地域連携薬局イノベーション

研究室のサイトへ

多職種連携のブリッジングを目指して

ご挨拶

我が国は急速に少子高齢化が進み、最近では高齢・多死社会といわれる時代が到来しました。医療提供体制は入院、外来、在宅として機能分化が進められ、この機能分化とともに医療提供施設の体系化も進み、地域医療はかかりつけ医と地域医療支援病院の連携によって地域で完結する体制に変わってきました。このように地域医療は、急性期の医療から在宅の看取りまで、医療提供施設が連携して医療がシームレスに提供されるようになりました。

一方、団塊の世代が75歳以上となる2025年を目指して、在宅医療・介護が一体となった地域ケアが求められるようになり、国は「重度な要介護状態となっても住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最後まで続けることができる」ことを目的に地域包括ケアシステムの構築を推進しています。これは、生活支援・福祉サービスが根底にありますが、医療の提供が不可欠であり、ケアサービス提供の面からも多職種連携によるチーム医療が推進されることになってきました。

このように地域医療が抜本的に変わってきましたので、薬局は外来患者の処方せん応需や一般用医薬品販売を通して医薬品供給を担うだけではなく、薬物治療の適正化への貢献とともに、地域の生活者(市民)を支援する時代となりました。その一つの施策として、薬局が健康サポート薬局として新たな役割が求められるようになってきました。

最近の薬局は、外来患者の処方せん応需、一般用医薬品の適正使用への支援の他に、プライマリケア分野の健康相談や未病への対応などを担うようになるとともに、在宅患者のエンドオブライフケアにまで、幅広くかかわるようになってきました。

この新しい薬局像に対して、制度が求める薬局機能を明確にして、さらに薬剤師職能を発揮できる人材養成を目的として、寄付講座「地域連携薬局イノベーション講座」を開設しました。

研究概要

地域包括ケアシステムにおける薬局機能、薬剤師の役割に関する研究

未病からエンドオブライフケアへ

地域医療分野として、高齢・多死社会の到来に向けて地域包括ケア体制が進む中、かかりつけ薬局機能、薬剤師の役割について研究を行っています。

  1. 医療へアクセスする前段階の未病、またはセルフケアへの健康サポートに関する薬局の機能に関する実態調査
  2. 慢性疾患患者の重症化予防として糖尿病への薬剤師介入のあり方
  3. 在宅医療における疾患別の業務時間分析
  4. 在宅療養者のポリファーマシーへの介入

以上4テーマです。

また、医薬品リスク分野として、抗がん剤の環境影響面から、環境負荷、及び汚染実態について調査しています。

  1. 医療機関等における抗がん剤の汚染実態調査
  2. 医薬品およびその代謝物の環境負荷について

教員紹介

串田 一樹 特任教授 / 学位:博士(医学)

  • 研究分野:社会薬学 地域医療 
  • 担当科目:薬学への招待(1年生)
    ヒューマニズムについて学ぶ(3)信頼関係の確立を目指して(3年生、4年生)
    社会と薬局(3年生)
    薬物送達(4年生)

dummy

詳細を見る

もっと詳しく

研究室のサイトへ