波田野 泰晴

波田野 泰晴さん

Yasuharu Hatano

― 内定者の声 ―

第一志望の企業から念願の内定通知
多くの患者さんの健康に貢献したい

情報収集は4年次の春ごろから本格的に始めました。周りの仲間より動き出しが少し早かったように記憶しています。

入学当初は薬剤師になるという漠然としたイメージしかもっていませんでしたが、予想以上に幅広い選択肢があり、病院,薬局薬剤師にとどまらず、将来の進路として医薬品の開発や治験、そしてMR(医薬情報担当者)という職種があることを授業や就職ガイダンスをとおして学ぶことができました。その後は、CSSでアドバイスをもらったり、合同企業説明会に参加していくなかで、仕事を通じて多くの患者さんの健康に貢献できるMRを目指すことにしました。

5年次に入ってから、業種を絞って企業研究をするため複数社のインターンシップに参加しましたが、内定をいただいた第一三共株式会社はインターンシップのなかで「ここ」と決めたところでしたので、連絡があったときはとてもうれしかったですね。

第一志望の企業に決まりましたので、卒業試験,国家試験にも万全の準備をして臨むつもりです(内定先_第一三共株式会社)。