12.04(MON)2017

入試

小田急線の新ダイヤによる運行について(予定)

小田急電鉄株式会社では、平成30年3月に新ダイヤによる運行を予定しています。

これは小田急線代々木上原駅~登戸駅間における複々線化の完成によるもので、次のような効果が見込まれているところです。

 

1.所要時間の短縮

2.快速急行,東京メトロ千代田線_直通列車の増発

3.混雑率の緩和など

 

上記1.の所要時間短縮について、同社ホームページではラッシュピーク時の町田→新宿間で最大12分程度短縮されるとの紹介があります。

 

本学は同線玉川学園前駅を最寄り駅としていることから、新ダイヤによる運行により通学時の所要時間短縮といった利便性向上が期待されます。

詳細については確認でき次第、改めてご案内をしていく予定です。

 

小田急電鉄によるご案内は、下記の同社ホームページをご覧ください。

一覧へ