教員

小林 茂樹准教授 / 薬学博士last update : 2017.04.01

English

プロフィール

研究者名
小林 茂樹(コバヤシ シゲキ)
所属
薬品分析化学研究室
担当科目
機器分析学(分担)、分析化学、無機化学(分担)、分析化学実習(分担)
職位
准教授
学位
薬学博士
  • 無機化合物・錯体 生物無機化学の基礎3版 編集 梶 英輔 第12章 211-229 廣川書店 2015 
  • 分析化学II(機器分析の医療薬学への応用) 監修 柴崎正勝、赤池昭紀、佐治英郎. 編集 岡 尚男、栄田敏之、安井裕之 第3章 51-102 廣川書店 2012 
  • 原著論文 Proposed formation mechanism and active species of hydrogen molecules generated from a novel magnesium–citric acid–hydroxypropyl cellulose coating (MgCC) material Shigeki Kobayashi, Toshiyuki Chikuma, Kazuyoshi Chiba, Daisuke Tsuchiya, Tomomitsu Hirai J. Mol. Struct. 1106 468-478 2016 
  • 原著論文 Dependence pH and proposed mechanism for aggregation of Alzheimer's disease-related amyloid-β(1–42) protein  Shigeki Kobayashi, Yhuki Tanaka, Mituhiro Kiyono, Masahiro Chino, Toshiyuki Chikuma, Keiko Hoshi, Hideaki Ikeshima J. Mol. Struct. 1094 109-117 2015 
  • 原著論文 Role of Cathepsin G in the Degradation of Glyceraldehyde-3-Phosphate Dehydrogenase Triggered by 4-hydroxy-2-nonenal in U937 Cells Satoshi Ohta, Noriko Suzuki, Shigeki Kobayashi, Toshiyuki Chikuma CellBio 3 35-42 2014 
  • 原著論文 Axonal transport of neprilysin in rat sciatic nerves Genki Ohkushi, Noriko Suzuki, Shigeki Kobayashi, Toshiyuki Chikuma J. Mol. Neurosci. 53 (1) 96–102 2014 
  • 原著論文 Effects of ionic radius of redox-inactive bio-related metal ions on the radical-scavenging activity of flavonoids evaluated using photometric titration Tsukasa Waki, Shigeki Kobayashi, Ken-ichiro Matsumoto, Toshihiko Osawa, Tadashi Kamada, Ikuo Nakanishi Chem. Commun. 49 9842-9844 2013 
  • 原著論文 Superoxide Scavenging Effects of Some Novel Bis-Ligands and Their Solvated Metal Complexes Prepared by the Reaction of Ligands with Aluminum, Copper and Lanthanum Ions Shigeki Kobayashi and Sachi Kanai Molecules 18(6) 6128-6141 2013 
  • 原著論文 Monitoring of methylergometrine in human breast milk by solid-phase extraction and high-performance liquid chromatography with fluorimetric detection,Pharmazie Takako Nakamichi, Ayako Yawata, Hiroshi Hojo, Hajime Kagaya, ShigekiKobayashi, Toshiyuki Chikuma Pharmazie 67 482-484 2012 
  • 原著論文 Monitoring of fluconazole in serum of patients undergoing hemodiafiltration by solid-phase extraction and high-performance liquid chromatography with ultraviolet detection Tomoko Mizoguchi, Kiyotaka Hirata, Shigeki Kobayashi, Toshiyuki Chikuma Pharmazie 67 765-767 2012 
  • 原著論文 Key Role of Chemical Hardness to Compare 2,2-Diphenyl-1-picrylhydrazyl Radical Scavenging Power of Flavone and Flavonol O-Glycoside and C-Glycoside Derivatives Tsukasa Waki, Ikuo Nakanishi, Ken-ichiro Matsumoto, Junichi Kitajima, Toshiyuki Chikuma, and Shigeki Kobayashi Chem. Pharm. Bull. 60(1) 37-44 2012 
  • 原著論文 Potent 2,2-Diphenyl-1-picrylhydrazyl Radical-Scavenging Activity of Novel Antioxidants, Double-Stranded Tyrosine Residues Conjugating Pyrocatechol Shigeki Kobayashi, Tsukasa Waki, Ikuo Nakanishi, Ken-ichiro Matsumoto, and Kazunori Anzai Chem. Pharm. Bull. 58(11) 1442-1446 2010 
  • 原著論文 Development of New Double-Stranded Phenylalanyl Chelators Using η–χ Diagrams and Binding Constants for Chelators and Lanthanide Ions Shigeki Kobayashi, Makoto Watanabe and Toshiyuki Chikuma Chem. Pharm. Bull. 58(5) 620-627 2010 
  • 原著論文 Products of Thymine Oxygenation by a Non-heme Oxygenation Model, FeII(MeCN)62+–Ac2O–H2O2, and the Transition State Model between Oxoiron and Thymine Shigeki Kobayashi, Akihiko Takagi, Toshiyuki Chikuma, Osamu Tamura, Eiichi Kotani and Takao Katase Chem. Pharm. Bull., 58(6) 775-781 2010 
  • 原著論文 Diastereomer-specific effects of double-stranded peptides conjugated with -L-Tyr-L-Phe- or -L-Tyr-D-Phe- residues on tyrosine phosphorylation and inhibition of src[ts]NRK, A431, MCF-7, and DU145 cell growth  Shigeki Kobayashi,Nahomi Atuchi,Hidetaka Wakamatsu  Chem. Pharm. Bull. 55(11) 1585-1592 2007 
  • 原著論文 Topological Differences in the Interaction of Human DNA Topoisomerase I with DNA-Histone Complexes Modified by cis- and trans-DDP Shigeki Kobayashi and Yuhki Koyama Chem. Pharm. Bull. 55(4) 526-531 2007 
  • 原著論文 Toxicity of dioxins: role of an absolute hardness-absolute electronegativity diagram (eta-chi diagram) as a new measure in risk assessment. Shigeki Kobayashi, Keiichiro Sameshima, Akira Tanaka Chem. Pharm. Bull. 43(10) 1780-90 1995 

研究業績(学会発表等)

タブ区切りテキスト形式でダウンロード

  •      
  • 口頭発表 水素分子貯蔵化合物から生成する H2、D2 および HD の同定とその抗酸化活性 ○ 小林 茂樹, 小澤 俊彦, 知久馬 敏幸, 千葉 一良, 土屋 大佑, 平井 重光 日本分子状水素医学生物学会 横浜 2016/05/28
  • ポスター発表 水素分子貯蔵化合物による光励起で生成させたヒドロキシラジカルの消去活性 ○山之内 花奈, 安形 大樹, 小澤 敏彦, 知久馬 敏幸, 小林 茂樹, 平井 重光 日本薬学会136年会 横浜 2016/03/26~2016/03/29
  • ポスター発表 水素貯蔵化合物から生成するH2、D2およびHDの同定とスーパーオキシド消去活性 小林茂樹 日本薬学会136年会 横浜 2016/03/26~2016/03/29
  • ポスター発表 Alzheimer病関連アミロイドβ(Aβ1-42)線維凝集体形成の経時的変化について 関根稜弥 第59回日本薬学会関東支部大会 船橋 2015/09/12
  • ポスター発表 アルツハイマー病関連βアミロイド線維の凝集にみられる異方性と等方性 小林茂樹 日本薬学会135年会 神戸 2015/03/25~2015/03/28
  • 口頭発表 活性酸素種のスカベンジングに対する新規 Mg マテリアルの水素分子生成機構 小林茂樹 第5回分子状水素医学シンポジウム 名古屋 2015/03/21~2015/03/22
  • ポスター発表 シトシンC-5メチル化DNAに対する制がん剤シスプラチンの作用 立石香織 第58回日本薬学会関東支部大会 町田 2014/10/04
  • ポスター発表 Alzheimer病関連βアミロイドタンパク線維の凝集体の電子顕微鏡による画像化 茅野雅広 第58回日本薬学会関東支部大会 町田 2014/10/04
  • ポスター発表 Antioxidant Effects of Hydrogen and Deuterium Produced from Metal Systems 小林茂樹 第24回金属の関与する生体関連反応シンポジウム(SRM2014) 京都 2014/06/15~2014/06/15
  • ポスター発表 活性酸素種のスカベンジングに対する新規 Mg マテリアルの水素分子生成機構 小林茂樹 日本コンピューター化学会 2014春季年会 大岡山 2014/05/29~2014/05/30
  • ポスター発表 細胞増殖阻害活性の絶対配座依存と細胞膜電位変化との関係 前田祐志 第57回日本薬学会関東支部大会 板橋 2013/10/26
  • ポスター発表 抗がん剤シスプラチンのメチル化DNAに対する作用と構造 小林茂樹 日本薬学会 第133年会 横浜 2013/03/27~2013/03/30
  • ポスター発表 抗がん剤シスプラチンのメチル化直鎖DNAに対する作用とそのDNAトポイソメラーゼIとの反応 福島由美子 第56回日本薬学会関東支部大会 旗の台 2012/10/13
  • ポスター発表 T24やHuH-7細胞を用いた細胞増殖阻害活性にみられる絶対配座依存効果について 前田祐志 第56回日本薬学会関東支部大会 旗の台 2012/10/13
  • 口頭発表 ランタノイドイオンおよびpHによるアルツハイマー病関連-アミロイドタンパクの凝 集阻害効果について 小林茂樹 日本薬学会第 132 年会 札幌 2012/03/28~2012/03/31
  • ポスター発表 Reaction of Anti-cancer Drug cis-Diamminedichloroplatinum(II) with Methyl CpG Islands DNA Model and Its Optimized Structure Model 谷合広江 第21回金属の関与する生体関連反応シンポジウム 千葉 2011/05/30~2011/05/31

ページトップへ

ページトップへ