教員

小泉 直也准教授 / 博士(薬学)last update : 2018.04.02

English

プロフィール

研究者名
小泉 直也(コイズミ ナオヤ)
所属
昭和薬科大学 薬剤学研究室
担当科目
剤形をつくる(3年次)
薬物送達システム(4年次)
職位
准教授
学位
博士(薬学)
  • Drug Delivery System 小泉直也 若手研究者のひろば 254‐255 じほうビジネスサービス 2015 
  • 原著論文 Paclitaxel-induced peripheral neuropathy increases substance P release in rat spinal cord. Terumasa Chiba, Yusuke Oka, Toshie Kambe, Naoya Koizumi, Kenji Abe, Kazuyoshi Kawakami, Iku Utsunomiya, Kyoji Taguchi Eur. J. Pharmacol. 770 46-51 2016 
  • 原著論文 Penetration of ufenamate into intact, stripped, or delipidized skin using different vehicles. Hayato Iino H, Makio Fujii, Manami Fujino, Naoya Koizumi, Yoshiteru Watanabe Biol. Pharm. Bull. 38 1645-1648 2015 
  • 原著論文 Efficient adenovirus gene transfer methods in human colonic Caco-2 epithelial cells using capric acid. Naoya Koizumi, Yoshiaki Yamagishi, Takamasa Hirai, Makio Fujii, Hiroyuki Mizuguchi, Yoshiteru Watanabe Biol. Pharm. Bull. 38 1240-1244 2015 
  • 原著論文 Preparation and characterization of a powder containing an oily liquid drug with Eudragit EPO or L100 copolymer Makiko Fujii, Ayari Kawakami, Asumi Saito, Haruna Tuchiya, Naoya Koizumi, Yoshiteru Watanabe Pharm. Dev. Technol.,   1-16 2015 
  • 原著論文 Effects of oils and emulsifiers on the skin penetration of stearyl glycyrrhetinate in oil-in-water emulsions. Osamu Sakata, Makiko Fujii, Naoya Koizumi, Masato Nakada, Koichi Kameyama, Yoshiteru Watanabe Biol. Pharm. Bull. 37 486-489 2014 
  • 原著論文 Effects of the physicochemical properties of oil vehicles on the skin penetration of poor skin-penetrable materials under finite dose conditions in vitro Osamu Sakata, Makiko Fujii, Naoya Koizumi, Masato Nakada, Koichi Kameyama J. Pharm. Sci. Technol., Jpn. 74 84-92 2014 
  • 原著論文 Effect of storage conditions on the recrystallization of drugs in solid dispersions with crospovidone. Yusuke Shibata, Makiko Fujii, Ayako Suzuki, Naoya Koizumi, Ken Kanada, Masaki Yamada, Yoshiteru Watanabe Pharm. Dev. Technol 19 468-474 2013 
  • 原著論文 Percolation analysis in electrical conductivity of Madin-Darby canine kidney and Caco-2 cells by permeation-enhancing agents. Makiko Washiyama, Naoya Koizumi, Makiko Fujii, Yoshiteru Watanabe Biol. Pharm. Bull., 36 384-389 2013 
  • 原著論文 Oil-in-water emulsion lotion providing controlled release using 2-methacryloyloxyethyl phosphorylcholine n-butyl methacrylate copolymer as emulsifier. Akiko Ishikawa, Makiko Fujii, Kumi Morimoto, Tomomi Yamada, Naoya Koizumi, Yoshiteru Watanabe Results in Pharm. Sciences 2 16-22 2012 
  • 原著論文 Evaluation of the physicochemical characteristics of crospovidone that influence solid dispersion preparation. Sayaka Nakanishi, Makiko Fujii, Yuka Sugamura, Akiko Suzuki, Yusuke Shibata, Naoya Koizumi, Yoshiteru Watanabe Int. J. Pharm. 413 119-125 2011 

研究業績(学会発表等)

タブ区切りテキスト形式でダウンロード

  • 口頭発表 白色ワセリンまたはミリスチン酸イソプロピルを基剤として用いたウフェナマートの皮膚移行挙動の解明 飯野隼人, 藤井まき子, 藤野真奈美, 鈴木桃子、小原静香, 吉良瞳,小泉直也, 渡辺善照 日本薬学会第136年会 横浜市 2016/03
  • 口頭発表 疎水化ヒドロキシプロピルメチルセルロースを用いたO/W型乳剤の性質―油相の種類と濃度の影響― 本多なつみ,藤井まき子,橋崎要,和田芙由子,小泉直也,渡辺善照 日本薬学会第136年会 横浜市 2016/03
  • ポスター発表 Formulation design of chronopharmaceutical tablets by the compression-coating method using single-punch and rotary tablet machines Yoshiteru Watanabe, Arisa Imamura, Tomoyuki Shimada, Reina Kobayashi, Naoya Koizumi and Makiko Fujii 75th FIP World Congress of Pharmacy and Pharmaceutical Sciences 2015 Düsseldorf, Germany  2015/09
  • 口頭発表 5型アデノウイルスベクターの遺伝子導入におけるHSP90の影響 井上祥一, 小泉直也, 平井孝昌, 水口裕之, 藤井まき子, 渡辺善照 第59回日本薬学会関東支部大会 船橋市 2015/09
  • ポスター発表 クロスポビドンを用いた乾式法による固体分散体生成に及ぼす水の影響 若林茜、藤井まき子、長澤寿輝、上之ゆき乃、小野真梨子、小泉直也、渡辺善照 第59回日本薬学会関東支部大会 船橋市 2015/09
  • 口頭発表 DDSキャリアとしてのアデノウイルスknobタンパク質の安定性評価 蛭間仁美, 小泉直也, 鈴木結衣, 渡邉愛音, 藤井まき子, 渡辺善照 第59回日本薬学会関東支部大会 船橋市 2015/09
  • 口頭発表 経皮感作における酸化チタンナノ粒子の影響 佐藤あんな, 藤井まき子, 栗岡瑶, 増田年紀, 伊達友哉, 小泉直也, 渡辺善照 第59回日本薬学会関東支部大会 船橋市 2015/09
  • 口頭発表 Coxsackievirus and Adenovirus Receptor (CAR) のイメージング技術の開発 池田祥子、小泉直也、平井孝昌、大木佑華、畠山紗也、藤井まき子、渡辺善照 第59回日本薬学会関東支部大会 船橋市 2015/09
  • 口頭発表 単発式及びロータリー式錠剤機を用いた遅延放出型製剤の検討 今村有沙, 島田友幸, 小林令奈, 小泉直也、藤井まき子, 渡辺善照 第59回日本薬学会関東支部大会 船橋市 2015/09
  • ポスター発表 上皮細胞のCoxsackievirus and Adenovirus Receptor (CAR) を標的としたタンパク送達システムの検討 大久保 莉菜、小泉 直也、畠山 紗也、藤井 まき子、角田 慎一、渡辺 善照 第59回日本薬学会関東支部大会 船橋市 2015/09
  • 口頭発表 共焦点レーザー顕微鏡による新規皮膚移行性評価法の構築 鈴木桃子、藤井まき子、飯野隼人、小泉直也、渡辺善照 第59回日本薬学会関東支部大会 船橋市 2015/09
  • ポスター発表 外部環境が及ぼすアデノウイルス由来細胞膜透過ペプチドの細胞膜結合能への影響 平井孝昌、小泉直也、北村健太、平間奈苗、藤井まき子、水口裕之、渡辺善照 日本薬学会第135年会 神戸 2015/03
  • ポスター発表 疎水化ヒドロキシプロピルメチルセルロースの球形ナノマテリアル分散剤としての有用性 小泉直也,藤井まき子,渡辺善照 日本薬学会第135年会 神戸 2015/03
  • 口頭発表 アデノウイルスknobタンパク質を利用したCAR標的がん治療システムの基礎検討 田仲新人、小泉直也、平井孝昌、藤井まき子、水口裕之、角田慎一、渡辺善照 第58回日本薬学会関東支部大会 東京 2014/10
  • 口頭発表 細胞遊走能に及ぼすアデノウイルスknob領域の影響 寺田藍里、小泉直也、平井孝昌、藤井まき子、櫻井文教、水口裕之、渡辺善照 第58回日本薬学会関東支部大会 東京 2014/10
  • 口頭発表 メトキシケイ皮酸 2-エチルヘキシルの皮膚移行性に与える乳化剤の影響 有路千奈美, 藤井まき子, 坂田修, 小泉直也, 渡辺善照 第58回日本薬学会関東支部大会 東京 2014/10
  • 口頭発表 クロスポビドンを用いた乾式法によるニフェジピンの固体分散体調製に及ぼす水の影響 小野真梨子、藤井まき子、上之ゆき乃、若林茜、長澤寿輝、小泉直也、渡辺善照 第58回日本薬学会関東支部大会 東京 2014/10
  • 口頭発表 微粒子酸化チタンが水溶性高分子の皮膚移行に及ぼす影響 伊達友哉, 藤井まき子, 増田年紀, 佐藤あんな, 小泉直也, 渡辺善照 第58回日本薬学会関東支部大会 東京 2014/10
  • 口頭発表 メタクリル酸コポリマーLを用いた油状薬物の固形製剤化 齊藤明日美, 藤井まき子, 土屋春菜, 小泉直也, 渡辺善照 第58回日本薬学会関東支部大会 東京 2014/10
  • 口頭発表 外部環境の影響を受けにくい遅延放出型有核錠の設計 島田友幸、小林令奈、今村有沙、小泉直也、藤井まき子、渡辺善照 第31回製剤と粒子設計シンポジウム 福岡 2014/10
  • 口頭発表 上皮細胞へのアデノウイルス感染におけるSnail転写因子の影響 水田彩絵、小泉直也、平井孝昌、藤井まき子、水口裕之、渡辺善照 第30回 日本DDS学会 東京 2014/07
  • 口頭発表 細胞膜透過促進能を持つアデノウイルスshaftタンパク質の結合要因の解析 北村健太、小泉直也、野中美和、志田健太、平間奈苗、 藤井まき子、水口裕之、渡辺善照:細胞膜透過促進能を持つアデノウイルスshaftタンパク質の結合要因の解析 第30回 日本DDS学会 東京 2014/07
  • 口頭発表 イメージング用アデノウイルスベクターの開発 三上真智子、小泉直也、平井孝昌、藤井まき子、水口裕之、渡辺善照 第30回 日本DDS学会 東京 2014/07
  • 口頭発表 疎水化ヒドロキシプロピルメチルセルロースを用いたo/w型乳剤の処方検討 和田芙由子、藤井まき子、本多なつみ、小泉直也、渡辺善照 日本薬剤学会第29年会 埼玉 2014/05
  • 口頭発表 異なる皮膚状態におけるウフェナマートの皮膚移行に与える基剤の影響 飯野隼人,藤井まき子,藤野真奈美,小泉直也,渡辺善照 日本薬剤学会第29年会 埼玉 2014/05
  • 口頭発表 角層除去皮膚におけるウフェナマートと基剤の皮膚移行量の関係 藤野真奈美,藤井まき子,飯野隼人,小泉直也,渡辺善照 日本薬剤学会第29年会 埼玉 2014/05
  • 口頭発表 Popliteal lymph node assay (PLNA) によるコチニール色素の抗原性評価とその問題点 藤井まき子,佐藤あんな,増田年紀,小泉直也,渡辺善照,五十嵐良明,穐山浩 日本薬学会第134年会 熊本 2014/03
  • ポスター発表 In vitroナノマテリアル毒性評価における細胞膜分布型HSPの有用性 小泉直也,三上真智子,藤井まき子,渡辺善照 日本薬学会第134年会 熊本 2014/03
  • 口頭発表 35型アデノウイルスベクターの遺伝子導入におけるHSPファミリーの影響 平井孝昌,小泉直也,平間奈苗,藤井まき子,櫻井文教,水口裕之,渡辺善照 日本薬学会第134年会 熊本 2014/03
  • 口頭発表 Sec61βによるタイトジャンクション開口・形成速度亢進のメカニズム 鷲山真紀子,小泉直也,藤井まき子,渡辺善照 日本薬学会第134年会 熊本 2014/03
  • ポスター発表 Role of Sec61β gene, a subunit of translocon, on barrier function of tight junction in epithelial cells Yoshiteru Watanabe, Makiko Washiyama, Naoya Koizumi, Makiko Fujii Asian Federation for Pharmaceutical Sciences Conference 2013  Jeju, Korea 2013/11
  • 口頭発表 ウフェナマート及び基剤の皮膚移行性の関係 飯野 隼人,藤井 まき子,藤野 真奈美,小泉 直也,渡辺 善照 第57回日本薬学会関東支部大会 東京 2013/10
  • 口頭発表 卵白アルブミン特異的抗体産生に及ぼすナノ粒子の影響 増田年紀,藤井まき子,伊達友哉,佐藤あんな,小泉直也,渡辺善照 第57回日本薬学会関東支部大会 東京 2013/10
  • 口頭発表 架橋型ポリビニルピロリドンを用いた乾式(加熱)法による固体分散体調製―水付加による生成温度低下の要因解析― 上之ゆき乃,藤井まき子,小野真梨子,小泉直也,渡辺善照 第30回製剤と粒子設計シンポジウム 岐阜 2013/10
  • ポスター発表 Preparation of enteric-soluble powder of oily drug and poorly water-soluble drug Makiko Fujii, Ayari Kawakami, Saori Shiomoto, Asumi Saito, Naoya Koizumi, Yoshiteru Watanabe 2013 AAPS Annual Meeting and Exposition San Antonio,USA 2013/10
  • 口頭発表 時間薬物治療を目指した製剤研究―時間遅延放出型製剤の核錠の設計― 小林令奈,島田友幸,今村有紗,小泉直也,藤井まき子,渡辺善照 第23回日本医療薬学会 仙台 2013/09
  • ポスター発表 Preparation of powdered oily drug with acidic or enteric-soluble characteristics Makiko Fujii, Ayari Kawakami, Asumi Saito, Naoya Koizumi, Yoshiteru Watanabe The 5th Asian Auden Conference 名古屋 2013/08
  • ポスター発表 炎症性サイトカインによる疾患に対する上皮細胞claudin-4を標的とした治療の可能性 松本有未、小泉直也、湯本実希、藤井まき子、渡辺善照 医療薬学フォーラム2013 金沢 2013/07
  • ポスター発表 Effect of Sec61β gene on the tight junction barrier function in MDCK cells Makiko Washiyama, Naoya Koizumi, Makiko Fujii and Yoshiteru Watanabe 40th Annual Meeting & Exposition of the Controlled Release Society  Hawaii, USA 2013/07
  • 口頭発表 細胞膜透過促進能を持つアデノウイルスshaftタンパク質の機能解析(2):取り込みメカニズムの解明 志田健太、小泉直也、平間奈苗、平井孝昌、藤井まき子、水口裕之、渡辺善照 第29回 日本DDS学会 京都 2013/07
  • 口頭発表 細胞膜透過促進能を持つアデノウイルスshaftタンパク質の機能解析(1):結合因子の同定 平間奈苗、小泉直也、志田健太、平井孝昌、藤井まき子、水口裕之、渡辺善照 第29回 日本DDS学会 京都 2013/07
  • 口頭発表 高分子を乳化剤とした酢酸レチノールローションの調製 田中里奈、藤井まき子、小泉直也、渡辺善照 第38回 日本香粧品学会  東京 2013/06
  • 口頭発表 細胞内Ca2+の変化によるTight Junction機能への影響 丸山尚子、小泉直也、藤井まき子、渡辺善照 日本薬剤学会第28年会 名古屋 2013/05
  • 口頭発表 pH依存的な溶解性をもつ高分子と湿式粉砕法による難水溶性薬物の溶解性改善 塩本さおり、藤井まき子、小泉直也、渡辺善照 日本薬剤学会第28年会 名古屋 2013/05
  • 口頭発表 水またはエタノールを吸着させた架橋型ポリビニルピロリドンを用いた超小型二軸混練機による固体分散体の調製 小野真梨子, 藤井まき子, 上之ゆき乃, 菅村悠佳, 小泉直也, 渡辺善照 日本薬学会 第133年会 神奈川県、横浜 2013/03
  • 口頭発表 ヒトカルボキシルエステラーゼのエステル交換反応の基質特異性 津田充穂、藤井まき子、田村壽朗、大原理恵子、大浦華代子、今井輝子、小泉直也、渡辺善照 日本薬学会 第133年会 神奈川県、横浜 2013/03
  • 口頭発表 35型アデノウイルスベクターの感染に及ぼすshaft領域の関与 平井孝昌、小泉直也、藤井まき子、櫻井文教、水口裕之、渡辺善照 日本薬学会 第133年会 神奈川県、横浜 2013/03
  • ポスター発表 Preparation and evaluation of a timed-release tablet using glyceryl behanate (COMPRITOL® 888 ATO) and polyethylene glycol, as a chronopharmaceutical preparation. Yoshiteru Watanabe, Baku Mukai, Takumi Ishige, Tatsuya Ishikawa, Naoya Koizumi and Makiko Fujii FIP Centennial Congress of Pharmacy and Pharmaceutical Sciences, 2012. Amsterdam, The Netherlands 2012/10
  • ポスター発表 Percolation behavior in paracellular permeability. Makiko Washiyama, Naoya Koizumi, Makiko Fujii, Masuo Kondoh, Kiyohito Yagi and Yoshiteru Watanabe FIP Centennial Congress of Pharmacy and Pharmaceutical Sciences, 2012. Amsterdam, The Netherlands 2012/10
  • 口頭発表 Eudragit®を用いた油状薬物の粉末化(第2報)粉末の性質評価 川上綾璃、 斉藤明日美、藤井まき子、 小泉直也、 渡辺善照 第56回日本薬学会関東支部大会 東京 2012/10
  • ポスター発表 時間薬物治療を目指した製剤研究 -ジピリダモールを含む遅延放出型錠剤- 島田友幸, 小林令奈, 石毛琢己, 小泉直也, 藤井まき子, 渡辺善照 第56回日本薬学会関東支部大会 東京 2012/10
  • ポスター発表 細胞種におけるshRNA発現での細胞増殖抑制効果の違い 湯本実希、小泉直也、藤井まき子、安東星、渡邊善照 第28回日本DDS学会学術集会 北海道、札幌市 2012/07
  • ポスター発表 細胞内導入技術を用いたナノマテリアル毒性評価系の基礎研究 佐々木浩子、小泉直也、三上真智子、藤井まき子、渡辺善照 第28回日本DDS学会学術集会 北海道、札幌市 2012/07
  • 口頭発表 細胞膜透過促進能を持つアデノウイルス由来shaftタンパク質の機能解析 (3):細胞結合因子の評価 持田理菜、小泉直也、平井孝昌、野中美和、藤井まき子、水口裕之、渡辺善照 第28回日本DDS学会学術集会 北海道、札幌市 2012/07
  • 口頭発表 細胞膜透過促進能を持つアデノウイルス由来shaftタンパク質の機能解析 (2):免疫誘導能の評価 平井孝昌、小泉直也、酒井 宏、野中美和、持田理菜、藤井まき子、水口裕之、渡辺善照 第28回日本DDS学会学術集会 北海道、札幌市 2012/07
  • 口頭発表 細胞膜透過促進能を持つアデノウイルス由来shaftタンパク質の機能解析 (1):機能ドメインの評価 野中美和、小泉直也、平間奈苗、平井孝昌、持田理菜、藤井まき子、水口裕之、渡辺善照 第28回日本DDS学会学術集会 北海道、札幌市 2012/07
  • 口頭発表 蛍光ポリスチレンナノ粒子の皮膚移行性に関与する因子の検討 細野美幸, 藤井まき子,吉田有理絵, 増田年紀, 小泉直也, 渡辺善照 第37回日本香粧品学会 東京 2012/06
  • 口頭発表 水またはエタノールを吸着させた架橋型ポリビニルピロリドンを用いた乾式による固体分散体の調製 上之ゆき乃、 藤井まき子、 柴田佳世子、 中西清香、 小泉直也、渡辺善照 日本薬剤学会 第27年会 兵庫県、神戸 2012/05
  • 口頭発表 Eudragit®を用いた油状薬物の粉末化 川上綾璃、 藤井まき子、 小泉直也、 渡辺善照 日本薬剤学会 第27年会 兵庫県、神戸 2012/05
  • 口頭発表 エステル型薬物の皮膚透過に及ぼすプロパノールおよびイソプロパノールの検討 大原理恵子、藤井まき子、松見あずさ、田村壽朗、今井輝子、小泉直也、渡辺善照 日本薬剤学会 第27年会 兵庫県、神戸 2012/05
  • 口頭発表 架橋型ポリビニルピロリドンを用いた固体分散体中での薬物結晶化に及ぼす要因の解析 柴田雄亮,藤井まき子,金田健,山田昌樹,小泉直也,渡辺善照 第132年会 日本薬学会 北海道、札幌市 2012/03
  • 口頭発表 油系または水系からのufenamateの皮膚透過性の検討 飯野隼人,藤井まき子,小泉直也,渡辺善照 第132年会 日本薬学会 北海道、札幌市 2012/03
  • 口頭発表 グリチルレチン酸ステアリルの皮膚移行性に及ぼす油剤の影響 坂田修,顧一凡,藤井まき子,小泉直也,中出正人,渡辺善照 第132年会 日本薬学会 北海道、札幌市 2012/03
  • 口頭発表 MDCK細胞におけるタイトジャンクション機能へのSec61b遺伝子の関与 鷲山真紀子,小泉直也,佐々木杏沙, 松本有未,藤井まき子,近藤昌夫,八木清仁,渡辺善照 第132年会 日本薬学会 北海道、札幌市 2012/03
  • ポスター発表 Preparation and evaluation of a timed-release tablet using glyceryl behenate (COMPRITOL® 888 ATO) and polyethylene glycol, as a chronopharmaceutical preparation  Yoshiteru Watanabe, Baku Mukai, Takumi Ishige,Tatsuya Ishikawa, Naoya Koizumi and Makiko Fujii 2nd Asian Federation for Pharmaceutical Sciences Conference Kuala Lumpur, Malaysia 2011/12
  • ポスター発表 O/W emulsion type lotion with controlled release function using 2-methacryloyloxyethyl phosphorylcholine n-butyl methacrylate copolymer as emulsifier Makiko Fujii, Akiko Ishikawa, Kumi Morimoto, Naoya Koizumi and Yoshiteru Watanabe 2011 AAPS Annual Meeting and Exposition  Washington, USA  2011/10
  • 口頭発表 エタノール添加時のエステル型薬物およびその代謝物の皮膚透過速度の予測 松見あずさ,藤井まき子,田村壽朗,大原理恵子,小泉直也,今井輝子,渡辺善照 第55回日本薬学会関東支部大会 東京 2011/10
  • 口頭発表 乾式法による架橋型ポリビニルピロリドンを用いた固体分散体生成に及ぼす水及び有機溶媒の影響 柴田佳世子,藤井まき子,中西清香,上之ゆき乃,小泉直也,渡辺善照 第55回日本薬学会関東支部大会 東京 2011/10
  • 口頭発表 タイトジャンクションバリア機能に関与する遺伝子の解析 鷲山真紀子,小泉直也,苅込亜美,佐々木杏沙,松本有未,藤井まき子,近藤昌夫,八木清仁,渡辺善照 第55回日本薬学会関東支部大会 東京 2011/10
  • ポスター発表 Effects of food ingestion and peristalsis on bioavailability of theophylline from press-coated tablets as chronopharmaceuticals Yoshiteru Watanabe, Baku Mukai, Tatsuya Ishikawa, Masuo Kondoh, Naoya Koizumi, and Makiko Fujii 38th Annual Meeting and Exposition of the Controlled Release Society Maryland, USA 2011/07
  • ポスター発表 高分子を乳化剤として用いた乳剤性ローションからのジフェンヒドラミン放出に影響を及ぼす因子 相内志織,藤井まき子,三浦慶子,山田知美,小泉直也,渡辺善照 第36回日本香粧品学会 東京 2011/06
  • 口頭発表 アデノウイルスベクターの遺伝子導入に及ぼすfiber-shaftの役割 小泉直也,平井孝昌,藤井まき子,水口裕之,渡辺善照 第27回日本DDS学会  東京 2011/06
  • 口頭発表 エステル型薬物に対する皮膚透過に及ぼすエタノールの影響 松見あずさ,藤井まき子,田村壽朗,大原理恵子,小泉直也,今井輝子,渡辺善照 日本薬剤学会第26年会 東京 2011/05

ページトップへ

ページトップへ