教員

髙田 剛特任助教 / 博士(薬学)last update : 2016.07.01

English

プロフィール

研究者名
髙田 剛(タカタ ツヨシ)
所属
薬理学
担当科目
薬理実習(3年前期)
職位
特任助教
学位
博士(薬学)

学歴

平成20年 昭和薬科大学薬学部卒業

平成23年 昭和薬科大学大学院薬学研究科薬学専攻修士課程修了

平成26年 昭和薬科大学大学院薬学研究科薬学専攻博士課程修了 博士(薬学)

経歴

平成26年 昭和薬科大学薬理学研究室 特任助教

現在に至る


 

 

免許・資格

  • 薬剤師免許
  • 衛生検査技師免許
  • 甲種危険物取扱者免状

所属学協会

日本薬理学会、日本生化学会、日本NO学会、Nitric Oxide Society

研究業績(学会発表等)

タブ区切りテキスト形式でダウンロード

  • ポスター発表 活性イオウ分子によるカルモデュリンキナーゼIの活性制御機構 髙田剛、土屋幸弘、渡邊泰男 第90回日本生化学会大会 神戸 2017/12/6〜2017/12/9
  • 口頭発表 活性イオウ分子によるカルモデュリンキナーゼIVのポリスルフィド化とその意義 髙田剛、居原秀、土屋幸弘、赤池孝章、渡邊泰男 第17回日本NO学会学術集会 徳島 2017/05/19〜2017/05/20
  • ポスター発表 Regulation of Ca2+/calmodulin-dependent protein kinase IV by S-sulfhydration at Cys198 Takata T., Ihara H., Tsuchiya Y., Watanabe Y. The 9th International Conference on the Biology, Chemistry, and Therapeutic Application of Nitric Oxide, The 16th Annual Scientific Meeting of the Nitric Oxide Society of Japan Sendai 2016/05/20〜2016/05/22
  • ポスター発表 カルモデュリンキナーゼIVの活性イオウ分子による制御メカニズムの解析 髙田剛、土屋幸弘、渡邊泰男 第89回日本薬理学会年会 横浜 2016/03/09〜2016/03/11
  • 口頭発表 Calcium/calmodulin-dependent protein kinase IV as potential targets of reactive sulfur species Takata T. 2nd Symposium of SPU Innovative Project for Pharmaceutical Analyses of Covalent Modification in Biomolecules Machida 2015/08/31〜2015/09/01
  • 口頭発表 活性イオウ分子種によるカルモデュリンキナーゼIV活性の阻害 髙田剛、土屋幸弘、井田智章、澤智裕、赤池孝章、渡邊泰男 第15回日本NO学会学術集会 豊中 2015/06/26〜2015/06/27
  • ポスター発表 カルモデュリンキナーゼIVの活性イオウ応答性の解明 髙田剛、土屋幸弘、井田智章、澤智裕、赤池孝章、渡邊泰男 第88回日本薬理学会年会 名古屋 2015/03/18〜2015/03/20
  • 口頭発表 活性イオウによるカルモデュリンキナーゼIVの活性制御 髙田剛、土屋幸弘、井田智章、澤智裕、赤池孝章、渡邊泰男 第131回日本薬理学会関東部会 横浜 2014/10/11
  • ポスター発表 Reversible inactivation of Ca2+ calmodulin-dependent protein kinase IV by reactive cysteine persulfides generated from cystathionine gamma-lyase and cystine Takata T., Tsuchiya Y., Ida T., Sawa T., Akaike T., Watanabe Y. The 8th International Conference on the Biology, Chemistry, and Therapeutic Application of Nitric Oxide Cleveland 2014/06/16〜2014/06/20
  • 口頭発表 カルモデュリンキナーゼIVのシステイン過硫化修飾による活性制御 髙田剛、土屋幸弘、井田智章、澤智裕、赤池孝章、渡邊泰男 第14回日本NO学会学術集会 佐賀 2014/05/16〜2014/05/17
  • ポスター発表 S-グルタチオン化による90-kDa ribosomal S6 kinase 1の活性制御 髙田剛、土屋幸弘、渡邊泰男 第13回日本NO学会学術集会 沖縄 2013/06/28〜2013/06/29
  • ポスター発表 活性酸素種による90-kDa ribosomal S6 kinase 1の活性制御 髙田剛、土屋幸弘、渡邊泰男 第85回日本生化学会大会 福岡 2012/12/14〜2012/12/16
  • ポスター発表 Reversible inactivation of the 90kDa ribosomal S6 kinase by H2O2 Takata T., Tsuchiya Y., Watanabe Y. The 7th International Conference on the Biology, Chemistry and Therapeutic Application of Nitric Oxide Edinburgh 2012/07/22〜2012/07/26
  • 口頭発表 H2O2による90-kDa ribosomal S6 kinase 1の活性制御 髙田剛、土屋幸弘、渡邊泰男 第126回日本薬理学会関東部会 東京 2012/07/14
  • ポスター発表 90-kDa ribosomal S6 kinase 1のレドックス制御機構 髙田剛、土屋幸弘、渡邊泰男 第12回日本NO学会学術集会 神戸 2012/06/29〜2012/06/30
  • ポスター発表 カルモデュリンキナーゼの一酸化窒素による活性制御 髙田剛、土屋幸弘、渡邊泰男 第85回日本薬理学会年会 京都 2012/03/14〜2012/03/16
  • ポスター発表 NO信号系によるカルモデュリンキナーゼ活性制御機構 髙田 剛、池田 未希、木村 淳、土屋 幸弘、渡邊 泰男 第11回日本NO学会学術集会 町田 2011/05/13〜2011/05/14
  • ポスター発表 レドックスセンサーとしてのカルモデュリンキナーゼIの活性制御 髙田剛、土屋幸弘、渡邊泰男 第83回日本生化学会大会 神戸 2010/12/07〜2010/12/10
  • ポスター発表 S-グルタチオン化によるカルモデュリンキナーゼIの活性制御 髙田剛、神戸敏江、宮本嘉明、波多野直哉、内藤康仁、宋涛、野崎直仁、渡邊泰男 第83回日本薬理学会年会 大阪 2010/03/16〜2010/03/18

ページトップへ

ページトップへ