教員

唐澤 悟教授 / 博士(薬学)last update : 2017.10.03

English

プロフィール

研究者名
唐澤 悟(カラサワ サトル)
所属
薬品分析化学研究室
担当科目
分析化学
機器分析
臨床分析
分析化学実習
職位
教授
学位
博士(薬学)
  • 雑誌 化学 「がん組織にナノ微粒子を集積させる」 唐澤 悟 解説 39-43 化学同人 2017 

研究業績(学会発表等)

タブ区切りテキスト形式でダウンロード

  • 口頭発表 高い水プロトン緩和能を有する超分子ガドリニウム錯体から成る MRI 造影剤の構築 〇荒木健・村山周平・臼井一晃・青木伊知男・唐澤 悟 日本化学会第97春季年会 横浜市 2017/03/16〜2017/03/19 
  • 口頭発表 極性基を導入した水溶性 NO ラジカルの水プロトン緩和能評価 〇白石諒馬・森下晃佑・荒木健・村山周平・青木伊知男・唐澤 悟 日本化学会第97春季年会 横浜市 2017/03/16〜2017/03/19 
  • 口頭発表 有機ラジカルを有する超分子化合物の合成と MRI 造影剤への応用 〇森下晃佑・村山周平・植木正二・青木伊知男・唐澤 悟 日本化学会第97春季年会 横浜市 2017/03/16〜2017/03/19 
  • 口頭発表 発光性 1,5-ナフチリジン誘導体によるアミン応答性の検討 〇廣田淳子・萩原隆介・臼井一晃・平井 剛・唐澤 悟 日本化学会第97春季年会 横浜市 2017/03/16〜2017/03/19 
  • 口頭発表 ヘテロスピンゲル磁性体の構造と物性 〇森 昂也・唐澤 悟 日本化学会第97春季年会 横浜市 2017/03/16〜2017/03/19 
  • 口頭発表 ドナー・アクセプター型アザナフタレニルアミン誘導体における蛍光変化を伴った新規光反応 〇萩原隆介・唐澤 悟 日本化学会第97春季年会 横浜市 2017/03/16〜2017/03/19 
  • 招待 Development of a tumor-accumulation system using temperature-responsive supramolecule  Satoru Karasawa , Takeru Araki, Kazuteru Usui, Shuhei Murayama, Ichio Aoki, 生物物理学会 シンポジウム「Intersection between Temperature and Life」  熊本市 2017 09 20
  • ポスター発表 Structures and Magnetic Properties of Carbene-Fe(II) Complexes Having the Intra-Molecular Ferromagnetic Interaction 〇 Koya Mori, Kazuteru Usui, Noboru Koga, Satoru Karasawa ICMM 2016 Sendai 2016/09/04〜2016/09/08 
  • ポスター発表 Development of MRI Contrast Agents Having Thermal Responsive Functions forAccumulation to the Tumor Tissues 〇Takeru Araki, Shuhei Murayama, Noboru Koga, Ichi Aoki, Satoru Karasawa ICMM 2016 Sendai 2016/09/04〜2016/09/08 
  • 口頭発表 Water Proton Relaxivities and Structures in Water Solution of Self-Assemble OrganicRadicals Aiming Metal Free MRI Contrast Agents 〇Satoru Karasawa, Noboru Koga ICMM 2016 Sendai 2016/09/04〜2016/09/08 
  • 口頭発表 Photoreaction of Push-Pull Type Quinoline Derivatives Accompanied with Emission Change 〇Satoru Karasawa, Kazuteru Usui, Noboru Koga The 70th Fujihara Seminar Fukuoka 2016/04/17〜2016/04/21 

ページトップへ

ページトップへ