教員

篠崎 淳一助教 / 博士(薬学)last update : 2017.07.12

English

プロフィール

研究者名
篠崎 淳一(シノザキ ジュンイチ)
所属
天然物化学研究室
担当科目
早期体験学習 (1年前期〜1年後期)
生薬学I (2年後期)
生薬学II (3年前期)
天然物化学実習 (3年後期)
職位
助教
学位
博士(薬学)

免許・資格

  • 2001年4月 薬剤師免許
  • 2001年6月 甲種危険物取扱者
  • 2006年12月 第1種放射線取扱主任者

研究業績(学会発表等)

タブ区切りテキスト形式でダウンロード

  • ポスター発表 Gene Mining for Carthamin Biosynthesis in Safflower, Carthamus tinctorius L., Using Next-generation Sequencing Platforms Hiromichi Kenmoku, Junichi Shinozaki, Kazuo Masuda, Masaaki Noji, Katsuhiro Konno, Yoshinori Asakawa, Kohei Kazuma Inangural Symposium of the Phytochemical Society of Asia 2015 Tokushima 2015/08/31
  • ポスター発表 ベニバナ色素キノカルコン類のMS2解析 数馬恒平, 紺野勝弘, 篠崎淳一, 増田和夫, 兼目裕充, 野路征昭, 浅川義範 日本生薬学会第61回年会 福岡 2014/09/14
  • 口頭発表 Purity test on crude drug using genetic information –The future of crude drug identification in the Japanese Pharmacopoeia– Haruka Asahina, Junichi Shinozaki, Motoyoshi Satake 5th International Barcode of Life Conference Yunnan, China 2013/10/27~2013/10/31
  • ポスター発表 国上山に自生するキクバオウレンの調査研究 (1) -生育環境と品質- 高野昭人, 佐々木慎哉, 甲斐智洋, 中野美央, 福田達男, 篠崎淳一, 中根孝久, 増田和夫 日本生薬学会第60回年会 北海道 2013/09/08
  • ポスター発表 ベニバナ花色素の生合成関連酵素遺伝子の検索II 数馬恒平, 紺野勝弘, 兼目裕充, 野路征昭, 浅川義範, 篠崎淳一 日本生薬学会第60回年会 北海道 2013/09/08
  • ポスター発表 イワヒトデ由来スクアレン閉環酵素のcDNAクローニングと機能解析 篠崎淳一, 増田和夫 日本薬学会第133年会 横浜 2013/03/29
  • ポスター発表 コラーゲン誘導関節炎マウスにおける水溶性の非変性II型コラーゲンの効果 吉成織恵, 塩島由晃, 森山浩義, 篠崎淳一, 中根孝久, 増田和夫 日本農芸化学会2013年度大会 仙台 2013/03/27
  • ポスター発表 ベニバナ花色素の生合成関連酵素遺伝子の検索 数馬恒平, 紺野勝弘, 兼目裕充, 野路征昭, 浅川義範, 篠崎淳一 日本生薬学会第59回年会 千葉 2012/09/17
  • 口頭発表 トリテルペン合成酵素による環状セスタテルペンの合成 篠崎淳一, 松崎勝大, 中村健文, 増田和夫, 海老塚豊, 渋谷雅明 日本薬学会第132年会 北海道 2012/03/29

ページトップへ

ページトップへ