教員

伊藤 愛講師 / 博士 (薬学)last update : 2018.04.02

English

プロフィール

研究者名
伊藤 愛(イトウ アイ)
所属
薬品化学研究室
担当科目
基礎有機化学Ⅰ(1年後期)
有機化学実習Ⅱ(2年後期)
基礎有機化学Ⅱ(演習)(2年前期)
有機化学Ⅰ(演習)(2年後期)
職位
講師
学位
博士 (薬学)

学歴

2000年 3月 昭和薬科大学薬学部生物薬学科卒業
2002年 3月 昭和薬科大学大学院薬学研究科修士課程修了
2011年 7月 東京大学大学院薬学研究科 博士(薬学) 学位取得

 

経歴

2002年 4月 財団法人 乙卯研究所研究員
   (平成 24年4月より公益財団法人 乙卯研究所に改組)
2013年 5月 昭和薬科大学助教 現在に至る

 

免許・資格

  • 薬剤師
  • 危険物取扱者(甲種)
  • 原著論文 Acid-induced molecular-structural transformation of -methyl aromatic oligoamides bearing pyridine-2-carboxamide Ryu Yamasaki, Saori Fujikake, Ai Ito, Kentaro Migita, Nobuyoshi Morita, Osamu Tamura, and Iwao Okamoto Tetrahedron Lett. 57(1) 56-59 2016 
  • 原著論文 Acid- and base-induced conformational alternations of -aryl--troponyl amides Ai Ito, Masanori Sato, Ryu Yamasaki, and Iwao Okamoto  Tetrahedron Lett. 57(3) 438-441 2016 
  • 原著論文 Silicon-Containing GABA Derivatives, Silagaba Compounds, as Orally Effective Agents for Treating Neuropathic Pain without Central-Nervous-System-Related Side Effects Hiroshi Fukasawa, Hideaki Muratake, Ai Ito, Hideyuki Suzuki, Yohei Amano, Marina Nagae, Kiyoshi Sugiyama and Koichi Shudo ACS Chem Neurosci. 5(7) 525-532 2014 
  • 原著論文 Deprotonation Equilibrium of 5-Tropolonediazonium Salt Strongly Favors 1,2,5-Tropoquinone-5-diazide Structure in Certain Solvents. Ai Ito, Hideaki Muratake, and Koichi Shudo J. Org. Chem. 78(11) 5470-5475 2013 
  • 原著論文 A Novel Aromatic Carboxylic Acid Inactivates Luciferase by Acylation of an Enzymatically Active Regulatory Lysine Residue. Madoka Nakagomi, Nobuko Fujimaki, Ai Ito, Takahiro Toda, Hiroshi Fukasawa, Koichi Shudo, Ryoichi Tomita  PLoS ONE 8(9) e75445 2013 
  • 原著論文 (R)- and (S)-4-Amino-3-(trimethylsilyl)methylbutanoic Acids Ameliorate Neuropathic Pain without Central Nervous System-related Side Effects. Hideaki Muratake, Ai Ito, Takahiro Toda, Hideyuki Suzuki,Hiroshi Fukasawa, Makoto Tsuda, Kazuhide Inoue, Koichi Shudo Bioorg. Med. Chem. Lett.  22(24) 7602-7604 2012 

研究業績(学会発表等)

タブ区切りテキスト形式でダウンロード

  • ポスター発表 フェニル-パーフルオロフェニル相互作用を利用したウレア、アミド化合物の構造解析 飯田 愛菜, 永田 理乃, 山﨑 龍, 伊藤 愛, 枡 飛雄真, 棚谷 綾, 影近 弘之, 岡本 巌 日本薬学会第136年会 横浜 2016/03/26〜2016/03/29
  • ポスター発表 ピリミジンを有するN-アルキルピリジン-2,6-ジカルボン酸アミドの不斉結晶化 濱松 朱音, 伊藤 愛, 佐久間 優子, 廣瀬 良嗣, 山﨑 龍, 桝 飛雄真, 東屋 功, 岡本 巌 日本薬学会第136年会 横浜 2016/03/26〜2016/03/29
  • ポスター発表 Control of molecular arrangement mediated by the interaction between benzene-perflfluorobenzene Yamasaki R, Iida M, Nagata R, Ito A, Tanatani A, Kagechika, H, Okamoto I. 2015 環太平洋国際化学会議 ホノルル 2015/12/15〜2015/12/20
  • ポスター発表 水素結合とフェニルーパーフルオロフェニル相互作用を利用した分子配列ー配向制御 山﨑 龍, 飯田 愛菜, 永田 理乃, 伊藤 愛, 桝 飛雄真, 棚谷 綾, 影近 弘之, 岡本 巌 第41回反応と合成の進歩シンポ 吹田 2015/10/26〜2015/10/27
  • ポスター発表 大環状N-アルキルピリジルアミド三量体をホスト分子とした共結晶化 伊藤 愛, 児玉 大樹, 張谷 香奈恵, 小島 絵美, 山﨑 龍, 桝 飛雄真, 東屋 功, 岡本 巌 第26回基礎有機化学討論会 松山 2015/09/24〜2015/09/26
  • ポスター発表 −アルキルニコチン酸アミドとm−ハロピリジンとのカップリング反応による3,5−置換型ピリジン含有アミドの合成と構造解析 志村 佳恵, 張谷 香奈恵, 伊藤 愛, 山﨑 龍, 岡本 巌 日本薬学会関東支部 船橋 2015/09/12
  • ポスター発表 Acid- and base induced conformational alternation of N,N-diarylamides bearing tropolone Ito A, Sato M, Yamasaki R, Okamoto I. 250th ACS National Meeting & Exposition ボストン 2015/08/16〜2015/08/20
  • ポスター発表 pH Dependent molecular folding and unfolding of macrocyclic N-alkyl pyridinecarboxamides Hariya K, Kojima E, Yoshioka R, Ito A, Yamasaki R, Okamoto I. 10th ISMSC 2015 ストラスブルグ 2015/06/28〜2015/07/2
  • 口頭発表 5-トロポロンジアソニウム塩の脱プロトン化平衡を利用した新規カルベン前駆体の合成と特性 伊藤 愛, 山﨑 龍, 岡本 巌 日本薬学会第135年会 神戸 2015/03/25〜2015/03/27
  • 口頭発表 N-アリール-N-トロポニル型芳香族アミドの立体構造特性と酸塩基応答型の構造変換 佐藤 正規, 伊藤 愛, 山﨑 龍, 岡本 巌 日本薬学会第135年会 神戸 2015/03/25〜2015/03/27
  • ポスター発表 酸化還元応答型N-メチル芳香族アミドの立体構造特性と配座変換 伊藤 愛, 渋谷 恵祐, 山﨑 龍, 岡本 巌 第58回日本薬学会関東支部会 町田 2014/10/04
  • ポスター発表 N-ピリジル型および N-トロポニル型芳香族アミドの立体構造特性と構造変換 佐藤 正規, 伊藤 愛, 藤野 大人, 山﨑 龍, 岡本 巌  第44回複素環化学討論会 札幌 2014/09/10〜2014/09/12
  • ポスター発表 Conformational preferences and alteration of N,N-diaryl amides bearing tropolone and pyridine. Ai Ito, Masanori Sato, Hiroto Fujino, Iwao Okamoto 248th ACS National Meeting & Exposition サンフランシスコ 2014/08/09〜2014/08/14
  • ポスター発表 Acid-induced folding of aromatic N-methyl amides bearing pyridine-2-carboxylic amides. Saori Fujikake, Ai Ito, Masayuki Terashima, Iwao Okamoto 248th ACS National Meeting & Exposition サンフランシスコ 2014/08/09〜2014/08/14

ページトップへ

ページトップへ