坂井 優美

坂井 優美さん

Yumi Sakai

卒業論文を発表して国家試験へ
6年間の積み重ねが大切です

病院・薬局での実務実習に参加するにあたって関門となるのが共用試験。授業で知識を正確に理解し、薬剤師に求められる技能・態度は事前実習をとおして身につけられますから心配はありません。試験当日はこれまでにないくらい緊張しましたが、実際の実習では落ち着いて患者さんとコミュニケーションをとることができました。

薬局勤務を希望していますので、卒業実習教育では医療の場で活躍する薬剤師を目指す臨床薬学コースを選択しました。配属を受けた統合感染免疫学研究室はがんへの免疫力を高めるワクチンの開発・研究を行っていて「樹状細胞癌ワクチンのメカニズムと将来の展望」というテーマで卒業論文に取り組み、英語の文献に数多く目を通しながら調査,研究を重ねました。

無事に卒業論文を提出できましたので、いまは国家試験対策に力を注いでいます。ひたすら講義,問題集との格闘ですが、将来を見据え、楽しみながら勉強しているところです。