教員

宿里 充穗助教 / 博士(保健学)last update : 2017.04.01

English

プロフィール

研究者名
宿里 充穗(シュクリ ミホ)
所属
薬品物理化学研究室
担当科目
物理化学実習
職位
助教
学位
博士(保健学)
  • 原著論文 Detection of Cyclooxygenase-1 in Activated Microglia During Amyloid Plaque Progression: PET Studies in Alzheimer's Disease Model Mice. Shukuri M, Mawatari A, Ohno M, Suzuki M, Doi H, Watanabe Y, Onoe H. J Nucl Med. 57 291-296 2016 
  • 原著論文 Exploratory human PET study of the effectiveness of 11C-ketoprofen methyl ester, a potential biomarker of neuroinflammatory processes in Alzheimer's disease. Ohnishi A, Senda M, Yamane T, Mikami T, Nishida H, Nishio T, Akamatsu G, Ikari Y, Kimoto S, Aita K, Sasaki M, Shinkawa H, Yamamoto Y, Shukuri M, Mawatari A, Doi H, Watanabe Y, Onoe H. Nucl Med Biol.  43 438-444 2016 
  • 総説 神経炎症におけるシクロオキシゲナーゼのPET分子イメージング (AYUMI 炎症と神経変性) 宿里充穂, 尾上浩隆 医学のあゆみ 248 907-911 2014 
  • 総説 主要PET施設紹介 国立精神・神経医療研究センター脳病態統合イメ一ジンクセンターにおけるPETイメージング研究の取り組み 加藤孝一, 宿里充穂, 太田深秀, 今林悦子, 森下信一, 横山淳, 花川隆, 本田学, 松田博史 PET journal   25 4-6 2014 
  • 原著論文 Human whole-body biodistribution and dosimetry of a new PET tracer, [11C]ketoprofen methyl ester, for imagings of neuroinflammation. Ohnishi A, Senda M, Yamane T, Sasaki M, Mikami T, Nishio T, Ikari Y, Nishida H, Shukuri M, Takashima T, Mawatari A, Doi H, Watanabe Y, Onoe H. Nucl Med Biol. 41 594-599 2014 
  • 総説 アルツハイマー病の診断と治療の最先端: アルツハイマー病の治療薬、イメージング剤としてのNSAIDsの可能性 宿里充穂, 尾上浩隆 PET journal  21 10-12 2013 
  • 総説 遺伝子改変マウスの脳機能分子イメージング (特集 分子イメージング科学の最先端) 水間広, 宿里充穂, 尾上浩隆 細胞  45 59-62 2013 
  • 原著論文 Assessment of radioligands for PET imaging of cyclooxygenase-2 in an ischemic neuronal injury model. Ji B, Kumata K, Onoe H, Kaneko H, Zhang MR, Seki C, Ono M, Shukuri M, Tokunaga M, Minamihisamatsu T, Suhara T, Higuchi M. Brain Res.  1533 152-162 2013 
  • 原著論文 The food reaching test: a sensitive test of behavioral improvements by deep brain stimulation in MPTP-treated monkey. Asakawa T, Sugiyama K, Akamine S, Yokoyama C, Shukuri M, Mizuma H, Tsukada H, Onoe H, Namba H. Neurosci Res. 74 122-128 2012 
  • 総説 病態科学のためのPETプローブの開発と遺伝子改変モデルマウスを用いた生体分子イメージング (特集 分子イメージングの最先端)  宿里充穂, 水間広, 尾上浩隆 最新医学 66 2354-2360 2011 
  • 総説 11C標識非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)による脳炎症のイメージング (特集 分子イメージングの最先端) 宿里充穂, 高島好聖, 尾上浩隆 PET journal  15 28-30 2011 
  • 原著論文 In vivo expression of cyclooxygenase-1 in activated microglia and macrophages during neuroinflammation visualized by PET with 11C-ketoprofen methyl ester. Shukuri M, Takashima-Hirano M, Tokuda K, Takashima T, Matsumura K, Inoue O, Doi H, Suzuki M, Watanabe Y, Onoe H. J Nucl Med. 52 1094-1101 2011 

研究業績(学会発表等)

タブ区切りテキスト形式でダウンロード

  • ポスター発表 多発性硬化症モデルラットにおける酢酸トレーサーの脳内集積に関する検討 宿里充穂, 金田紀彦, 鈴木岳瑠, 花川隆, 秋澤宏行 第11回日本分子イメージング学会学術集会 神戸 2016/05/28~2016/05/29
  • 特別講演・シンポジウム PET imaging of glial activation in neurological diseases using animal models. Shukuri M Asian Regional Cooperative Council for Nuclear Medicine 2014 Osaka 2014/11/04~2014/11/06
  • 特別講演・シンポジウム これからの臨床PET薬剤:多発性硬化症のPET診断 宿里充穂 PETサマーセミナー2014 小樽 2014/08/29~2014/08/31
  • ポスター発表 11C-DAC PETによる多発性硬化症モデルラットの脳内炎症イメージング 宿里充穗, 加藤 孝一, 山村 隆, 張 明栄, 花川 隆 第9回日本分子イメージング学会学術集会 大阪 2014/05/22~2014/05/23
  • 口頭発表 Novel PET probe targeting cyclooxygenase for imaging of microglial activation Shukuri M The 6th CJK Conference on Nuclear Medicine Jeju, Korea 2013/11/15~2013/11/17
  • 口頭発表 COXイメージング剤としての11C標識ケトプロフェンメチルエステルの光学異性体についての検討 宿里充穂, 馬渡彩, 大野正裕, 土居久志, 鈴木正昭, 渡辺恭良, 尾上浩隆 第53回 日本核医学会学術総会 福岡 2013/11/08~2013/11/10
  • 特別講演・シンポジウム 神経炎症の分子イメージング研究 宿里充穂 PETサマーセミナー2013 金沢 2013/08/23~2013/08/25
  • 口頭発表 S-enantiomer of 11C-ketoprofen-methyl ester, a potent imaging probe for COX-1 in microglial activation Shukuri M, Mawatari A, Ohno M, Takashima-Hirano M, Doi H, Suzuki M, Watanabe Y, Onoe H 2013 SNMMI Annual Meeting  Vancouver, BC, Canada 2013/06/08~2013/06/12
  • 特別講演・シンポジウム 脳炎症過程におけるCyclooxygenaseの役割 宿里充穂 第1回臨床免疫核医学研究会 大阪 2012/11/22
  • ポスター発表 Evaluation of 11C-ketoprofen-methyl ester as a potent PET probe for cyclooxygenase imaging Shukuri Miho, Takashima T, Takashima-Hirano M, Mawatari A, Yamanaka H, Katayama Y, Ohno M, Kawasaki A, Doi H, Suzuki M, Watanabe Y, Sasaki M, Senda M, Onoe H  EANM'12 Milan, Italy 2012/10/27~2012/10/31
  • 口頭発表 脳虚血再灌流モデルにおける[11C]Ketoprofen-methyl esterによるCOXイメージング 宿里充穂, 馬渡彩, 大野正裕, 高島好聖, 土居久志, 鈴木正昭, 渡辺恭良, 尾上浩隆 第52回 日本核医学会学術総会 札幌 2012/10/11~2012/10/13
  • 口頭発表 げっ歯類および霊長類サルを用いた[11C]Ketoprofen-methyl esterの特性評価 宿里充穂, 高島忠之, 馬渡彩, 山中創, 片山由美子, 千田道雄, 佐々木將博, 土居久志, 鈴木正昭, 渡辺恭良, 尾上浩隆    第52回 日本核医学会学術総会 札幌 2012/10/11~2012/10/13
  • 特別講演・シンポジウム Cyclooxygenase imaging in neuroinflammation and neurodegenerative diseases Shukuri M, Takashima-Hirano M, Tokuda K, Matsumura K, Doi H, Suzuki M, Watanabe Y, Onoe H. The 14th Conference of Peace through Mind Brain Science Hamamatsu 2012/02/14~2012/02/16
  • 口頭発表 A novel PET probe, 11C-ketoprofen-methyl ester, targeting cyclooxygenase-1 in the brain Shukuri M, Takashima-Hirano M, Tokuda K, Matsumura K, Goto M, Doi H, Suzuki M, Watanabe Y, Onoe H. 2011 SNM Annual Meeting San Antonio, Texas, USA 2011/06/04~2011/06/08
  • ポスター発表 LPS誘発脳内炎症における活性化マイクログリアのイメージング 宿里充穗, 高島好聖, 徳田景子, 松村潔, 土居久志, 鈴木正昭, 渡辺恭良, 尾上浩隆 第6回日本分子イメージング学会学術集会 神戸 2011/05/26~2011/05/27

ページトップへ

ページトップへ