with cationic gold(I) catalyst: a new benzylation reaction of alcohols.  Shintaro Ban, Tomotake Endo, Rikako Matsui, Nobuyoshi Morita, Yoshimitsu Hashimoto, Kosaku Tanaka, III, Osamu Tamura,  Tetrahedron Lett.  61(38),  152233-152235 2020 
  • 原著論文 O-Alkyl S-(pyridin-2-yl)carbonothiolates: Operationally Simple and Highly Nitrogen-Selective Alkoxy Carbonylation Reagents of Amino Groups.  Tomoyuki Suzuki, Kosaku Tanaka, III, Yoshimitsu Hashimoto, Nobuyoshi Morita, Osamu Tamura,  Synlett, 31(9),  899–902  2020 
  • 原著論文 Chelation-Based Homologation by Reaction of Organometallic Reagents with O-Alkyl S-(pyridin-2-yl)carbonothiolates: Synthesis of Esters from Grignard Reagents.  Shun Usami, Tomoyuki Suzuki, Koudai Mano, Kosaku Tanaka, III, Yoshimitsu Hashimoto, Nobuyoshi Morita, Osamu Tamura,  Synlett,  30(13),  1561-1564 2019 
  • 原著論文 Inverse-Electron-Demand oxa Diels–Alder Reactions of α-Keto-β,γ-unsaturated Esters and α,β-Unsaturated Hydrazones.  Yoshimitsu Hashimoto, Takanori Ikeda, Ayako Ida, Nobuyoshi Morita, Osamu Tamura,  Org. Lett. 21(11), 4245-4249 2019 
  • 原著論文 Efficient One-pot Synthesis of Substituted Oxazoles from 3-Trimethylsilyl-Propargylic Alcohols and Amides by Gold-Catalyzed Substitution Followed by Cycloisomerization.  Nobuyoshi Morita, Aoi Sano, Ayako Sone, Shino Aonuma, Arisa Matsunaga, Yoshimitsu Hashimoto, and Osamu Tamura,  Heterocycles 97(2) 719-728  2018 
  • 原著論文 Inverse-electron-demand Diels–Alder reaction α,β-unsaturated hydrazone with 3-methoxycarbonyl α-pyrone.  Yoshimitsu Hashimoto, Ryo Abe, Nobuyoshi Morita and Osamu Tamura Org. Biomol. Chem. 16(46),  8913–8916 2018 
  • 原著論文 Total synthesis of neodysiherbaine A using 1,3-dipolar cycloaddition of a chiral nitrone template. Toshihiro Hirai, Koki Shibata, Yohei Niwano, Masao Shiozaki, Yoshimitsu Hashimoto, Nobuyoshi Morita, Shintaro Ban, Osamu Tamura  Org. Lett.  19, 6320-6323 2017 
  • 原著論文 Thiyl radical-mediated cyclization of ω-alkynyl O-tert-butyldiphenylsilyloximes.  Nina Shibata, Takashisa Tsuchiya, Yoshimitsu Hashimoto, Nobuyoshi Morita, Shintaro Ban, Osamu Tamura,  Org. Biomol. Chem. 15(14),  3025-3034 2017 
  • 原著論文 Total synthesis of (-)-phaeosphaeride B by a biomimetic conversion from (-)-phaeosphaeride A.  Kenichi Kobayashi, Risako Kunimura, Kosaku Tanaka III, Osamu Tamura, Hiroshi Kogen,  Tetrahedron  73(17),  2382-2388,  2017 
  • 原著論文 Utilization of electron-donating α,β-unsaturated oximes: Regioselective inverse 1,3-dipolar cycloaddition of nitrones Yoshimitsu Hashimoto, Hiromasa Ishiwata, Soko Tachikawa, Shintaro Ban, Nobuyoshi Morita, Osamu Tamura  Chem. Commun.  53(18), 2685–2688 2017 
  • 原著論文 Gold(III)-catalyzed Synthesis of 2,3,4-Trisubstituted Dihydropyrans from Propargylic Alcohols with 1,3-Dicarbonyl Compounds.  Nobuyoshi Morita, Kazuki Oguro, Saori Takahashi, Midori Kawahara, Shintaro Ban, Yoshimitsu Hashimoto, Osamu Tamura  Heterocycles,  95,  172-180, 2017 
  • 原著論文 Gold-Catalyzed Dehydrative Friedel-Crafts Reaction and Nazarov Cyclization Sequence: An Efficient Synthesis of 1,3-Diarylindenes from Propargylic Alcohols.  Nobuyoshi Morita, Masazumi Miyamoto; Akiyoshi Yoda; Mari Yamamoto; Shintaro Ban; Yoshimitsu Hashimoto; Osamu Tamura,  Tetrahedron Lett.  57(40),  4460-4463,  2016 
  • 原著論文 Acid-induced molecular-structural transformation of N-methyl aromatic oligoamides bearing pyridine-2-carboxamide Ryu Yamasaki, Saori Fujikake, Ai Ito, Kentaro Migita, Nobuyoshi Morita, Osamu Tamura, Iwao Okamoto Tetrahedron Lett. 57(1),  56-59 2016 
  • 原著論文 Gold-catalyzed Dimeric Cyclization of Isoeugenol and Related 1-Phenylpropenes in Ionic Liquid: Environmentally Friendly and Stereoselective Synthesis of 1,2,3-Trisubstituted Dihydro(1H)Indenes Nobuyoshi Morita, Rie Mashiko, Dai Hakuta, Daisuke Eguchi, Shintaro Ban, Yoshimitsu Hashimoto, Iwao Okamoto, Osamu Tamura  Synthesis   1927-1933 2016 
  • 原著論文 Gold-catalyzed synthesis of 2-substituted azepanes: strategic use of soft gold(I) and hard gold(III) catalysts Nobuyoshi Morita, Yuta Saito, Ayumi Muraji, Shintaro Ban, Yoshimitsu Hashimoto, Iwao Okamoto, Osamu Tamura  Synlett, 27(13), 1936-1940 2016 
  • 原著論文 Total Synthesis of Maremycins A and D1 Using Chiral and Cyclic Nitrone with (E)-3-Ethylidene-1-Methylindolin-2-one.  Tohru Ueda, Mitsunobu Inada, Nobuyoshi Morita, Osamu Tamura Heterocycles 90(2),  1179-1195 2015 
  • 原著論文 Establishment of Relative and Absolute Configurations of Phaeosphaeride A: Total Synthesis of ent-Phaeosphaeride Kenichi Kobayashi, Yukiko Kobayashi, Misato Nakamura, Osamu Tamura, Hiroshi Kogen J. Org. Chem. 80(2),  1243-1248 2015 
  • 原著論文 BF3-Mediated cis-Selective Cycloaddition of O-Silyloxime with Alkenes Nobuyoshi Morita, Rina Kono, Kenji Fukui, Asuka Miyazawa, Hyuma Masu, Isao Azumaya, Shintaro Ban, Yoshimitsu Hashimoto, Iwao Okamoto, Osamu Tamura J. Org. Chem. 80(9),  4797-4802 2015 
  • 原著論文 Gold(I)/(III)-Catalyzed 2-Substituted Synthesis of Piperidines; Valency-Controlled Cyclziation Modes Nobuyoshi Morita, Tomonori Tsunokake, Yuji Narikiyo, Mayuka Harada, Tatsuyuki Tachibana, Yuta Saito, Shintaro Ban, Yoshimitsu Hashimoto, Iwao Okamoto, Osamu Tamura Tetrahedron Lett. 56(45), 6269-6272 2015 
  • 原著論文 Gold-Catalyzed Synthesis of Cyclic Ethers; Valency-Controlled Cyclization Modes Nobuyoshi Morita, Arisa Yasuda, Motohiro Shibata, Shintaro Ban, Yoshimitsu Hashimoto, Iwao Okamoto, Osamu Tamura Org. Lett. 17(11),  2668-2671 2015  
  • 原著論文 Redox-Responsive Conformational Alteration of Aromatic Amides Bearing N-Quinonyl System Iwao Okamoto, Yusuke Takahashi, Mika Sawamura, Mio Matsumura, Hyuma Masu, Kosuke Katagiri, Isao Azumaya, Masanori Nishino, Yukari Kohama, Nobuyoshi Morita, Osamu Tamura, Hiroyuki Kagechika, Aya Tanatani Tetrahedron 68(27-28),  5346-5355  2012 
  • 原著論文 Synthesis and Biological Evaluation of Tubulysin D Analogues Related to Stereoisomers of Tubuvaline Taku Shibuea, Iwao Okamotob, Nobuyoshi Moritab, Hiroshi Moritac, Yusuke Hirasawac, Takahiro Hosoyac, Osamu Tamurab Bioorg. Med. Chem. Lett. 21 431-434 2011 
  • 原著論文 Synthesis of the Proposed Structure of Phaeosphaeride A Kenichi Kobayashi, Iwao okamoto, Nobuyoshi Morita, Osamu Tamura  Org. Biomol. Chem. 9 5825-5832 2011 
  • 原著論文 Convenient Synthesis of Aminopyridinecarboxylic Acids  Iwao Okamoto, Masayuki Terashima, Rempei Yoshioka, Tomonori Muramatsu, Satomi Kojima, Haruka Inoue, Mio Takahashi, Nobuyoshi Morita, Osamu Tamura Heterocycles  83 2343-2352 2011 
  • 原著論文 Stereoselective Vinylogous Mannich Reaction of 2-Trimethylsilyloxyfuran on to N-Gulosyl Nitrones Osamu Tamura, Kodai Takeda, Naka Mita, Masanori Sakamoto, Iwao Okamoto, Nobuyoshi Morita, Hiroyuki Ishibashi Org. Biomol. Chem. 9 7411–7419 2011 
  • 原著論文 Acid-induced conformational alteration of cis-preferential aromatic amides bearing N-methyl-N-(2-pyridyl) moiety Iwao Okamotoa, Masayuki Terashima, Hyuma Masu, Mayumi Nabeta, Kaori Ono, Nobuyoshi Morita, Kosuke Katagiri, Isao Azumaya, Osamu Tamura Tetrahedron  67 8536-8543 2011 
  • 原著 Products of Thymine Oxygenation by a Non-heme Oxygenation Model, FeII(MeCN)62+–Ac2O–H2O2, and the Transision State Model between Oxoiron and Thymine Shigeki Kobayashi, Akihiko Takagi, Toshiyuki Chikuma, Osamu Tamura, Eiichi Kotani, Takao Katase Chem. Pharm. Bull.  58(6), 775-781, 2010 
  • 原著論文 Total Synthesis of Tubulysins Taku Shibue, Toshihiro Hirai, Iwao Okamoto, Nobuyoshi Morita, Hyuma Masu, Isao Azumaya, Osamu Tamura Chem. Eur. J.  16(38) 11678-11688. 2010 

研究業績(学会発表等)

タブ区切りテキスト形式でダウンロード

  •  オキシム窒素の直接的アリール化によるニトロン形成及び付加環化反応への展開 ○田中耕作三世, 吉田真弓,橋本善光, 森田延嘉, 田村 修 第48回反応と合成の進歩シンポジウム 千葉 2022/11
  •  イソシアナートによるオキシムのN-選択的なアシル化を用いるニトロン形成とその1,3-双極子付加環化反応 〇山本彩可、青木啓祐、田中耕作三世、橋本善光、森田延嘉、田村 修 第51回複素環化学討論会 大阪 2022/09
  •  水溶性金触媒を利用した環境調和型 2,3-ジヒドロベンゾフラン類の合成 〇千秋妃美、森田延嘉、Norbert Krause、田中耕作三世、橋本善光、田村 修 第51回複素環化学討論会 大阪 2022/09
  •  ニトロンの新しい化学の開拓(日本薬学会学術貢献賞 受賞講演) ○田村 修 日本薬学会第142年会  名古屋 2022/03
  •  水溶性金触媒を用いる環境調和型インダン・ベンゾフラン類の合成 ○森田延嘉、千秋妃美、田中耕作三世、橋本善光、Norbert Krause、田村 修 日本薬学会第142年会 名古屋 2022/03
  •  イソシアナートを用いるオキシムからの直接的なニトロンの発生法およびその分子間1,3-双極子付加環化反応 〇山本 彩可、 青木 啓祐、 田中 耕作三世、 真野 滉大、 橋本 善光、 森田 延嘉、 田村 修 日本薬学会第 142 年会 名古屋 2022/03
  •  N-ボラノニトロンを用いたcononuridineのCDE環の合成研究 江藤 大輔、 〇田中 耕作三世、 真野 滉大、 橋本 善光、 森田 延嘉、 田村 修 日本薬学会第 142 年会 名古屋 2022/03
  •  オキシム炭素選択的カップリング反応の開発 〇田中 耕作三世、橋本 善光、森田 延嘉、田村 修 日本薬学会第 142 年会 名古屋 2022/03
  •  オキシムの直接的なN-アリール化によるニトロン形成 田中耕作三世、 〇吉田真弓、 橋本善光、 森田延嘉、 田村 修 日本薬学会第 142 年会 名古屋 2022/03
  •  o-キノンモノアセタールをジエンとしたα,β-不飽和ヒドラゾンとの逆電子要請型Diels–Alder反応 橋本善光、〇桑野 裕司、田中 耕作三世、森田 延嘉、田村 修 日本薬学会第 142 年会 名古屋 2022/03
  •  非対称アラインとオキシムフランの配向選択的[4+2]付加環化反応における基質一般性 〇熊坂 優、橋本 善光、相原 柚香、梶ヶ谷 早恵、長瀬 蒼生、田中 耕作三世、森田 延嘉、田村 修 日本薬学会第 142 年会 名古屋 2022/03
  •  カチオン性パラジウム触媒による α,β-不飽和オキシムのβ 位アルケニル化反応を経由した新規ピリジン合成法の開発 〇山田 孝博、 橋本 善光、 田中 耕作三世、 森田 延嘉、 田村 修 第47回反応と合成の進歩シンポジウム 札幌 2021/10
  •  イオン液体中金触媒によるtrans-2,3-ジヒドロベンゾフラン類の合成 〇森田延嘉、荒木龍杜、田中耕作三世、橋本善光、田村 修 日本薬学会第65回関東支部大会 千葉 2021/09
  •  イオン液体中金触媒によるインダン類・ベンゾフラン類の合成 ○千秋妃美、森田延嘉、池田佳奈絵、荒木龍杜、益子理絵・白田大、田中耕作三世、橋本善光、田村 修 第50回複素環化学討論会 静岡 2021/09
  •  計算化学的手法を用いた特徴的なラダー化合物の生成機構の推定 篠田美咲、○田中耕作三世、橋本善光、森田延嘉、田村 修 日本薬学会第141年会 広島 2021/03
  •  イオン液体中金触媒を利用した三置換インダン類の合成研究 ○千秋妃美、森田延嘉、池田佳奈絵、田中耕作三世、橋本善光、田村 修 日本薬学会第141年会 広島 2021/03
  •  一価金触媒によるアセトイミド酸アルキル誘導体の活性化を利用したベンジル化反応 伴慎太郎、遠藤智丈、松井里香子、森田延嘉、○橋本善光、田中耕作三世、田村 修 日本薬学会第141年会 広島 2021/03
  •  イオン液体中金触媒を利用した2,3-trans-ジヒドロベンゾフラン類の合成 ○森田延嘉、池田佳奈絵、千秋妃美、荒木龍杜、田中耕作三世、橋本善光、田村 修 日本薬学会第141年会 広島 2021/03
  •  戦略的金触媒利用による環状化合物の合成 ○森田延嘉 第64回日本薬学会関東支部大会 シンポジウム S4若手研究者が切り拓く薬学の有機合成化学 東京 2020/09
  •  O-アルキル S-(ピリジン-2-イル)カルボノチオラート類:特徴あるアルコキシカルボニル化剤 鈴木智行、宇佐美駿、真野滉大、○田中耕作三世、橋本善光、森田延嘉、田村 修 第49回複素環化学討論会 長野 2020/09
  •  ω-アルキニルオキシムの歪んだ付加環化体の挙動 篠田美咲、○田中耕作三世、橋本善光、森田延嘉、田村 修 日本薬学会 第140年会 京都 2020/03
  •  オキシムとヘテロクムレンを用いた新規ニトロン発生法の開発及び付加環化反応への応用 井出洋介、松田直人、○山本彩可、田中耕作三世、橋本善光、森田延嘉、田村 修 日本薬学会 第140年会 京都 2020/03
  •  ニトロンの1,3-双極子付加環化反応を用いた(+)-Negamycinの合成研究 ○長瀬聖大、梶木優希、田中耕作三世、橋本善光、森田延嘉、田村 修 日本薬学会 第140年会 京都 2020/03
  •  イオン液体中金触媒を利用した多置換インダン類の合成 ○森田延嘉、池田佳奈絵、中田修平、田中耕作三世、橋本善光、田村 修 日本薬学会 第140年会 京都 2020/03
  •  金触媒を用いるインデン類の合成と固体発光性に関する研究 ○森田延嘉、三輪真巳、河村有理、田中耕作三世、橋本善光、田村 修 第45回反応と合成の進歩シンポジウム 倉敷 2019/10
  •  Inverse-Electron-Demand Diels–Alder Reactions of α,β-Unsaturated Hydrazones withα-Pyrones Having Electron- Withdrawing Group. Yoshimitsu Hashimoto, Ryo Abe, Nobuyoshi Morita and ○Osamu Tamura 27th International Society of Heterocyclic Chemistry Congress Kyoto 2019/09
  •  Gold-catalyzed One-Pot Synthesis of Oxazoles from 3-Trimethylsilyl Propargylic Alcohols and Amides. ○Nobuyoshi Morita, Aoi Sano, Ayako Sone, Shino Aonuma, Arisa Matsunaga, Yoshimitsu Hashimoto, and Osamu Tamura 27th International Society of Heterocyclic Chemistry Congress Kyoto 2019/09
  •  N-ボラノニトロンの分子内付加環化反応を用いたcononuridineの合成研究 〇田中耕作三世、真野滉大、森田延嘉、橋本善光、田村 修 第63回日本薬学会関東支部大会 東京 2019/09
  •  天然物合成を指向した金触媒によるビシクロ[3.3.1]ケタールの合成 森田延嘉、○木口このみ、村井貴大、佐藤きえ、田中耕作三世、橋本善光、田村 修 第63回日本薬学会関東支部大会 東京 2019/09
  •  ニトロンとα,β-不飽和ヒドラゾンとの配向選択的付加環化反応 ○橋本善光、尾下由里子、柚原沙友里、田中耕作三世、森田延嘉、田村 修 第63回日本薬学会関東支部大会 東京 2019/09
  •  カンファースルタムアミドN-ボラノニトロンの立体選択的付加環化反応を利用したnegamycinの合成研究 ○川口勇輔、梶木優希、彦坂一成、橋本善光、森田延嘉、田村 修 日本薬学会第139年会 千葉 2019/03
  •  非対称アラインとオキシムフランとの配向選択的[4+2]付加環化反応 ○橋本善光、梶ヶ谷早恵、相原柚香、渡邉智香、森田延嘉、田村 修 日本薬学会第139年会 千葉 2019/03
  •  ニトロンの分子内付加環化反応を用いたcononuridineの合成研究 ○真野滉大、橋本善光、森田延嘉、田村 修 日本薬学会第139年会 千葉 2019/03
  •  金触媒を用いたアレン類の合成;反応活性種とメカニズムに関する研究 ○森田延嘉、松永愛理紗、依田明愛、橋本善光、田村 修 日本薬学会第139年会 千葉 2019/03
  •  Gold-catalyzed One-Pot Synthesis of Substituted Oxazoles from 3-Trimethylsilyl Propargylic Alcohols and amides. ○Nobuyoshi Morita 2nd Edition of EuroSciCon Conference on Chemistry Prague, Czech Republic 2019/02
  •  金触媒存在下3-トリメチルシリルプロパルギルアルコール類とアミド類の反応 ○森田延嘉、佐野 葵、曽根絢子、青沼志濃、松永愛理紗、橋本善光、田村 修 第44回反応と合成の進歩シンポジウム 熊本 2018/11
  •  特徴あるニトロンの創成とその高次利用 ○田村 修 有機合成化学協会関東支部ミニシンポジウム多摩2018 八王子 2018/10
  •  逆配向選択性 1,3-双極子付加環化反応による 5-イミノイソオキサゾールの合成
 ○橋本善光、青木 亮、森田延嘉、田村 修 第48回複素環化学討論会 長崎 2018/09
  •  α,β-不飽和ヒドラゾンを電子豊富ジエノフィルとした多置換ジヒドロピランの合成法 ○池田喬紀、橋本善光、森田延嘉、田村 修 第48回複素環化学討論会 長崎 2018/09
  •  金触媒によるMeyer-Schuster転位反応と Aza-Michael付加反応を利用したピロリジン類の合成 ○森田延嘉、村治あゆみ、福原弓恵、橋本善光、田村 修 第62回日本薬学会関東支部大会 中野 2018/09
  •  A new regio- and stereo-controlling method in nitrone cycloaddition by using N-heteroatom substituted imines. ○Yoshimitsu Hashimoto, Yuriko Oshita, Sayuri Yuhara, Hiromasa Ishiwata, Soko Tachikawa, Shintaro Ban, Nobuyoshi Morita, Osamu Tamura 22nd International Conference on Organic Synthesis (22-ICOS)  Florence, Italy 2018/09
  •  Total synthesis of neodysiherbaine A using chelation controlled 1,3-dipolar cycloaddition of a nitrones with an allyl alcohol.  Toshihiro Hirai, Koki Shibata, Yohei Niwano, Masao Shiozaki, Yoshimitsu Hashimoto, Nobuyoshi Morita, Shintaro Ban, ○Osamu Tamura 19th Tetrahedron Syposium Riva del Garda, Italy 2018/06
  •  イオン液体中金触媒存在下ベンジルアルコール類とスチレン類の反応 ○森田延嘉、池田佳奈絵、伴慎太郎、橋本善光、田村 修 日本薬学会第138年会 金沢 2018/03
  •  チオ炭酸S-ピリジニル誘導体を利用したエステル化反応 宇佐美駿、○真野滉大、鈴木智行、伴慎太郎、橋本善光、森田延嘉、田村 修 日本薬学会第138年会 金沢 2018/03
  •  α,β-不飽和ヒドラゾンを親ジエンとしたα-ピロンとの逆電子要請型Diels–Alder反応 ○橋本善光、安部 凌、伴慎太郎、森田延嘉、田村 修 日本薬学会第138年会 金沢 2018/03
  •  オキシムのN-アシル化によるN-アルコキシカルボニルニトロンの生成とその分子内付加環化反応 ○伴慎太郎、相良浩人、安田雅俊、鈴木良生、鈴木智行、橋本善光、森田延嘉、田村 修 第43回反応と合成の進歩シンポジウム 富山 2017/11
  •  Strategic Use of Gold(I)/(III) Catalysts for Synthesis of Piperidines and Azepanes; Valency-Controlled Cyclization Modes. Nobuyoshi Morita 6th Global Conference on Materials Science and Engineering Beijing 2017/10
  •  金触媒を利用したテトラヒドロピラン類の合成 森田延嘉、濵崎悠帆、北山健太、伴慎太郎、橋本善光、○田村 修 第47回複素環化学討論会 高知 2017/10
  •  金触媒を利用したアレン類の合成 ○森田延嘉、依田明愛、松永愛理紗、三輪真巳、宮本昌純、山本真理、伴慎太郎、橋本善光、田村 修 第64回有機金属化学討論会 仙台 2017/09
  •  O-Alkyl S-(pyridin-2-yl)carbonothioates (PySCOORs) を利用したエステルの合成 ○宇佐美駿、鈴木智行、伴慎太郎、橋本善光、森田延嘉、田村 修 第61回日本薬学会関東支部大会 東京 2017/09
  •  金触媒を用いた2,6-二置換テトラヒドロピラン類の合成 ○森田延嘉、山下大智、畑邊真衣、伴慎太郎、橋本善光、田村 修 第61回日本薬学会関東支部大会 東京 2017/09
  •  イミダート系脱離基の分子内活性化 ○伴慎太郎、遠藤智丈、松井里香子、橋本善光、森田延嘉、田村 修 第61回日本薬学会関東支部大会 東京 2017/09
  •  金触媒を利用した1,3-ジヒドロベンゾ[cd]インドール類の合成研究 ○森田延嘉、河原みどり、江口大介、海老名史香、伴慎太郎、橋本善光、田村 修 日本プロセス化学会2017サマーシンポジウム 大阪 2017/08
  • ポスター発表 Neodysiherbaine A の全合成 柴田洸希、庭野陽平、汐崎正生、平井俊弘、伴慎太郎、橋本善光、森田延嘉、田村 修 日本薬学会第136年会 横浜 2016/03/26〜2016/03/29
  • ポスター発表 金触媒を利用した1,3-ジヒドロベンゾ[cd]インドール骨格の構築 森田延嘉、江口大介、海老名史香、伴慎太郎、橋本善光、田村 修 第45回複素環化学討論会 東京 2015/11/19〜2016/11/21
  • ポスター発表 アシル化により促進されるオキシムの分子内付加環化反応 田村 修、竹内祐輝、外山亮介、鈴木智行、相良浩人、鈴木良生、森田延嘉、伴慎太郎、橋本善光 第41回反応と合成の進歩シンポジウム 東大阪 2015/10/26〜2015/10/27
  • ポスター発表 金触媒を利用したインデン骨格の効率的構築法の開発 森田延嘉、宮本昌純、山本真理、伴慎太郎、橋本善光、田村 修 第41回反応と合成の進歩シンポジウム 東大阪 2015/10/26〜2015/10/27
  • 口頭発表 金触媒によるピペリジン類の合成:価数による環化様式の制御 森田延嘉、角掛智紀、生清雄士、原田万由佳、伴慎太郎、橋本善光、田村 修 平成27年度有機合成化学北陸セミナー 富山 2015/10/02〜2015/10/03
  • ポスター発表 Neodysiherbaine Aの全合成研究 柴田洸希、庭野陽平、汐崎正生、平井俊弘、伴慎太郎、橋本善光、森田延嘉、田村 修 第59回日本薬学会関東支部大会 船橋 2015/09/12〜2015/09/12
  • ポスター発表 天然物合成を指向した金触媒を利用するビシクロ[3.3.1]ケタール骨格の構築 森田延嘉、村井貴大、佐藤きえ、伴慎太郎、橋本善光、田村 修 第59回日本薬学会関東支部大会 船橋 2015/09/12〜2015/09/12
  • ポスター発表 Stereoselectivity of intramolecular cycloaddition of allenyl nitrones Nobuyoshi Morita, Yukari Saito, Sakurako Zenzai, Osamu Tamura 16th Tetrahedron Symposium ベルリン 2015/06/16〜2015/06/19
  • ポスター発表 Phaeosphaeride Aの相対および絶対立体配置の決定 小林健一、小林夕貴子、中村美里、田村 修、古源 寛 日本薬学会第135年会 神戸 2015/03/25〜2015/03/28
  • ポスター発表 C-カルボキシニトロンの付加環化反応を用いるsyn-HPA-12の合成研究 濵 沙織、宮澤明日香、稲葉友香、庭野陽平、伴 慎太郎、橋本善光、森田延嘉、田村 修 日本薬学会第135年会 神戸 2015/03/25〜2015/03/28
  • ポスター発表 金触媒によるMeyer-Schuster転位反応とAza-Michael付加反応を利用したazepane骨格の構築 森田延嘉、斉藤祐太、伴慎太郎、橋本善光、田村 修 日本薬学会第135年会 神戸 2015/03/25〜2015/03/28
  • ポスター発表 ω-アルキニルO-シリルオキシムを基質とした チイルラジカルの付加・閉環反応の開発研究 土屋貴久、柴田仁奈、相良浩人、伴慎太郎、橋本善光、森田延嘉、田村 修 日本薬学会第135年会 神戸 2015/03/25〜2015/03/28
  • ポスター発表 金触媒を利用したピペリジン類の合成:価数による環化様式の制御 森田延嘉,角掛智紀,原田万由桂,生清雄士,橋本善光,田村 修 第40回反応と合成の進歩シンポジウム 仙台 2014/11/10〜2014/11/11
  • ポスター発表 Radical Cyclization of-Alkynyl O-tert-Butyldiphenylsilyloximes Using 4-tert-Butylbenzenethiol Nina Shibata, Takahisa Tsuchiya, Nobuyoshi Morita 15th Tetrahedron Symposium Asia Edition シンガポール 2014/10/28〜2014/10/31
  • ポスター発表 A Concise Synthesis of cis-HPA-12 Using Branonitrone species Asuka Miyazawa, Yuka Inaba, Saori Hama, Shintaro Ban, Nobuyoshi Morita, Osamu Tamura 15th Tetrahedron Symposium Asia Edition シンガポール 2014/10/28〜2014/10/31
  • 口頭発表 金触媒によるMeyer-Schuster 転位反応とAza-Michael 付加反応を利用した含窒素七員環化合物の合成 森田延嘉、斉藤祐太、田村 修 第58回日本薬学会関東支部大会 町田 2014/10/04〜2014/10/04
  • 口頭発表 ent-Phaeosphaeride Aの全合成 小林健一、小林夕貴子、田村 修、古源 寛 第58回日本薬学会関東支部大会 町田 2014/10/04〜2014/10/04
  • ポスター発表 金触媒によるインデン骨格の簡便合成法の開発 森田延嘉、宮本昌純、橋本善光、田村 修 第58回日本薬学会関東支部大会 町田 2014/10/04〜2014/10/04
  • 口頭発表 金(I)/(III)触媒による環状エーテル類の合成:価数による環化様式の制御 森田 延嘉、柴田基拓、安田有沙、佐藤きえ、橋本善光、田村 修 第44回複素環化学討論会 札幌 2014/09/10〜2014/09/12
  • ポスター発表 Gold-catalyzed Efficient Synthesis of Cyclic Ethers bearing carbonyl group via Meyer-Schuster Rearrangment and Oxa-Michael Addition Nobuyoshi Morita, Arisa Yasuda, Motohiro Shibata, Osamu Tamura 5th EuCheMS Chemistry Congress  イスタンブール 2014/08/31〜2014/09/04
  • ポスター発表 BF3•OEt2-Mediated Cycloaddition of (tert-Butyldimethylsilyloxyimino)acetic Acid N,N-Dimethyl Amide with Olefines Osamu Tamura, Nobuyoshi Morita, Rina Kono, Kenji Fukui, Asuka Miyazawa IMEBORON XV  プラハ 2014/08/24〜2014/08/28
  • 口頭発表 Phaeosphaeride Aの全合成研究 小林健一、田村 修、古源 寛 日本薬学会第134年会 熊本 2014/03/27〜2014/03/31
  • ポスター発表 金触媒によるタンデム反応を利用した1,3-ジヒドロベンゾ[cd]インドール骨格の構築 森田延嘉、海老名史香、江口大介、田村修 日本薬学会第134年会 熊本 2014/03/27〜2014/03/31
  • ポスター発表 Boc2Oにより促進されるオキシムの分子内付加環化反応の反応機構 外山亮介、善財さくらこ、高橋和紗、竹内祐輝、森田延嘉、田村 修 日本薬学会第134年会 熊本 2014/03/27〜2014/03/31
  • ポスター発表 金触媒を利用した環状エーテル類の合成 森田延嘉、柴田基拓、安田有沙、佐藤きえ、岡本巌、田村修 第39回反応と合成の進歩シンポジウム 福岡 2013/11/05〜2013/11/06
  • ポスター発表 金触媒を利用した多置換環状エーテル合成における基礎研究 森田延嘉、北山健太、岡本 巌、田村 修 第57回日本薬学会関東支部大会 東京 2013/10/26〜2013/10/26
  • ポスター発表 Boc2O により促進される分子内オキシム—オレフィン付加環化反応 竹内祐輝、髙橋和紗、外山亮介、善財さくらこ、森田延嘉、岡本 巌、田村 修 第43回複素環化学討論会 岐阜 2013/10/17〜2013/10/19
  • ポスター発表 Gold-catalyzed Efficient Synthesis of Cyclic Ethers bearing Acetylenic Moiety Nobuyoshi Morita, Kie Sato, Arisa Yasuda, Iwao Okamoto, Osamu Tamura 18th European Symposium on Organic Chemistry  マルセイユ 2013/07/07〜2013/07/12
  • ポスター発表 BF3•OEt2-Mediated cis-Selective Cycloaddition of O-Silyloxime Nobuyoshi Morita, Rina Kono, Kenji Fukui, Asuka Miyazawa, Ryosuke Toyama, Iwao Okamoto, Osamu Tamura 14th Tetrahedron Symposium  ウィーン 2013/06/25〜2013/06/28
  • ポスター発表 N-ボラノニトロンを用いるsyn-HPA12の合成研究 宮澤明日香、稲葉有香、河野莉奈、森田延嘉、岡本 巌、田村 修 日本薬学会第133年会 横浜 2013/03/27〜2013/03/30
  • ポスター発表 Boc2Oにより促進されるオキシムの分子内付加環化反応 竹内祐輝、髙橋和紗、外山亮介、岡本 巌、森田延嘉、田村 修 日本薬学会第133年会 横浜 2013/03/27〜2013/03/30
  • ポスター発表 N,N-ジアリール型芳香族アミドの立体構造特性 岡本 巌、藤野大人、丑山恵子、山中恵理子、鈴木めぐみ、加藤美沙、高橋優介、森田延嘉、田村 修 日本薬学会第133年会 横浜 2013/03/27〜2013/03/30
  • ポスター発表 金触媒によるタンデム反応を利用したビシクロ[3,3,1]ケタール骨格の構築 森田延嘉、佐藤きえ、海老名史香、岡本 巌、田村 修 日本薬学会第133年会 横浜 2013/03/27〜2013/03/30
  • ポスター発表 金触媒によるMeyer-Schuster転位反応とoxa-Michael付加反応を用いた環状エーテルの合成 森田延嘉、安田有沙、柴田基拓、岡本 巌、田村 修 日本薬学会第133年会 横浜 2013/03/27〜2013/03/30
  • ポスター発表 STAT3依存性シグナリング阻害物質Phaeosphaeride Aの合成研究 小林健一、古源 寛、岡本 巌、森田延嘉、田村 修 第30回メディシナルケミストリーシンポジウム 東京 2012/11/28〜2012/11/30
  • ポスター発表 Stereoselective Vinylogous Mannich Reaction of 2-Trimethylsilyloxyfuran with N-Gulosyl Nitrones: Application to Syntheses of Intermediates of Polyoxin C and Dysiherbaine Osamu Tamura, Kodai Takeda, Naka Mita, Masanori Sakamoto, Iwao Okamoto, Nobuyoshi Morita, Hiroyuki Ishibashi 13th Tetrahedron Symposium – Asia Edition 台北 2012/11/27〜2012/11/30
  • ポスター発表 Radical Cyclization of ω-Alkynyl Imino Compounds Using 4-tert-Butylbenzenethiol Nina Shibata, Iwao Okamoto, Nobuyoshi Morita, Osamu Tamura 13th Tetrahedron Symposium – Asia Edition 台北 2012/11/27〜2012/11/30
  • ポスター発表 抗腫瘍性ペプチドtubulysin 類の合成 田村 修、澁江 卓、岡本 巌、森田延嘉 第38回反応と合成の進歩シンポジウム 東京 2012/11/05〜2012/11/06
  • ポスター発表 N-グロシルニトロンへの2-シリルオキシフランの付加反応とその応用 田村 修、武田広大、岡本 巌、森田延嘉、石橋弘行 第42回複素環化学討論会 京都 2012/10/11〜2012/10/12
  • ポスター発表 Conformational analyses and external stimuli induced conformational alteration of N,N-diaryl amides Iwao Okamoto, Keiko Ushiyama, Eriko Yamanaka, Megumi Suzuki, Misa Kato, Yusuke Takahahsi, Hiroto Fujino, Nobuyoshi Morita, Osamu Tamura 244th American Chemical Society National Meeting & Exposition  フラデルフィア 2012/08/19〜2012/08/23
  • ポスター発表 Total Synthesis of Tubulysins and Their Stereoisomers Osamu Tamura, Taku Shibue, Toshihiro Hirai, Iwao Okamoto, Nobuyoshi Morita 19th International Conference on Organic Synthesis  メルボルン 2012/07/01〜2012/07/06
  • ポスター発表 金触媒を利用したピペリジン類の簡便合成法の開発 森田延嘉、佐藤きえ、生清雄士、安田有沙、岡本 巌、田村 修 日本薬学会第132年会 札幌 2012/03/28〜2012/03/31
  • ポスター発表 金触媒を利用した環状エーテル類とラクトン類の簡便合成法の開発 森田延嘉、安田有沙、佐藤きえ、生清雄士、岡本 巌、田村 修 日本薬学会第132年会 札幌 2012/03/28〜2012/03/31
  • ポスター発表 アミド置換O-シリルオキシムのcis選択的な環化付加反応 河野莉奈、森田延嘉、岡本 巌、柴田仁奈、田村 修 日本薬学会第132年会 札幌 2012/03/28〜2012/03/31
  • ポスター発表 3,5-置換ピリジンによって構築される大環状N-アルキルアミドの合成と立体特性 岡本 巌、小島絵美、吉岡廉平、森田延嘉、田村 修、桝飛雄真、片桐幸輔、東屋 功 日本薬学会第132年会 札幌 2012/03/28〜2012/03/31
  • ポスター発表 2,6-ピリジル基を有するN-メチル-N-ピリジル芳香族アミドの立体構造特性と構造変換 岡本 巌、藤掛紗織、寺島正幸、森田延嘉、田村 修 日本薬学会第132年会 札幌 2012/03/28〜2012/03/31
  • 特別講演・シンポジウム 数種の含窒素天然物の合成研究 田村 修 金沢大学薬学シンポジウム2011 金沢 2012/02/10〜2012/02/10
  • ポスター発表 Synthesis and Biological Evaluation of Tubulysins and Their Analogues  Taku Shibue, Iwao Okamoto, Nobuyoshi Morita, Hiroshi Morita, Yusuke Hirasawa, Takahiro Hosoya, Osamu Tamura AIMECS 11  東京 2011/11/29〜2011/12/02
  • ポスター発表 Phaeosphaeride A の合成研究 小林健一、岡本 巌、森田延嘉、田村 修 第37回反応と合成の進歩シンポジウム 徳島 2011/11/07〜2011/11/08
  • ポスター発表 ボラノニトロンのcis-選択的環化付加反応 河野莉奈、森田延嘉、福井健仁、岡本 巌、田村 修 第41回複素環化学討論会 熊本 2011/10/20〜2011/10/22
  • ポスター発表 ボラノニトロンを用いるnegamycinの合成研究 彦坂一成、森田延嘉、福井健仁、岡本 巌、田村 修 第41回複素環化学討論会 熊本 2011/10/20〜2011/10/22
  • ポスター発表 含ピリジル型大環状N-メチルアミドの合成と立体特性 岡本 巌、吉岡廉平、寺島正幸、森田延嘉、田村 修、桝飛雄真、片桐幸輔、東屋 功 第22回基礎有機化学討論会 つくば 2011/09/21〜2011/09/23
  • ポスター発表 金触媒による環状エーテル類の効率的合成法の開発 森田延嘉、生清雄士、佐藤きえ、安田有沙、岡本 巌、田村 修 第58回有機金属化学討論会 名古屋 2011/09/07〜2011/09/09
  • ポスター発表 Synthesis and conformational analysis of macrocyclic cis-amides bearing pyridines Iwao Okamoto, Rempei Yoshioka, Masayuki Terashima, Nobuyoshi Morita, Osamu Tamura, Hyuma Masu, Isao Azumaya 6th International Symposium on Macrocyclic & Supramolecular Chemistry ブライトン 2011/07/03〜2011/07/07

競争的資金等

  • 研究代表者のみ
  • 2020 - 2022 年度 基盤研究(C)「Cope型ヒドロアミノ化に基礎をおくケミカルバイオロジー・創薬基盤技術の開発」
  • 2017 - 2019 年度 基盤研究(C)「オキシム類の新規活性化による反応開発」
  • 2013 - 2015 年度 基盤研究(C)「含窒素骨格構築におけるオキシムの高度利用」 
  • 2011 - 2014 年度 蓬庵社助成金 「新規含窒素1,3-双極子の開発と応用研究」 
  • 2010 - 2012 年度 基盤研究(C)「新規含窒素1,3-双極子の開発」 
  • 2007 - 2009 年度 基盤研究(C)「芳香族化合物の酸化反応を用いる多環式骨格の構築法の開発」 
  • 2005 - 2007 年度 特定領域研究「生体機能分子の創製」「機能性ニトロンを用いる含窒素生理活性物質の合成」
  • 2003 - 2004 年度 基盤研究(C)「アミノ酸類似および糖類似ニトロンを用いる多種類の生理活性物質合成」
  • 2003 年度 薬学研究奨励財団助成金 「機能性ニトロンを利用する多官能性生理活性物質の合成研究」
  • 2002 年度 ノバルティス研究助成金 「ニトロンの付加反応を用いる含窒素骨格の立体選択的な構築法の開発」
  • 1999 - 2001年度 基盤研究(C)「ニトロンの付加反応を用いるNikkomycin類の合成研究」
  • 1997 - 1999年度サントリー生物有機科学研究所 サンボールグラント「DNAと相互作用する低分子環状ペプチドの合成研究」
  • 1995 年度 奨励研究(A)「双極子付加反応を用いる光学活性γ-ヒドロキシ-α-アミノ酸関連化合物の合成研究」
  • 1994 年度 奨励研究(A)「α-アルコキシカルボニルニトロンの幾何構造を制御または固定した双極子付加反応」
  • 1993 年度 奨励研究(A)「不斉1,3-双極子環化付加を用いる光学活性インドリチジン、キノリチジン類の合成研究」

知的財産権

  • モナチン類の製造法. 石橋弘行,田村 修,城 智也, 特開2004-331650.
  • 天然甘味物質モナチンの製造法.石橋弘行,田村 修,城 智也,鳥や尾篤,特開2004-331644.
  • トリフルオロプロペニル化合物の製造法.石橋 弘行,小林 徹也,田村 修,特開2002-193846.
  • 8−アルコキシ−1,2,3,4−テトラヒドロイソキノリン誘導体.寺島 孜郎,加藤 正,田村 修,池内 文昭,小林 祐子,山田 薫,特開平06-041142.
  • 2−フルオロシクロプロピルアミン誘導体及びその製法,寺島 孜郎,田村 修,小林 祐子,橋本 勝,加藤 正,中谷 和彦,行本 裕介,江幡 勉,秋葉 敏文,川西 弘文,特開平06-092911.
  • (2−フルオロシクロプロピル)−ジフェニルオキサゾリジノンの製法.寺島 孜郎,田村 修,小林 祐子,橋本 勝,加藤 正,中谷 和彦,鎌田 政宏,早川 勇夫,秋葉 敏文,特開平06-056804.
  • N−(1−アリールアルキル)−N−2−フルオロシクロプロピルアミン誘導体及びその製法.鎌田 政宏,早川 勇夫,秋葉 敏文,寺島 孜郎,田村 修,小林 祐子,橋本 勝,加藤 正,中谷 和彦,特開平05-163211.
  • メンチル N−(2−フルオロシクロプロピル)カルバメート誘導体及びその製法.鎌田 政宏,早川 勇夫,秋葉 敏文,寺島 孜郎,田村 修,小林 祐子,橋本 勝,加藤 正,中谷 和彦,特開平05-163233.
  • N−(2−フルオロシクロプロピル)カルバメート誘導体及びその製法,鎌田 政宏,早川 勇夫,秋葉 敏文,寺島 孜郎,田村 修,小林 祐子,橋本 勝,加藤 正,中谷 和彦,特開平05-163232.
  • N−(1−アリールアルキル)−N−(2−フルオロシクロプロピル)カルバメート誘導体及びその製法.鎌田 政宏,早川 勇夫,秋葉 敏文,寺島 孜郎,田村 修,小林 祐子,橋本 勝,加藤 正,中谷 和彦,特開平05-163212.
  • N-ビスアリールメチル-N-(2-フルオロシクロプロピル)-カルバメート誘導体及びその製法.寺島 孜郎,田村 修,小林 祐子,橋本 勝,加藤 正,中谷 和彦,鎌田 政宏,早川 勇夫,特開平04-360861.
  • 3-置換オキサゾリジノン誘導体及びその製法.寺島 孜郎,中谷 和彦,田村 修,橋本 勝,加藤 正,小林 祐子,鎌田 政宏,早川 勇夫,特開平04-327580.
  • フルオロシクロプロピルカルバメート誘導体及びその製法.寺島 孜郎,中谷 和彦,田村 修,橋本 勝,加藤 正,小林 祐子,鎌田 政宏,早川 勇夫,特開平04-327568.
  • カルバペネム系抗生物質合成用中間体の製造法.北 泰行,田村 修,三木 隆,戸野英之,田村恭光,特開平02-073057.
  • 光学活性なヘキサン酸誘導体の製造法.田村恭光,田村 修,伊藤文雄,北 泰行,特開昭63-079890.

社会における活動

1995~1997年度:ファルマシア・トピックス小委員
2004年 第2回次世代を担う有機化学シンポジウム実行委員長
2007~2009年度 有機合成化学協会誌 編集委員
2008~2010年度:ファルマシア委員
2010年度:日本薬学会関東支部 学術講演会担当
2011~2012年度:ファルマシア・アドバイザー
2009~2011年度:Chem. Pharm. Bull. 編集委員
2018~2019年度 化学系薬学部会副部会長
2021年度~ 薬学図書館協議会理事           

 

ページトップへ

ページトップへ