教員

山本 恵子教授 / 薬学博士last update : 2017.04.01

English

プロフィール

研究者名
山本 恵子(ヤマモト ケイコ)
所属
医薬分子化学
担当科目
生物有機化学(2年前期)
医薬開発特論Ⅲ(5年後期)
化学系特論(6年前期)
医薬分子設計学特論(修士課程)
メディシナルケミストリー特論(博士課程)
先端薬学(博士課程)
職位
教授
学位
薬学博士
  • スタンダード薬学シリーズ II 第3巻 化学系薬学II 生体分子・医薬品の化学による理解 山本恵子 SBO17,18,33,34 143–157, 260–271 東京化学同人 2016 978-4-8079-1706-8

研究業績(学会発表等)

タブ区切りテキスト形式でダウンロード

  • ポスター発表 Design, synthesis and characterization of selenium-containing inhibitors of activated thrombin-activatable fibrinolysis inhibitor (TAFIa) Keiko Yamamoto, Nobuko Yoshimoto, Toshimasa Itoh, Hidemi Ishii The 15th Tetrahedron Symposium London 2014/06/23~2014/06/27
  • 口頭発表 ビタミンD受容体と共有結合するリガンドの創製研究 山本恵子、吉澤麻美、吉本暢子、穴見康昭、江川大地、伊藤俊将 日本ビタミン学会第66回大会 兵庫 2014/06/13~2014/06/14
  • 特別講演・シンポジウム ビタミンDと関連タンパク質(CYP, VDR, DBP)の構造生命科学 山本恵子 日本ビタミン学会第65回大会 東京 2013/05/17~2013/05/18
  • 口頭発表 線溶促進を目的とするActivated Thrombin-Activatable Fibrinolysis Inhibitor (TAFIa) 阻害剤の設計、合成、生物活性 山本恵子、吉本暢子、杉本勝良、石井秀美 日本薬学会第132年会 札幌 2012/03/28~2012/03/31
  • ポスター発表 Vitamin D Analogs with Simple Side Chain Structure: Agonists, Partial Agonists, and Antagonists for the Vitamin D Receptor Keiko Yamamoto, Yuta Sakamaki, Yuka Inaba, Nobuko Yoshimoto, Toshimasa Itoh, Makoto Nakabayashi, Teikichi Ikura, Nobutoshi Ito 8th AFMC International Medicinal Chemistry Symposium.Frontier of Medicinal Science 東京 2011/11/29~2011/12/02

ページトップへ

ページトップへ