教員

秋澤 宏行教授 / 博士(薬学)last update : 2017.04.01

English

プロフィール

研究者名
秋澤 宏行(アキザワ ヒロミチ)
所属
薬品物理化学研究室
担当科目
薬学リテラシー (1年後期)
放射化学 (2年前期)
物理化学Ⅰ (2年前期)
物理化学Ⅱ (2年後期)
物理化学Ⅲ (2年後期)
物理化学実習 (2年前期)
化学系特論(6年前期)
最終総合演習 (6年後期)
医薬品・生体分子分析学特論及び演習 (博士)
先端薬学(生命科学と疾患)特論 (博士)
職位
教授
学位
博士(薬学)
  • マクマリー 生物有機化学 基礎化学編 第4版(原書第7版) 秋澤宏行(訳) 第11章 核化学 352-382 丸善出版 2015 978-4-621-08895-1
  • コンパス 物理化学 改訂第2版 秋澤宏行 13章 放射線と放射能 223-238 南江堂 2014 978-4-524-40315-8
  • NEW 放射化学・放射薬品学 (第2版) 秋澤宏行、村上美穂 第4章 放射線測定法(第5-8節) 66-76 廣川書店 2011 978-4-567-26151-7
  • 無機化合物・錯体 -生物無機化学の基礎- (第2版) 秋澤宏行 第2章 放射性同位体 (放射性核種) 25-35 廣川書店 2010 978-4-567-21151-2
  • Technetium-99m Radiopharmaceuticals: Status and Trends. H. Akizawa, T. Uehara, Y. Arano. Chapter 12. Technetium-99m radiopharmaceuticals for monitoring drug resistance 255-267 Publishing Section, International Atomic Energy Agency 2009 978-92-0-103509-7
  • Technetium-99m Radiopharmaceuticals: Status and Trends. T. Uehara, H. Akizawa, Y. Arano. Chapter 13. Technetium-99m radiopharmaceuticals for lymphoscintigraphy 269-280 Publishing Section, International Atomic Energy Agency 2009 978-92-0-103509-7
  • 原著論文 Relationship between biodistribution of a novel thymidine phosphorylase (TP) imaging probe and TP expression levels in normal mice. Zhao S, Li H, Nishijima K, Zhao Y, Akizawa H, Shimizu Y, Ohkura K, Tamaki N, Kuge Y. Ann. Nucl. Med. 29(7) 582-587 2015 
  • 原著論文 Design, synthesis and biological evaluation of negatively charged 111In-DTPA-octreotide derivatives. N. Oshima, H. Akizawa, S. Zhao, Y. Zhao, K. Nishijima, Y. Kitamura, Y. Arano, Y. Kuge, K. Ohkura Bioorg. Med. Chem. 22(4) 1377-1382 2014 
  • 原著論文 Renal brush border enzyme-cleavable linkages for low renal radioactivity levels of radiolabeled antibody fragments. H. Akizawa, M. Imajima, H. Hanaoka, T. Uehara, S. Satake, Y. Arano. Bioconjugate Chem. 24(2) 291-299 2013 
  • 原著論文 Chemical Design of 99mTc-Labeled Probes for Targeting Osteogenic Bone Region. M. Yanagi, T. Uehara, Y. Uchida, S. Kiyota, M. Kinoshita, Y. Higaki, H. Akizawa, H. Hanaoka, Y. Arano. Bioconjugate Chem. 24(7) 1248-1255 2013 
  • 原著論文 Versatile photorearrangement of photocycloadducts from 5-fluoro-1,3-dimethyluracil and naphthalene. K. Ohkura, H. Akizawa, M. Kudo, T. Ishihara, N. Oshima, K. Seki. Heterocycles 84(2) 1057-1065 2012 
  • 原著論文 Synthesis and evaluation of diastereoisomers of 1,4,7-triazacyclononane-1,4,7-tris-(glutaric acid) (NOTGA) for multimeric radiopharmaceuticals of gallium. F. L. Guerra Gomez, T. Uehara, T. Rokugawa, Y. Higaki, H. Suzuki, H. Hanaoka, H. Akizawa, Y. Arano. Bioconjugate Chem. 23(11) 2229-2238 2012 
  • 原著論文 Radiolabeled uracil derivative as a novel SPECT probe for thymidine phosphorylase: Suppressed accumulation into tumor cells by target gene knockdown. H. Li, S. Zhao, Y. Jin, K. Nishijima, H. Akizawa, K. Ohkura, N. Tamaki, Y. Kuge. Nucl. Med. Commun. 32(12) 1211-1215 2011 
  • 原著論文 Toward in vivo imaging of heart disease using a radiolabeled single-chain Fv fragment targeting tenascin-C. N. Kobayashi, K. Odaka, T. Uehara, K. Imanaka-Yoshida, Y. Kato, H. Oyama, H. Tadokoro, H. Akizawa, S. Tanada, M. Hiroe, T. Fukumura, I. Komuro, Y. Arano, T. Yoshida, T. Irie. Anal. Chem. 83(23) 9123-9130 2011 

研究業績(学会発表等)

タブ区切りテキスト形式でダウンロード

  • ポスター発表 111In-DTPA-オクトレオチドの錯構造に基づく幾何異性体の相互変換と受容体親和性に関する検討 大島伸宏、河嶋秀和、秋澤宏行、久下裕司、大倉一枝 第55回日本核医学会学術総会 東京 2015/11/05~2015/11/07
  • 特別講演・シンポジウム Preclinical and Translational Researches of Novel PET and SPECT Tracers: 18F-FDiFA and 123I-IIMU for Hypoxia and Thymidine Phosphorylase Imaging. Songji Zhao, Ken-ichi Nishijima, Hiroki Matsumoto, Hiromichi Akizawa, Kazue Ohkura, Nagara Tamaki, Yuji Kuge 11th Asia Oceania Congress of Nuclear Medicine and Biology Jeju, Korea 2015/10/31~2015/11/04
  • 口頭発表 [111In-DTPA-D-Phe1-Asp0-D-Phe1]-オクトレオチドの体内動態評価:放射能の腎集積性低減と腫瘍集積性の向上 大島伸宏、秋澤宏行、河嶋秀和、趙松吉、趙、西嶋剣一、北村陽二、荒野泰、久下裕司、大倉一枝 日本薬学会第135年会 神戸 2015/03/25~2015/03/28
  • ポスター発表 Preclinical Evaluation of a Thymidine Phosphorylase Imaging Probe, [123I]IIMU, for the First-in-Human clinical trials. K. Nishijima, S. Zhao, F. Feng, Y. Shimizu, H. Akizawa, K. Ohkura, N. Kobashi, T. Abe, H. Matsumoto, N. Tamaki, Y. Kuge The 12th International Symposium for Future Drug Discovery and Medical Care 札幌 2014/09/04~2014/09/05
  • 特別講演・シンポジウム 生理活性放射性金属キレート化合物 北村陽二、秋澤宏行、竹中文章、榎本秀一 日本薬学会第134年会 熊本 2014/03/27~2014/03/30
  • ポスター発表 テガフールとメトキシナフタレンとの光反応による新規付加体の生成 大倉一枝、秋澤宏行、菅生辰之、大島伸宏、関 興一 日本薬学会第134年会 熊本 2014/03/27~2014/03/30
  • ポスター発表 Evaluation of a thymidine phosphorylase imaging agent, [123I]IIMU, as a predictive marker for therapeutic efficacy of capecitabine N. Kobashi, S. Meike, Y. Okumura, T. Abe, H. Akizawa, K. Ohkura, K. Nishijima, S. Zhao, Y. Kuge, H. Matsumoto The 11th International Symposium for Future Drug Discovery and Medical Care 札幌 2013/08/01~2013/08/02
  • ポスター発表 Preparation and evaluation of [123I]IIMU for SPECT imaging of thymidine phosphorylase expression in tumors. K. Nishijima, S. Zhao, Y. Zhao, F. Feng, Y. Shimizu, N. Abo, H. Akizawa, K. Ohkura, N. Tamaki, Y. Kuge 20th International Symposium on Radiopharmaceutical Sciences Jeju, Korea 2013/05/12~2013/05/17
  • ポスター発表 チミジンホスホリラーゼイメージング剤 [123I]IIMUによるCapecitabineの治療効果予測 小橋信弥、女池俊介、奥村侑紀、阿部 務、秋澤宏行、大倉一枝、西嶋剣一、趙 松吉、久下裕司、松本博樹 日本薬学会第132年会 横浜 2013/03/27~2013/03/30
  • ポスター発表 90Y標識のための2-(p-aminobenzyl)-6-methyl-DTPA結合オクトレオチド誘導体の合成 大島伸宏、秋澤宏行、大倉一枝 日本薬学会第132年会 横浜 2013/03/27~2013/03/30
  • ポスター発表 5-フルオロ-1,3-ジメチルウラシルとジメトキシナフタレンとの光反応における付加モード選択性 大倉一枝、相澤和也、秋澤宏行、関 興一 日本薬学会第132年会 横浜 2013/03/27~2013/03/30
  • ポスター発表 Paterno-Büchi reaction of 3-uncapped 5-fluorouracils with methoxy naphthalenes. K. Seki, T. Sugaoi, Y. Yoshida, H. Akizawa, K. Ohkura. XXIV IUPAC Symposium on Photochemistry Coimbra, Portugal 2012/07/15~2012/07/20
  • ポスター発表 チミジンホスホリラーゼを標的とする新規腫瘍イメージング剤 (123I-IIMU) の開発: マウス組織におけるチミジンホスホリラーゼ発現と123/125I-IIMU集積との関係. 趙 松吉, 李 花, 西嶋剣一, 秋澤宏行, 大倉一枝, 玉木長良, 久下裕司. 第7回分子イメージング学会学術集会 浜松 2012/05/24~2012/05/25
  • 特別講演・シンポジウム 放射性標識核酸誘導体による腫瘍の核医学診断と内用療法.(特別シンポジウム: 放射線を利用した画像診断・治療の最前線) 秋澤宏行, 趙 松吉, 高橋正幸, 西嶋剣一, 松本博樹, 関 興一, 玉木長良, 久下裕司, 大倉一枝. 日本薬学会第132年会 札幌 2012/03/28~2012/03/31
  • ポスター発表 アスパラギン酸で負電荷を付与した111In-DTPA-D-Phe1-オクトレオチド誘導体の受容体親和性および体内動態の評価. 大島伸宏, 秋澤宏行, 趙 松吉, 趙 芫, 西嶋剣一, 北村陽二, 荒野 泰, 久下裕司, 大倉一枝. 日本薬学会第132年会 札幌 2012/03/28~2012/03/31
  • ポスター発表 テガフールと1-メトキシナフタレンとの光反応によるナフチルピリミジンの生成. 大倉一枝, 藤岳夕歌, 大島伸宏, 秋澤宏行, 関 興一. 日本薬学会第132年会 札幌 2012/03/28~2012/03/31
  • 口頭発表 チミジンホスホリラーゼイメージング剤 [123I]5-iodo-6-[(2-iminoimidazolidinyl)methyl]uracilの開発: 血漿タンパク結合I-123標識合成検討. 西嶋剣一, 越田早織, 趙 松吉, 秋澤宏行, 大倉一枝, 松本博樹, 久下裕司. 第11回放射性医薬品・画像診断薬研究会 京都 2011/12/03
  • ポスター発表 アスパラギン酸で負電荷を付与した111In-DTPA-オクトレオチドの腎集積性およびin vitroにおける腫瘍集積性の評価. 大島伸宏, 秋澤宏行, 趙 松吉, 趙 芫, 藤岳夕歌, 西嶋剣一, 北村陽二, 荒野 泰, 久下裕司, 大倉一枝. 日本薬学会北海道支部第136回例会 札幌 2011/05/21
  • ポスター発表 放射標識DOTA結合octreotide誘導体の腎集積低減に関する検討. 竹中文章, 北村陽二, 神野伸一郎, 秋澤宏行, 荒野 泰, 榎本秀一. 日本薬学会第131年会 静岡 2011/03/28~2011/03/31
  • ポスター発表 1-メトキシナフタレンとウラシル類とのPaterno-Büchi型反応. 大倉一枝, 藤岳夕歌, 大島伸宏, 秋澤宏行, 関 興一. 日本化学会第91春季年会 横浜 2011/03/26~2011/03/29

ページトップへ

ページトップへ