HOME > 大学総合案内 > 附属高等学校・中学校概要
大学総合案内

附属高等学校・中学校概要

沖縄から全国のリーディングスクールへ

昭和薬科大学附属高等学校・中学校
昭和薬科大学附属高等学校・中学校

昭和薬科大学の唯一の附属校は沖縄県浦添市にあります。太平洋戦争で多大な戦禍を被った沖縄県の復興・発展のために、教育を通じて人材を育成するとの建学の精神により、昭和49年理系教育に主眼をおいた高等学校として設立されました。以来、教員と生徒が一体となった独自の教育により県内トップクラスの進学実績を積み重ねるとともに、昭和61年には附属中学校を併設しました。現在は1学年200名の完全中学高校一貫教育体制を敷き、県内はもとより全国レベルの進学校として地位を築き上げています。


このページの先頭へ
理事長ご挨拶 学長ご挨拶 沿革 建学の精神・本学の理念 来校案内 大学施設 学部概要 大学院概要 研究プロジェクト 付属高校・中学校 情報公開 自己点検・評価 学術交流 学術講演開催実績一覧